« グラナダ×バルサ 13-14 Liga 第33節 | トップページ | バルサ×マドリー 13-14 国王杯 決勝 »

2014年4月13日 (日)

リバプール×シティ 13-14 プレミア 第34節

リバプール 3-2 シティ

【得点】
L:スターリング(6分)、シュクルテル(26分)、コウチーニョ(78分)
C:シルバ(57分)、OG=ジョンソン(62分)

【メンバー】
リヴァプール(4-3-3):ミニョレ、G・ジョンソン、シュクルテル、サコ、フラナガン、ジェラード(C)、コウチーニョ(89分モーゼス)、ヘンダーソン(90+3分、退場)、スターリング(90+4分、ルーカス・レイヴァ)、L・スアレス、スタリッジ(66分、アレン)
SUB:ジョーンズ、アッガー、コロ・トゥレ、ヤーゴ・アスパス

マンチェスター・シティ(4-2-3-1):ハート、サバレタ、コンパニ(C)、デミチェリス、クリシー、フェルナンジーニョ、Y・トゥレ(19分、ハビ・ガルシア)、ヘスース・ナバス(50分、ミルナー)、シルバ、ナスリ、ジェコ(68分、アグエロ)
SUB:パンティリモン、レスコット、コラロフ、ネグレド

【感想】
名実共に首位浮上

Myboard


Myboard2

■試合前の状況

三つ巴の優勝争いが続くプレミアシップ。
リバポ:74
チェルシー:72
シティ:70
と大混戦です。

しかもシティだけ2試合消化が少ない状況なので、考え方によっては
シティ:76
リバポ:74
チェルシー:72
とも言える。

いずれにせよ、オモシロイ展開になっております。

今日はそんな両者による直接対決。
暫定首位のリバポは、現在リーグ戦9連勝中。
14試合負け無しという好調ぶり。
10連勝を達成し、本当の首位に立ちたいところ。

一方のシティもリーグ戦7試合負け無しとコンスタントな数字を残しています。
今日しっかりと叩いて未消化の2試合に弾みをつけたいところでしょう。


■2点先行

アンフィールドの独特のムードの中、試合はスタート。
今日はヒルズボロの悲劇から25年という事もあって、スタンドのモザイクもそれ仕様。
選手達にも特別なパワーが宿ったかのように、30分までに2点を先行しました。

最初の得点は、明らかなハートのポジショニングミスではありましたが崩しは見事でした。
2点目は、ジェラードがドフリーのヘディングを決められなかった直後のCKから。
そのジェラードのキックをシュクルテルがニアですらせてゲット。
熱い!非常に熱い展開でした。

リバポは前線の3トップがやはり魅力的。
↑の図のようになってる事もあれば、スターリング&スタリッジが両ワイドに開く事も。
スアレスがエストレーモの役割を果たす時もあり、ホントに流動的で自由自在な感じ。
それが上手くハマってましたね。


■シーソーゲーム

後半はシティが盛り返してきましたね。
ヤヤの負傷退場というアクシデントからようやく立ち直ったか。
投入されたミルナーが躍動し、右サイドを活性化させておりました。

そんなミルナーの突破から、シルバがPUSH。
というカタチが2回続きました。
1度目はボールがタッチを割ってからのプレーという判定でノーゴールに。
でも2回もそういう事は起きないものなので、あえなく失点。
どちらも崩されていたというのがリバポにとっての不安材料でした。

崩しきった自信を得たシティは、この後も猛攻を仕掛けます。
2点目、3点目は時間の問題という雰囲気の中、不運なカタチからリバポが失点。
シルバの折り返しクロスがジョンソンに当たり、角度が変わってネットに吸い込まれました。
GKは反応するの無理やろうね、ああいうのは。

2点のリードを追いつかれるという非常に嫌な展開になりましたが、レッズサポはそれを憂うよりも3失点目を心配しなければいけない時間帯が続きます。
ジェコのシュートとか、この後も色々と危ない場面ありましたな。


■ミスから・・・

なんとか堪え忍んだリバポ。
そんな彼等に幸運の女神は微笑みました。
残り約10分、コウチーニョの右足が唸る!!!!!!!

熱狂のアンフィールドの雰囲気が最高でした。
これぞ首位攻防戦やね。
得点のキッカケとなったのは、首位攻防戦に相応しくないクリアミスというものではありましたが。
しかもキャプテンのコンパニやからね。
デミチェリスがやらかさんかったら、コンパニがやらかすのか!?


■熱い!!

リードした事によって、立ち直ったリバポ。
ロスタイムに、必要性の全く無い酷いラフプレーでヘンダーソンは退場となりましたが
大勢に影響は無くリードを保ったまま終了。

これにてリバポとシティの勝ち点差は7となり、消化試合数の関係性を取り払ってもリバポが首位となりました。

いや~、盛りだくさんの試合やったね。
試合終了後、男泣きするジェラード。
そして皆を鼓舞するジェラード。
痺れるぜ、スティービーG!!!

ああいうの見ると、リバポの優勝あるんじゃないか?と思ってしまいます。
少なくとも今日の試合でシティは脱落と考えて良いんじゃないでしょうか?
まだ数字上は可能性ありまくりですけど。

リバポにとって、次の天王山は2週間後のチェルシー戦ですね。
ここで勝てば優勝決定でしょう!ホームやし、充分可能性あるよ!!!


            

|

« グラナダ×バルサ 13-14 Liga 第33節 | トップページ | バルサ×マドリー 13-14 国王杯 決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リバプール×シティ 13-14 プレミア 第34節:

« グラナダ×バルサ 13-14 Liga 第33節 | トップページ | バルサ×マドリー 13-14 国王杯 決勝 »