« バルサ×ベティス 12-13 Liga 第34節 | トップページ | チェルシー×トッテナム 12-13 プレミア 第33節(順延分) »

2013年5月 7日 (火)

ユナイテッド×チェルシー 12-13 プレミア 第36節

ユナイテッド 0-1 チェルシー

【得点】
マタ(87分)

【メンバー】
マンチェスター・U(4-3-3):リンデゴーア、ラファエウ(89分、退場)、J・エヴァンス、ヴィディッチ(C)、エヴラ、P・ジョーンズ、アンデルソン(69分、ルーニー)、クレヴァリー(69分、ビュットネル)、ファン・ペルシー、L・バレンシア(90分、J・エルナンデス)、ギグス
SUB:デヘア、ファーディナンド、スコールズ、香川

チェルシー(4-2-3-1):チェフ、アスピリクエタ、イヴァノヴィッチ、ダヴィジ・ルイス、A・コール、ラミレス、ランパード(C)、モーゼス(76分、フェルナンド・トーレス)、マタ(90+1分、アケ)、オスカル、D・バ
SUB:ターンブル、P.フェレイラ、ケーヒル、テリー、ベナユン

【コメント】
もう優勝を既に決めているユナイテッドにとっては消化試合。
しかしながら、チェルシーはそうも言ってられません。
現在は3位でCL圏内ですが、圏外の5位とは勝ち点3差。
つまり1試合で逆転されてしまう順位なのです。
なので全く油断が出来ないどころか切羽詰まった状況と言えます。
ここは優勝に浮かれるユナイテッドの隙を突いて勝ち点奪取したい所でしょう。

ってな訳でキックオフ。
スパーズサポ、そしてガナサポからすれば「ユナイテッド何やってんねん!!」という試合になりました。
何をオールドトラフォードで勝ち点3献上しとんねん!っと。
デヘアやリオ、そしてルーニーがベンチスタートだったのはコンディションの問題だったのか、それとも消化試合だったからなのか。
真相は不明ですが、ノースロンドン勢からすれば「ベストを尽くしていない」と思ってもおかしくない結果になりましたね。

これが例えば優勝が決まる前の試合だったとします。
そういう中でユナイテッドがオールドトラフォードで負ける確率ってのを考えると、まぁ常識的に考えて高くはないですよね。
だから「チェルシーのCL進出を後押しした」と思われても反論は出来ないでしょう。

でもねー、試合内容的には別に手を抜いてたとは思えないんですよね。
客観的に90分観ましたが、出ている選手達は全力でやってましたよ。
そうじゃないと終盤の乱闘騒ぎ寸前とか、ラファエウの退場とか、そんなんにはなってなかったでしょ?
「別にどうでも良い試合やー」って思ってるんなら熱くなる必要も無いわけでね。

全体的にどちらのペースだったか?と聞かれても「ユナイテッド」と答えます。
試合を支配していたのはユナイテッドだったでしょ。
チャンスの多さでいっても、ポゼッションでいっても。

ユナイテッドは中盤の構成が良かったですよね。
基本的にはPJが底でアンデルソンとクレバリーが前に並ぶ3センター。
だがしかし、これはあくまでも「基本形」でした。
PJが前線に駆け上がる事もあったし、PJとアンデルソンでダブルボランチっぽくなってる時間帯もあった。
クレバリーとPJが組んでる場合もあったしね。
つまりチェルシーDFからすれば、誰が飛び出してくるのか読めなかったと思うんですよ。
そういうギャップからチャンス作ってましたしね。
特にPJが飛び出した時は、ほぼフリーになれてたのでビッグチャンスに繋がってましたね。

バレンシアとギグスの両WGもピッチを広く使う意味で有効でした。
バレンシアのミスが多かったのは残念でしたが、ギグスは最後まで闘志溢れるプレーを披露してましたね。
ルーニーとビュットネルが入ってからはセンターハーフに異動しましたが、そこでも変わらず好プレーを披露。
終盤の右サイドをドリブルで突破したシーンなんて圧巻やったな。
スコールズは再び引退するようですけど、ギグスは来年もやりそうやね。
そしてやれそうやね。

チェルシーのMOMは相変わらずのラミレスかな。
最後まで尽きない運動量で、ボール狩りに奔走していたので。
決勝点も彼のボール奪取からやし。
ユナイテッドはファウルを主張してましたけど、あれは正当なプレーだったと思います。

っていうか、ラミレス以外は皆さん突出したものは無かったな。
マタは決勝点は挙げたけど終始消えてたし。
チャンスにも空振りしてたし。

モーゼスとオスカルの両SHはマタよりは目立ってたけど、それほど目を惹くようなプレーは出せず。
バもしかりやね。
バは序盤のチャンス逃してからは落ち込んでしまったのか、ドンドンドンドン悪くなっていった。
でもチェルシーのベンチ見ても交代カードあんま無いわな。
怪我人の状況とか良くわからんけど、苦しい状態みたいやね。
ELの決勝もあるし、CL権争いも続くし、楽じゃないわな。
ELなんてどうでも良い大会やとは思ってるやろうけど、ここまできたら優勝したいやろうし。

次はスパーズとの直接対決か。
これは楽しみやね。
絶対観ます!!!
そして頑張れスパーズ!!!!!!!


      

|

« バルサ×ベティス 12-13 Liga 第34節 | トップページ | チェルシー×トッテナム 12-13 プレミア 第33節(順延分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッド×チェルシー 12-13 プレミア 第36節:

« バルサ×ベティス 12-13 Liga 第34節 | トップページ | チェルシー×トッテナム 12-13 プレミア 第33節(順延分) »