« KRAFTWERK 『3-D CONCERTS 1 2 3 4 5 6 7 8』 2013年5月18日(土) なんばHatch | トップページ | バルサ×バジャドリード 12-13 Liga 第36節 »

2013年5月20日 (月)

R.マドリー×A.マドリー 国王杯 12-13 決勝

R.マドリー 1-2 A.マドリー

【得点】
R:ロナウド(14分)
A:ジエゴ・コスタ(35分)、ミランダ(ex9分)

【メンバー】
レアル・マドリード(4-3-2-1):ディエゴ・ロペス、エッシエン、ラウール・アルビオル、セルヒオ・ラモス(C)、ファビオ・コエントロン(ex0分、アルベロア)、シャビ・アロンソ、ケディラ、モドリッチ(ex0分、ディ・マリア)、エジル、C・ロナウド(ex25分、退場)、ベンゼマ(ex0分、イグアイン)
SUB:カシージャス、R.カルバーリョ、カカ、カジェホン

アトレティコ・マドリード(4-4-2):クルトワ、ファンフラン、ミランダ、ゴディン、フィリピ・ルイス、マリオ・スアレス、ガビ(C)(ex30+4分、退場)、コケ(ex22分、ラウール・ガルシア)、アルダ(ex20分、C・ロドリゲス)、ジエゴ・コスタ(ex16分、アドリアン・ロペス)、ファルカオ・ガルシア
SUB:セルヒオ・アセンホ、カタ・ディアス、ティアゴ、オリベル・トーレス

【感想】
アトレティコがデルビーで勝ったのって、何年ぶりよ?
いやー、驚きと共に良くやったと称えたいよ、アッレティ!!

まぁこの試合も90分では同点だったので、リーガでの1試合ならばエンパテとカウントされ、「またも勝てず」となったわけですがね。

試合前からアトレティコは諦めてると正直思っていた。
なんせファイナルの会場にベルナベウを指定してきたわけですから。
わざわざ敵の本拠地でやりたい、と。
理由は移動距離の少なさとキャパ。
集客が多ければ多いほど入場料収入が入りますからね。
「コパの決勝でアトレティコはレアル・マドリーに負けた事がない」というデータがアトレティコ上層部を強気にさせている、という意見もありましたがね。
このデータって、もう何十年も前の話ですから。
今いる選手達が勝ち得たものじゃありませんから。

と考えると、もう諦めてるんか?と思いますよね。
ただ上層部は諦めてたのかもしれませんが、少なくとも選手達は諦めてなかった。
アッサリと先制点奪われた後も、下を向くことはなかった。
(それにしても簡単にやられすぎww CKからロナウドがドフリーヘッドやもんなぁ・・・
アッサリ振り切られすぎやでwww)

アトレティコの同点ゴールはゴラッソでしたね。
ファルカオのパスが素晴らしかった。
中盤でケディラとアルビオルを華麗にかわしてからの、スルーパス。
あんな柔らかいプレーも出来るんですね、彼は。
ジエゴ・コスタも追いすがるエッシェンをモノともせず、キッチリ決めたしね。
マドリーのDFラインにおいて、エッシェンとアルビオルは「不安要素」だったと思いますが、そこを見事に突きました。

でも90分の試合の中で、アトレティコが良かったのはこの時間帯ぐらいやったかな。
後は基本的にはマドリーに圧されてたから。
ポストが大活躍しましたしね。
エジルとベンゼマの決定的なシュートを跳ね返してくれました(笑)
あ、ロナウドのFKも跳ね返したな、大活躍やったよポスト君。
クルトワのパラドン(特に終盤のエジルのシュートストップは鳥肌モノ)や、ゴディンのゴールライン上クリアとかもビッグプレーでした。

マドリーはモドリッチのポジショニングが絶妙やったと思う。
2.5列目のような位置に基本的にはいましたね。
で、シャビアロンソとピボーテを組んでる時間帯もあれば、4-2-3-1の3の真ん中の位置にいる事もあった。
勿論前線に飛び出したりもね。
ルカが自由自在に動く事によって、ケディラも上がれたり、エジルも中央や前線に入れたりとバリエーションが広がったと思う。
シーズン前は「ヌリ・シャヒンの二の舞になるんじゃないのか?」と個人的に思ってた移籍でしたが、確かな存在感を見せられたシーズンになったと思います。

なので延長に入った時点での後半は意味不明だと言いたい。
モウリーニョの指示なのか、カランカの判断なのか(この時点でモウは退席してたから)は謎やけど。
3枚同時替えで、最終ラインはアルベロア、アルビオル、ラモスの3バック気味になり、中盤がケディラとアロンソのドブレピボーテ。
その前に右からエッシェン、エジル、ディマリアで、最前線がイグアインとロナウドとなりました。
この状態で、ケディラやエッシェンを残すのにモドリッチを外す意味が分からんわ。

この影響で、と言うのは結果論だから卑怯ではあるけど延長に入ってからはアトレティコのペースでしたからね。
元気になったアトレティコに決定機を作られ、その流れが維持された状態の中、FKからミランダがヘディングを決めました。
アトレティコに点が入る雰囲気はビンビンにあったので、必然のゴールですよ。

シメオネが喝を入れた事もあるんやろうね。
120分間見たけど、ホンマ良い監督やわ。
ベンチ前でのパフォーマンスが素晴らしい。
あれをやられたら、選手はやるしかないでな。
実際、恐いしね。

試合全体として劣勢だったのはアトレティコだったと思いますが、終盤のマドリーの品位の無い行動を見るにつけ、王者に相応しかったのはアトレティコだと思いました。
ロナウドはラフプレーで退場するわ、モウリーニョは暴言で退席なるわ、挙げ句の果てにクルトワに物は投げつけられるわ・・・。
品性の欠片もないでな。
サポーターの行動も含めて、これがモウリーニョのもたらしたものだという事ですよ。
ある意味モウリーニョ時代の終焉に相応しい終わり方。
これがペップとモウの差やで。
ペップに対しては誇りを持って見送れた、だがモウはどうよ?
これがモウの人間性の全てやで。

         

|

« KRAFTWERK 『3-D CONCERTS 1 2 3 4 5 6 7 8』 2013年5月18日(土) なんばHatch | トップページ | バルサ×バジャドリード 12-13 Liga 第36節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R.マドリー×A.マドリー 国王杯 12-13 決勝:

« KRAFTWERK 『3-D CONCERTS 1 2 3 4 5 6 7 8』 2013年5月18日(土) なんばHatch | トップページ | バルサ×バジャドリード 12-13 Liga 第36節 »