« 14-15バルサ総括 | トップページ | セレッソ×トリニータ 2015 J2 第21節 »

2015年6月22日 (月)

14-15シーズン 各国リーグ振り返り

バルサに関しては前回振り返ったので、今回は大きな括り(リーグ単位)で振り返ってみたいと思います。

と言っても、全ての試合を観てきたわけじゃないので、ある程度おおざっぱ、そして受け売りです。
ベースとなるのは、ワールドサッカーダイジェスト、ナンバー、フットボリスタの各シーズン決算号。
この3誌からドンドン写していきますww

そもそもね、これを書こうと思ったのは、3誌を読んでいると書いてる事が違うってパターンが結構あったのよね。
下で触れていきますが各誌選定のベストイレブンが最たるもので、同じ11人が選ばれてるって事は殆どありませんでした。
例えばフンメルスなんかはNumberではベストイレブンに推されてますが、WSDではコケおろされてます。
で、これどっちが間違ってるかって話じゃなくて、どっちも正解なんですよね。
フットボールは俗に「主観のスポーツ」と言われますが、それはつまり「見る人によって評価が分かれますよ」って事。
だから監督が代われば選手も代わるし、各国の代表選手が必ずしもベストプレーヤーとは限らないってのもそういう事なんです。

そういう意味も踏まえて、読み比べると面白いし、3誌が3誌ともに推してる選手ってのは間違いなく良いシーズンをおくったんだろうなと推測出来ます。
例え試合を観てなくてもね(^_^)

では、まとめていきましょう。

まずはLigaから。
Campeones

【MVP】
WSD:メッシ
Num:メッシ
fb:メッシ

満場一致でメッシでした。
ま、これは間違いないでしょう。
各誌ともに表紙にはメッシの姿がありますし、今季絶対に外せない選手の1人でありました。
ここでメッシを選ばないってのは、「奇をてらう」なんてレベルじゃないからね。
もはや議論の必要すらなく、完全なるMVPです。


【ベストイレブン】
WSD
Myboard


Num、fb共通
Myboard1

ナンバーとボリスタが仲良く11人被り。
で、3誌共通の選手はというと、
オタメンディ
ハメス
メッシ
ロナウド

メッシ&ロナウドの世界2大巨頭にハメスとオタメンディが加わる感じです。
ハメスもオタメンディも移籍1年目という事を考えると上々ですよ。
移籍金の高さからハメスは「やって当然」と見られるかもですがね。

ちなみにLigaのサイトでもベストイレブン的な画像がUPされてました。
Liga
誰が選んだのかは翻訳かけてないので不明ですが。
ここでも上記の4人は選ばれてますので、間違いなく今季鉄板の4人だったという事でしょう。

続いてプレミア
Premier


【MVP】
WSD:アザール
Num:アザール
fb:アザール

こちらも満場一致でチェルシーの若きエースが選ばれました。
ま、実際チェルシーの試合観ても彼が一番輝いてたからね。
「ポスト2大巨頭」の1人として、このまま順調に育っていってほしいものです。

【ベストイレブン】
WSD、Num共通
Myboard_2

fb
Myboard1_2

実に10人が被りました。
つまり相違点はマティッチかコクランか。
ボリスタがコクランを推さなければ全員一致となってる所でしたよ。
それぐらい彼等が圧倒的だったのか。
それとも他が不甲斐なかったのか。

Myboard2
あまりに被ってたので違う見解を(笑)

こちらはプレミアで実際にプレーする選手自身が選んだ年間ベストイレブン。

デヘア
テリー
アレクシス
アザール
ケイン

この4つで被ってるとなると上記の5人にまで絞られました。
得点王のアグエロが選手達自身からは支持されなかったのは、これタイトルが決まる前に集計してるからでしょう。
なんで終わってから票集めへんのやwww

まぁでも今季ブレイクしたハリー・ケイン君はインパクトの大きさからか何処でも選ばれてますね。
後はチェルシーの11人がなんだかんだで入ってきてるし、サウサンプトンの4バックも満遍なく評価されてます。
ここでは名前出てきてないトビーも次点には入ってるからね!
そんなサウサンプトンの好成績が、個人的には一番のサプライズやったね。
主力を引き抜かれたうえに、新監督に"破壊神"クーマンが就任っていう2部降格コースだったにも関わらず終わってみれば7位でEL権獲得ってね。
序盤は首位争いしてたしなぁ。
そりゃぁ吉田麻也は出番なくて当然ですよ。
クーマンがアヤックス指揮時代の輝きを取り戻したとしたら、これはホントに凄いことですよ。

あとストークに都落ち移籍したボヤンを褒めてる記事も結構あった。
でもね、皆さんは知らないのです。
ボヤンは期待させといて、期待させといて(ry
って子やからね。
今季も「怪我さえなければ・・・」って論調で書かれてたけど、その「怪我」が重要なんですよ。


お次はブンデス
Bundes


【MVP】
WSD:デブルイネ
Num:ノイアー
fb:デブルイネ

初めて票が割れましたね。
しかもNumberが推してるノイアーは、他2誌ではベストイレブンにすら選出されていないという自体。
うん、こういうのが面白いのよ。


【ベストイレブン】
WSD
Myboard

fb
Myboard1

Num
Myboard2_2


ここでも異彩を放つNumber!!
怪我で半分ぐらいしか出てないアラバが選ばれたり、何故か3バックだったり。
ボリスタのアウクスブルク推しも中々やし、ボリスタとWSDで同じメンツでも微妙に位置が違ったりしてるのは個性が出てて面白い。


Myboard4
一応ブンデスも公式のベストイレブン貼っておきます。
公式って言ってもファン投票らしいので、多少は隔たりあるんかな~。

って事で4つ被りは
ジャカ
ロッベン
デブルイネ
レバンドフスキ

の4人だけでした。

得点王のマイアーが全く選ばれてないのは、ちょっと不憫やなww
そんなにレバンドフスキが圧倒的やった、って感じでもないし。
ボリスタなんて次点にも選んであげてないからね!

ボルシアMGの躍進を支えたジャカは、どの方面からも人気でしたな。
そんなボルシアとヴォルフスブルクの躍進が目立ったシーズンでしたか。
CLの顔ぶれも変わって面白くなりそう。

あと、ハカン・チャルハノールはシーズン後半なんて名前を見ない日が無い、ってぐらいの露出度だった印象なんですが、このてのものには選出されず。
前線は鉄板やから割って入られへんかったかな。。


最後にセリエ

Juventus

【MVP】
WSD:テベス
Num:テベス
fb:マルキージオ

ボリスタは、ちょっと通ぶった感じを出したかったんですかね?
普通にテベっちゃんで良いと思うんですが。
マルキージオな~、数年前の方がインパクトあるプレーしてたと思うんですけどねぇ。


【ベストイレブン】
WSD
Myboard_2

Num
Myboard2_3

fb
Myboard3

いや~、ものの見事に分かれましたね。
セリエの混迷ぶりを表わしているんですかね、この状態が。

こっちも公式というか、ガゼッタデロスポルトが選んだベスメン貼っておきます
Myboard4_2

4つから全て選ばれたのは
ポグバ
テベス

の2人だけでした。

ダルミアンとかヴァルディフィオーリとかアンデルソンとか惜しかったなぁ。
ペロッティが復活してたり、トニが得点王なったり、ってのは嬉しいニュース。

そしてここでもブンデス同様に得点王が冷遇(イカルディ)ってのがねww
トニと同率受賞やし、インテルの凋落っぷりがイメージダウンさせてるのも否めないなぁ。


最後に

折角なので、各国リーグで選ばれた"鉄板の人達"を並べてみました。
Myboard5
15人いるので、勿論システムなんて無いです。

まぁこうしてみると、やっぱり前線の選手が偏ってるんだな、と。
つまり評価基準として明確な「得点」や「アシスト」があるので、選ぶ側も選びやすいし被る確率も上がるんじゃないかと。
そのわりにセリエやブンデスでは得点王がノミネートされてなかったですがね。

SBに選出者がゼロなのは、評価のしにくさ(分散さ)と同時に現状世界で抜きんでた存在が居ないってのを物語ってる気もします。

ってな訳で終了ーーーーーーーーーー!!


                

|

« 14-15バルサ総括 | トップページ | セレッソ×トリニータ 2015 J2 第21節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14-15シーズン 各国リーグ振り返り:

« 14-15バルサ総括 | トップページ | セレッソ×トリニータ 2015 J2 第21節 »