« バルサ×セルタ 13-14 Liga 第30節 | トップページ | アーセナル×シティ 13-14 プレミア 第32節 »

2014年3月30日 (日)

エスパニョール×バルサ 13-14 Liga 第31節

エスパニョール 0-1 バルサ

【得点】
メッシ(77分、PK)

【メンバー】
エスパニョール(4-4-2):カシージャ(82分、退場)、ハビ・ロペス、コロット、H・モレノ(48分、シジネイ)、フエンテス、ビクトル・サンチェス、ダビド・ロペス、ストゥアニ、シモン(77分、J・コルドバ)、セルヒオ・ガルシア(C)、ピッツィ(64分、アレックス・フェルナンデス)
SUB:ヘルマン、ラウール・ロドリゲス、アルバレス、アブラアム

バルセロナ(4-3-3):ピント、ダニエウ・アウヴェス、ピケ、マスケラーノ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、シャビ(C)、セスク(88分、セルジ・ロベルト)、メッシ、ペドロ(77分、イニエスタ)、ネイマール(80分、A・サンチェス)
SUB:オイエル、バルトラ、アドリアーノ、テージョ
怪我:バルデス、プジョル、ジョナタン、ソング、クエンカ

【感想】
難所を攻略し、一歩前進

Myboard

Myboard2

■試合前の状況

セルタ戦から中2日。
ハードな日程が続く中で、今回はデルビーです。
アウェイだけど移動が疲れないから良いでしょ、なんて声もありますが
移動の疲れ以上に試合で疲れますからね、デルビーは。

エスパニョールは現在中位で、特にCL圏にも降格圏にも足を踏み入れていない状況。
つまり、このデルビーに伸び伸びと全てをブツけてくるという事です。

これはこれで厄介なんよね。

一方のバルサは優勝争いの真っ只中。
首位のアトレティコまで、僅か1ポイント差。
今季絶望の怪我を負ったバルデスの為にも、こんな所で足踏みしている訳にはいかないのです。


■チャンスがありながらも、という前半

そんなバルデスを励ますTシャツを着て登場した我が軍の精鋭11人。
イニエスタが若干違和感ありという事で大事をとってベンチへ。
この2人以外はクラシコと同様のスタメンでした。
システムはイニに代わってペドロが入った事で、より両エストレーモ色が強くなった4-3-3になりましたけどね。

前半はお互いにチャンスがありましたね。
エスパニョールは元バルサのセルヒオガルシアが元気にチームを牽引。
カピタンマークも巻いてるし、名実共にチームを引っ張る存在となっていました。

バルサはエスパニョールの不安定なDFラインを突いてチャンスを作っておりました。
バックラインが微妙に揃ってなかったのよね。
だからオフサイドを取れそうな場面でも、誰か1人が余っちゃって取れなかったりという場面が何度か。

ネイマールが決めてりゃ楽になれましたが、こっちも決定機外してもらって助かった場面もあったので、おあいこかな。

デルビーらしい逼迫した前半でした。


■痛恨のハンド2連発

後半も前半同様に神経戦が続きました。
ピケのバー直撃弾とか、メッシの密集地帯からの強引なシュートとか惜しい場面はあった。
苦しい中で、こちらが切れる最良のカードはイニエスタとアレクシス。
そんな2人を同時投入しようとしていた矢先、事件が起りました。

ハビロペスのエリア内ハンドによってPK獲得です。
かなり際どい判定でしたが、確かにハンドしてなかったらネイマールの前にボールが出ていたのでビッグチャンスになってました。
つまりペナルティは妥当なジャッジだったと思います。

エスパニョールサポからすれば、ハビロペスが触る前にネイマールも手で触ってるじゃないか!?と言いたい気持ちもあるでしょう。
リプレイで観ると確かに若干当たっているようにも見える。
けど当たってないようにも見える。

まぁそれぐらいのギリギリのプレーだったのですよ。

このペナルティをメッシが完璧に決めてバルサが先制。

タタは、この後にイニとアレクシスをバラバラに投入します。

そして2回目のハンドが発生。
今度は正真正銘、誰が見ても疑う事の出来ないハンド。
イニのスルーパスに抜け出したメッシがバセリーナを放った所、カシージャが手でストップ。
だったのですが、エリア外でストップしちゃ駄目ですわな。
カシージャは執拗に抗議してましたが、抗議する根拠すらコッチからは想像出来ないんですけどね(苦笑)


■ハビロペスのパラドン

1人少なくなった上に、既に交代枠を使い切ってしまっていたエスパニョール。
やむなくハビロペスが急造ポルテーロに。

ま、残り時間も少なかったのでGKが素人になった所で虐殺ショーにはならないだろうと思っていました。
でもそんな予想を裏切るプレーをハビロペスは見せます。

アレクシスのシュートを2本セーブしましたからね。
しかも2本目は1対1の状況からの完璧なバセリーナ。
これをかろうじて触りCKに逃げました。

いや~素晴らしいセービングでしたよ。
決められなかったアレクシスも恥じる必要はないですよ。


■要所攻略

色々あったデルビーですが、めでたく勝利を収めました。
内容的には勿論100点満点の試合ではありませんでした。
しかしながら、この時期は3ポイントをしっかりと取る事も重要なのです。
苦しい試合では苦しい試合なりの戦い方もあり、その中で結果を出せた事は良しとすべきでしょう。

まだまだハードスケジュールも続くし、ビッグマッチも残っています。
その中でリーガ連覇への歩みを進める事が出来た勝利でした!!!

          

|

« バルサ×セルタ 13-14 Liga 第30節 | トップページ | アーセナル×シティ 13-14 プレミア 第32節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エスパニョール×バルサ 13-14 Liga 第31節:

« バルサ×セルタ 13-14 Liga 第30節 | トップページ | アーセナル×シティ 13-14 プレミア 第32節 »