« ミラン×ユーベ 14-15 セリエA 第3節 | トップページ | レバンテ×バルサ 14-15 Liga 第4節 »

2014年9月22日 (月)

シティ×チェルシー 14-15 プレミア 第5節

シティ 1-1 チェルシー

【得点】
Ci:ランパード(85分)
Ch:シュールレ(71分)

【メンバー】
マンチェスター・シティ(4-4-2):ハート、サバレタ(66分、退場)、コンパニ(C)、マンガラ、コラロフ(78分、ランパード)、フェルナンジーニョ(73分、ヘスース・ナバス)、Y・トゥレ、ミルナー、シルバ、ジェコ(70分、サニャ)、アグエロ
SUB:カバジェロ、クリシー、デミチェリス、ナスリ

チェルシー(4-2-3-1):クルトワ、イヴァノヴィッチ、G・ケイヒル、テリー(C)、アスピリクエタ、セスク、マティッチ、ラミレス(62分、ミケル)、ヴィリアン(62分、シュールレ)、アザール、ジエゴ・コスタ(86分、ドログバ)
SUB:ツェフ、フィリペ・ルイス、オスカル、レミ

【感想】
千両役者とは、この事

Myboard2


Myboard3

■試合前の状況

開幕から2勝1分1敗となんだか乗り切れない昨季王者シティ。
それとは対照的にチェルシーは4戦全勝で首位に。
4戦連発のジエゴ・コスタを牽引者に、4試合で15得点と得点も取れております。

現在の首位チームと、昨季の首位チームによる対戦。
ちょっとした序盤の天王山やわな。


■シティが支配する前半

主導権を握ったのはディフェンディングチャンピオン。
チェルシーの戦い方が、相変わらず「守ってカウンター」って事にも起因してるやろうけどね。
ボールを支配し、ゴール前に攻め込んでいった回数は圧倒的にシティの方が多かった。

でも前半一番の決定機はジエゴ・コスタだった、ってのが今季の状態を象徴してるか。

つまり攻めてはいたものの、そんなに大きなチャンスを作れなかったシティに対して
チェルシーは1回だけでしたが大きなチャンスがあった。
僅かの所で外れましたが、決まっていればチェルシーが1点リードで折り返すという
モウリーニョにとっては「してやったり」な展開だった訳です。


■審判が主役

そんな試合展開の前半だった訳ですが、ピッチ上の22人の選手よりも目立ってしまった人がいました。
そう主審です。
イエローカードを連発し、不穏な空気を漂わせてましたが、案の定その時は訪れました。
66分、ダブルイエローでサバレタが退場。

退場する時、場内からはサバレタに対して大きな拍手が。
退場後、主審に対しては大きなブーイングが。

この事からも分かる様に、サバレタは大したファウルでもない2つのプレーで退場に追いやられてしまいました。
勿論「審判の特性を見抜く」というのも選手に必要な能力の1つではある。
そういう意味ではサバレタは軽率だった。

でもなー、審判が試合を作っちゃうとロクな事が無いで。


■カウンター発動

数的優位に立ったチェルシー。
こうなるとモウリーニョが得意の展開ですわな。
サバレタの退場から僅か5分、チェルシーが先制に成功します。

まぁ"敵ながら天晴れ"なカウンターでしたよ。
パスが全て淀みなく繋がったし、3人目4人目の動きも完璧でした。
シティとしては2回潰すチャンスがあったのに、いずれもファウル覚悟だったにも関わらず止められず。

シュールレはオイシイ所だけ持って行くけど、これもまた才能か。
得点の8割ぐらいはアザールのモノやったけどね。


■ドラマティックに

先制を許したペジェは、この後攻撃的な采配に出ます。
とはいえ、ベンチにデランテーロは不在。
サバレタの穴埋めでサニャを投入せざるを得なかったので、切れるカードも2枚のみ。

そんな中でヘスース・ナバスとランパードの投入を決断します。
ナスリではなくランプス。
古巣相手に何かしてくれるのでは、そんな期待があったか無かったか。
開幕前は
「チェルシー戦には出たくない」
みたいな事を言ってたらしいフランキーですが、出ればまた別の話。
見事に仕事をやってのけましたよ。

ミルナーからのパスをスライディングボレーで合わせ、劇的な同点弾。
ブロックに行ったのがテリーってのも、何かを感じさせる。
役者やね~、こういう所で決めるかね!!!
ゴールセレブレーションは流石に無かったけど、何か感じるものはあった筈。
別にランパードの事は好きでも嫌いでもないけど、こういうシーンを観られただけでも試合観た価値はあったな。


■便利屋ミルナー

試合はこのまま同点で終了。
シティとしては内容的には勝てた試合やったけど、審判に邪魔され、まぁ数的不利の中で同点に追いつけたのでOKってトコでしょうか。
チェルシーとしては、連勝は止まったけどアウェイのシティ戦で引き分けというのは悪くない結果。

つまり両者それなりに満足な結果に落ち着いたと思います。

で、今日の主役ですが現地でもMOMに選出されたミルナーでしょう。
なんせ試合中に4つもポジションをこなしましたからね。

最初は右SHで先発。
サバレタ退場後、一時的に右SBに下がり、サニャ投入でセンターハーフへ。
んでもって、コラロフが下がりランプスが入ると左SBへ移動。
転々としながらも、90分間ハイパフォーマンスを披露し、最終的には同点ゴールもアシスト。
ペジェの熱い信頼に応えました。

結局SBやらすなら、サニャ投入しなくて良かったやん!って思ったけどね(´Д`)

           

|

« ミラン×ユーベ 14-15 セリエA 第3節 | トップページ | レバンテ×バルサ 14-15 Liga 第4節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シティ×チェルシー 14-15 プレミア 第5節:

« ミラン×ユーベ 14-15 セリエA 第3節 | トップページ | レバンテ×バルサ 14-15 Liga 第4節 »