« セビージャ×バルサ 14-15 Liga 第31節 | トップページ | バルサ×バレンシア 14-15 Liga 第32節 »

2015年4月13日 (月)

ユナイテッド×シティ 14-15 プレミア 第32節

ユナイテッド 4-2 シティ

【得点】
U:ヤング(14分)、フェライニ(27分)、マタ(67分)、スモーリング(74分)
C:アグエロ2(8分、89分)

【メンバー】
マンチェスター・U(4-5-1):デ・ヘア、バレンシア、スモーリング、P・ジョーンズ(76分、ロホ)、ブリント、キャリック、アンデル・エレーラ、フェライニ(83分、ファルカオ)、マタ(81分、ディ・マリア)、A・ヤング、ルーニー(C)
SUB:バルデス、ラファエウ、ヤヌザイ、マクネア

マンチェスター・シティ(4-2-3-1):ハート、サバレタ、コンパニ(C)(HT、マンガラ)、デミチェリス、クリシー、トゥーレ・ヤヤ、フェルナンジーニョ、ヘスース・ナバス(75分、ランパード)、シルバ、ミルナー(63分、ナスリ)、アグエロ
SUB:カバジェロ、コラロフ、フェルナンド、ジェコ

【感想】

Myboard_3


Myboard2


■試合前の状況

優勝争いしてたと思ってたシティですが、いつの間にやら4位。
逆に序盤もたついてたユナイテッドが、いつの間にか3位。

分からんもんですな。

ともに首位のチェルシーからは8~9ポイント差離されてるので優勝は絶望的。
後はCL圏内を確保する事と、プライドを保つ事が目標か。

そうプライドです。
ダービーなので誇りを懸けた戦いになるのです。
特にユナイテッドは前回のダービーで負けてますので、2連敗って訳にはいかないのです。
※2連敗どころか現在4連敗中やったね・・・。今日シティが勝てばダービー5連勝!!


■シティの猛攻

序盤はシティの時間帯でしたね。
サイドアタックが面白いように決まり、ユナイテッドDFを崩しまくり。
まぁ、いつ点が入ってもおかしくない状況でしたよ。
そんな感じでしたので、アグエロの先制弾にも驚き無し。
ようやく決まったか、ぐらいのもんでね。

このままシティが得点を重ねていくのかな~という気配が漂いまくってた立ち上がりでした。


■打ち合い?

予想外だったのが、ユナイテッドがすぐに返した事。
そんでもって、返したばかりか逆転した事。
微妙な判定はあったにせよ、よく盛り返したな、と。

これはノーガードの打ち合いになるのか?
っていう雰囲気にもなってきた前半。
つまりは両チームのDFに安定感が感じられなかったという事です。

いつもならコンパニが安定したディフェンスを披露してくれる筈なんですけど、この日は低調。
審判の判定に救われなければ一発レッドっていう危険なタックルもあったしね。
HTでの交代も納得の出来でした。


■連続ゴールで勝負あり

試合が決まったのはマタのゴール。
これは確実にオフサイドではありましたけどね(苦笑)
でもデミチェリスも完全にマーク放してたしなwww
現地のTVではデミチェリスが、いかにマタを放置してしまったのかっていうVTRが繰り返し流されててワロタよ。

スモーリングのヘッドも決まって、オールドトラフォードはお祭り騒ぎ。
ここからようやくバンバンも動いて、ディマリアやファルカオを出してきました。
彼等がこの状況で出てくる、ってのが何とも贅沢。

終了間際にクンが1点返したけど、焼け石に水でした。


■総括
・DFが緩かった両チーム
・GKはどちらも良かった
・締まらない大味なゲーム

って試合でした。

結果的には今の順位通りになりましたね。
シティの失速ぶりが今季を表しているとも言える。

            

|

« セビージャ×バルサ 14-15 Liga 第31節 | トップページ | バルサ×バレンシア 14-15 Liga 第32節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッド×シティ 14-15 プレミア 第32節:

« セビージャ×バルサ 14-15 Liga 第31節 | トップページ | バルサ×バレンシア 14-15 Liga 第32節 »