« マリノス×アントラーズ 2013 J1 第9節 | トップページ | ユナイテッド×チェルシー 12-13 プレミア 第36節 »

2013年5月 7日 (火)

バルサ×ベティス 12-13 Liga 第34節

#34
バルサ 4-2 ベティス

【得点】
Ba:アレクシス(9分)ビジャ(56分)、メッシ2(60分直接FK、71分)
Be:パボン(2分)、ルベンペレス(43分)

【メンバー】
バルセロナ(4-3-3):ピント、ダニエウ・アウヴェス、ピケ、アドリアーノ、ジョルディ・アルバ、ソング(87分、ブスケッツ)、シャビ(C)、イニエスタ、ビジャ(57分、メッシ)、A・サンチェス(79分、ティアゴ・アルカンタラ)、テージョ
SUB:オイエル、バルトラ、モントーヤ、デウロフェウ
出場停止:セスク
怪我:バルデス、プジョル、マスチェラーノ、ペドロ

ベティス(4-1-4-1):アドリアン、チカ、マリオ、アマジャ、アレックス・マルティネス、ルベン・ペレス、パボン、サルバ・セビージャ(59分、バディージョ)、ノサ・イギエボル(69分、キャンベル)、ルベン・カストロ、ホルヘ・モリナ(C)(HT、ベニャ)
SUB:ファブリシオ、ファン・カルロス、ヴァレラ、カロ

【感想】
賛否両論あるとは思いますが、実にリーガらしい試合という事で良かったと思います。
ベティスとはね、こういう感じの大味な試合が多いですけど、個人的には満足です。
ベティスが守ってきたりしてもなー、ちょっとそういうのはテイストがちゃうやろって思いますからね。

開始早々に先制された事、前半をリードされて折り返した事、レオを投入しないと勝てなかった事。
これらをふまえて、悪夢のバイエルン戦を連想した人は多いと思います。
確かにバルサの状態は依然良くないです。
それは間違いない。
ですが、今日に関してはそこまで悲観する必要はないでしょ。
最初の失点や、その他の崩された場面に関してはダメダメだったと思います。
しかしながら2失点目は完全なゴラッソだったから割り切らないといけない部分だし、チャンスの数だけなら前半でもバルサの方が多かった。
ビジャが決めるか決めないか、そこだけの問題でしたからね。
攻撃のカタチは良かったし、勿論言うまでもなくポゼッションも高かった。
ビジャさえ決めていれば何の問題もない前半だったのですよ(苦笑)

こう書くとグアヘを責めてるみたいやな。
いやいや全くそういう意図はありません。
デランテーロが決めるか決めないかなんて、ホントの紙一重だと思うのです。
歴史に名前を残すような偉大なるゴレアドールがこんな簡単なシュートを決められないの?
しかも何回も??
みたいなシーン、これまで他の選手でも一杯見てきたでしょ?
フットボールってのは、そういうスポーツですからね。

だから前半も悪くなかったし、後半も悪くなかった。
一部のクレが求めるような高水準なバルサではなかったけど、罵声を浴びせられるようなレベルではない。

まぁそれにしてもビジャは外しまくったな(苦笑)
3回ぐらい超絶決定機失敗したか。
テージョが組み立てても、チャビが演出しても、アレクシスがお膳立てしても決められなかった。
それでも最後の最後にカベッサを決めたのは意地やな。
あれが結果ラストプレーとなってメッシと代わったので、ビジャ的には土壇場のゴールとなりました。
あれでビジャも含めて全員が救われたので、めでたしめでたしですよ。
次はいつも通りちゃんと決めてくれ!!

そんでもってメッシやね。
やっぱ決定力が違いすぎる。
今日のビジャの後やと余計にね。
最初のFKをいきなり決めーの、その後のアレクシスからのパスをちゃっかり決めーの(ごっつぁんやったけどね)。
終了間際にはキレキレ豪快ブチ抜きドリブルで観客を沸かせてたしな。
左サイドからのFKも惜しかったね、バー直撃のやつ。
角度的には右足の選手が狙う位置やったから、あそこでチャビに蹴らせなかった時点で凄い事なんですよ。
怪我の状態がどれほどのもので、今日も実際出て大丈夫だったのかどうかは正直不明です。
ただこれだけ別格やと、そら頼っちゃうわな。

テージョも良かったね。
幻のゴール(ラインを割ったのか微妙だったやつ)含め、左サイドで相手DFの脅威となっておりました。
縦への突破もほぼ成功してたし、縦と見せかけての中への切り込みも有効でした。
シュート精度も相変わらず高いしね。
やっぱスペースがある試合では効く選手やわ。

アレクシスも悪くなかった。
1ゴール1アシストという結果もそうだし、それ以外の動きもね。
イニエスタと結構呼吸が合ってたよね。
ドンの変幻自在なプレーについていけてた、という事です。
あのヒールキックとか、左サイドの突破とかね。
やっぱドンは変態なんですよね。

ディフェンスの話もしますかー。
セントラルはピケとアドリアーノできましたね。
アビダルは怪我が治ったけどベンチ外となり、バルトラ君も最後まで出番は無し。
アドリアーノのセントラル起用は緊急措置だと思ってたんですけど、どうなんですかね?
来季もやるんですかね??
優勝決まった後の試合でもバルトラ君よりアドリアーノが使われるようならそういう事なんでしょう。
個人的にはバルトラ試してほしいけどね。
セントラルの伸びしろとしてはバルトラの方があると思うから。
やはりアドリアーノは根が攻撃的な選手なんでねww
それを言うたらアルバもそうやけど。
アドリアーノとアルバが揃うと守備が危なっかしすぎるわ。
まぁバルサのスタイル的には盤石な守備なんていらんから、こういうのでも全然良いとは思いますけどね。

さてさて、この勝利で優勝まで後2ポイントとなりました。
今節優勝を決めてもCLのダメージがデカ過ぎるので微妙だなと思ってました。
前節は前節でCLの決戦前だったので微妙やったしね。
だから来週、もしくは再来週ぐらいがベストですよ。
人間は忘れる生き物、あれだけのダメージでもいずれは忘れられるのです。
そしてその方が喜びは大きくなるのです。


       

|

« マリノス×アントラーズ 2013 J1 第9節 | トップページ | ユナイテッド×チェルシー 12-13 プレミア 第36節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルサ×ベティス 12-13 Liga 第34節:

« マリノス×アントラーズ 2013 J1 第9節 | トップページ | ユナイテッド×チェルシー 12-13 プレミア 第36節 »