« バルサ×セビージャ 14-15 Liga 第12節 | トップページ | セレッソ×アントラーズ 2014 J1 第33節 »

2014年11月24日 (月)

ミラン×インテル 14-15 セリエ 第12節

ミラン 1-1 インテル

【得点】
M:メネズ(23分)
I:オビ(61分)

【メンバー】
ミラン(4-2-3-1):ディエゴ・ロペス、ラミ、メクセス(C)、C・サパタ、デ・シッリョ、エッシエン、ムンタリ(75分、ポーリ)、ボナヴェントゥーラ、メネズ、エル・シャーラウィ、フェルナンド・トーレス(73分、本田圭佑)
SUB:アガッツィ、アビアーティ、アルベルタッツィ、アルメロ、ザッカルド、サポナーラ、モントリーボ、ファン・ヒンケル、パッツィーニ、ニアング

インテル(4-4-2):ハンダノヴィッチ、長友佑都、ラノッキア(C)、ジュアン、ドドー、クズマノヴィッチ、オビ(72分、エルナネス)、グアリン、コヴァチッチ(90+4分、ムヴィラ)、パラシオ、イカルディ(89分、オスバルド)
SUB:カリーソ、ベルニ、アンドレオッリ、カンパニャーロ、ヴィディッチ、ダンブロージオ、ドンコル、クルヒン、ボナッツォーリ

【感想】

Myboard4


Myboard5

■試合前の状況

ミラノデルビーです。

7位ミランと9位インテル。
両者の勝ち点差は、たったの1。
ですが、まぁ順位とかポイント差とか関係無いですよ。
首位ユーベとは10ポイント以上離されてますからね。
このままだと今季もCL圏外・・・。

って、事でインテルは監督交代に踏み切ったんでしょう。


■ハイテンションマッチ

序盤から両チーム共にガンガンいってましたね。
昨季終盤のミラノデルビーが、どうしようもないぐらいに凡戦だったので、
これは良い意味での驚きでした。
今回は期待出来るのか!?
そう思わせる激しい攻防の連続。

いや~、気合い充分でしたな~。


■ミラン先制

先手を取ったのは、どちらかと言うと押されていた側のミラン。
ワンチャンスをメネズが決めた、って感じでしたね。

流れとしてはインテルに入っててもおかしくなかったんですけど、
ディエゴ・ロペスのパラドンが大きかったかな。
その前のイカルディの1対1が決まってりゃね。
そのままインテルに!って雰囲気でしたがね。
そもそも貰ったチャンスやってんから、決めとかんとなー。


■徐々にメッキは剥がれ

前半は見所があるシーンも多かった。
しかしながら後半になると、尻すぼみ。

新監督就任のカンフル剤も切れたのか、インテルの攻撃に迫力は無くなっていきました。
元々押されていたミランも同様で、トーレス師匠は遂に「空気」のまま途中交代。

どちらも上手くいかんなー、という時間帯が続きました。
中位のチーム同士の対戦ですもんね、結局の所。


■マンチーニ采配について

ま、今日に関しては何も言いませんよ。
数日前に就任したばかりですから、出来る事も限られてたろうし。

システムとしては、マッツァーリ時代の3バックを踏襲するのではなく4バックに変更。
中盤はオールディーズなボックス型で4枚。
2トップが異質で、パラシオが極端に右に張ってましたが、あれはマンチーニ色ではなくパラシオの特性かな?
ほぼ中盤の選手の様にプレーしてましたからね。

その分イカルディに前線でかかる負担は大きかった筈ですが、終了間際まで動かず。
決定的チャンスを2本外し「イカルディの日」ではなかっただけに、早めにスイッチしても良かったと思う。
相変わらず動きが遅いよ、マンチーニ。

エルナネスも、もっと早くで良かったでしょ。
オビがラッキーゴール決めたから、代えにくかったってのは心情的に理解出来るけどね。

シティ時代も微妙やったし、昨季限りでガラタサライを退任してからは浪人状態が続いていた、って事から考えても
やっぱりマンチーニは「名将」ではないんですよ。
そんな彼を何故呼び戻したのかは理解に苦しむけど、インテルってのはそんなチームでもあるからね(苦笑)
正直輝かしい未来が待ってるようには思えんけどなー。
ユーベやミランの監督人事見ても思うけど、イタリアの監督人材枯渇ぶりはハンパないで。


■総括

結局同点で終了。
オビのシュートも「入っちゃう!?」ってぐらい迫力無かったけど、あれが入るのが今のミラノデルビーの現状か。
昨季よりはマシな試合内容やったけど、やっぱりレベルの低下は否めない。
中盤の底でジタバタしまくるエッシェンを見ると、ちょっと悲しくなったよ。
かつては世界No.1の選手だったんですけどね、あのポジションでは。
時の流れは残酷や。

日本人対決?
ミランとインテルという超名門チームで実現した日本人対決、ってのは1つの歴史になったとは思う。
でももうそんな事を言ってる場合じゃないのよね。
出て何が出来るか。
この試合で長友も本田も確かな足跡を残す事は正直出来ませんでした。
もうね、ミラノデルビーに出る事なんて通過点、って時代なんですよ。


            

|

« バルサ×セビージャ 14-15 Liga 第12節 | トップページ | セレッソ×アントラーズ 2014 J1 第33節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラン×インテル 14-15 セリエ 第12節:

« バルサ×セビージャ 14-15 Liga 第12節 | トップページ | セレッソ×アントラーズ 2014 J1 第33節 »