« コルドバ×バルサ 14-15 Liga 第35節 | トップページ | セレッソ×ヴィファーレン 2015 J2 第14節 »

2015年5月10日 (日)

バルサ×ソシエダ 14-15 Liga 第36節

バルサ 2-0 ラ・レアル

【得点】
ネイマール(51分)、ペドロ(86分)

【メンバー】
バルセロナ(4-3-3):ブラボ、ダニエウ・アウヴェス、ピケ、バルトラ(62分、ブスケッツ)、アドリアーノ、マスチェラーノ、ラフィーニャ(81分、ペドロ)、チャビ(C)(74分、イニエスタ)、L・スアレス、メッシ、ネイマール
SUB:シュテーゲン、アルバ、ヴェルメーレン、セルジ・ロベルト
怪我:マテュー

レアル・ソシエダ(4-4-2):ルジ、C・マルティネス、ミケル・ゴンサレス、イニゴ・マルティネス、デ・ラ・ベジャ、ルベン・パルド、マルケル・ベルガラ、シャビ・プリエト(C)、グラネロ(90+3分、A・エルストンド)、ベラ(77分、フィンボガソン)、カナーレス(73分、ゴンサロ・カストロ)
SUB:スビカライ、ユーリ・ベルチチェ、サルドゥア、アギレチェ

【感想】

・完勝で、ラレアルにリベンジ達成
・Liga優勝王手
・ペドロの美しきチレーナ

って試合でした。

Myboard


Myboard1

■試合前の状況

優勝争い中のバルサと、「ザ・中位」のラレアル。
バルサとしてはバイエルンとの激闘から中2日での試合なので、非常に消耗してる。
そんな状況で特に目標も無く思いっきりぶつかってこられる相手とやるのは、非常にメンドー。


■バルサのスタメンについて

またこの後すぐに中2日でバイエルン戦を控えてるだけに、本来ならローテーションを敢行したい所。
なのですが、Ligaも落とせないんですよね。
引き分けたりしちゃって、マドリーが勝てば首位交代ですから。
折角バイエルンに勝って良いムードやのに、ここで2位に陥落なんて事になったら目も当てられない。

中位チームに確実に勝利しミュンヘン遠征、ってのが理想。
いや理想っていうか必須。

なのでエンリケ兄貴のローテーションも控え気味。
ラキティッチは温存させ、中盤の3枚はガラっと入れ替えましたがね。
トリデンテは相変わらずフルタイム出動やし、DFラインもバルトラ、アドリアーノを出陣させたのみ。

ペドロ頭から使っても良かったとは思うけど、中々慎重やねルーチョは。


■立ちはだかるルジ

序盤からバルサのペースで試合は進みました。
前半15分までに決定機は3回ほど。
メッシのヘッドもスアレスのヘッドもネイマールの抜け出しも惜しかった。

でも決まらなかったのはGKが良かったから。
今日もルジ狂い咲きになっちゃう?
と前回の敗戦が頭をかすめた立ち上がりでした。


■ネイマールのカベッサ

その後もピケの至近距離シュートなどを止めて前半の完封に貢献したルジ。
後半このままズルズル行ったらメンドーやな~っと思ってた矢先でした。

これを止めるのは無理でしょう、というネイマールのカベッサが決まりましたね。
メッシのクロスをラレアルDFが上手く反らしてくれましたからね。
おあつらえ向きにネイマールの頭にドンピシャですよ。
あれピケが反らしてたらオフサイドだった訳でね。
当然そんな位置にいる選手をポルテーロはカバー出来ない訳ですよ。

運も味方につけた先制点。
ただ今日もメッシのパスが冴えていたのは事実で、何本もああいうパスは出てましたからね。
確率の問題で、何本かそういうパスがあれば1本ぐらい幸運にも恵まれるってなもんですよ。


■小康状態、耐えられないルーチョ

さぁ2点目を取って楽になろう。
バイエルン戦に備えよう。
ってテンションで観てたのですが、中々後続は無し。
ソシエダのチャンスは一向に無くって、結局試合通しても1回あったか無かったかぐらい。
それぐらいバルサが一方的に押し込んでたんですが、ゴールは奪えず。

これに業を煮やしたエンリケ兄貴は温存しておきたかったであろうブスケとイニエスタを投入します。
交代はバルトラ、チャビという恐らくミュンヘンでは先発で出ないであろう面々。
う~んローテーション出来へんなぁ。
この後に下がったラフィーニャもそうやけど、あわよくば今日は90分使いたかったメンツやもんなぁ。
でもLigaも落とされへんしな~。
っていうルーチョの葛藤が見え隠れした交代劇。


■ペドリートの意地

っていう中で投入されたペドロ。
メッシをやや下がり目にした4トップ的な陣形でラレアルにトドメを刺す体制です。
最近エンリケ兄貴がよくやるパターンね。

でもペドロは全然ゴールは決めてくれないんですよ。
最後に決めたのは2月頭のビルバオ戦。
つまり約3ヶ月快音無し。
しかもビルバオ戦のゴールも5-2で勝った5点目やからな~。
あんまり重要なゴールじゃなかったんでね。
※って事で調べてみたら今季ペドロは10点決めてるけど、1つも大事なゴールは無かった。
いわゆる決勝点とか、難敵相手とか、そういうやつね。

でも今日のゴールは違いますよ。
今日のは優勝へ向けて非常に価値のあったゴールですよ。
しかもゴラッソ。
あんな漫画みたいなチレーナ、中々決まらないですよ。
登場して僅か5分、貴重な貴重な追加点でしたよ。


■7試合連続完封

その後も特に危ない場面も無くシャットアウト勝ち。
これで公式戦7試合連続クリーンシート。
バルサらしからぬ、って言ったらアレですが(苦笑)

これはブラボの安定感がやっぱり光ってるよ。
今日も結果的にはオフサイドになってシュートカウントはされてないプレーやったけど、そういう決定的なやつも止めてたしね。
シュテーゲンは若さゆえに、まだまだムラがある感じやけどブラボは安定してる。
それがこの好結果に繋がってるよね。
※それでもシュテーゲンの方がバルサ向き、みたいに言われてしまうブラボの可哀想なキャラクターねww


■いざ3冠へ

さてエアポケットになる心配もあったラレアル戦を危なげない勝利で飾った我らがバルセロナ。
いよいよ次はミュンヘン決戦です。

これに気持ち良くいけるのは、マドリーがコケてくれた事も多分に影響してる。
バレンシア相手にエンパテで、勝ち点差は4に。
これは大きいですよ。
アトレティコ戦で引き分けすら許されない、厳しいって思ってたけど、負けてもOKになりましたからね。

ま、ストの影響でそもそもカルデロンでの試合が行われるかどうかすら不明やけど。
スペインやから多分やるでしょ、こんだけ騒いでても結局は。

ただ今日の勝利で一気に3冠制覇の気運が高まったのは間違いない。
手負いのマドリーが今日みたいにユーベ相手にも星を落としてくれれば、もう望みは更に高まります。
YOKOHAMAへ来ちゃいなよ、バルサ!!!!!

                  


|

« コルドバ×バルサ 14-15 Liga 第35節 | トップページ | セレッソ×ヴィファーレン 2015 J2 第14節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルサ×ソシエダ 14-15 Liga 第36節:

« コルドバ×バルサ 14-15 Liga 第35節 | トップページ | セレッソ×ヴィファーレン 2015 J2 第14節 »