« アトレティコ×バルサ 15-16 Liga 第3節 | トップページ | チェルシー×アーセナル 15-16 プレミア 第6節 »

2015年9月14日 (月)

インテル×ミラン 15-16 セリエ 第3節

インテル 1-0 ミラン

【得点】
グアリン(58分)

【メンバー】
インテル(4-3-2-1):ハンダノヴィッチ、サントン、メデル、ムリージョ、ジュアン(68分、アレックス・テレス)、フェリピ・メロ、グアリン、コンドグビア、ヨヴェティッチ(72分、パラシオ)、ペリシッチ(85分、ラノッキア)、イカルディ(C)
SUB:

ミラン(4-3-1-2):ディエゴ・ロペス、アバーテ、C・サパタ、ロマニョーリ、デ・シッリョ、モントリーヴォ(C)、クツカ(72分、ポーリ)、ボナヴェントゥーラ、本田圭佑(81分、チェルチ)、バッカ(62分、バロテッリ)、ルイス・アドリアーノ
SUB:アッビアーティ、ドンナルンマ、メクセス、アレックス、エリー、カラブリア、デヨング、スソ、ノチェリーノ

【感想】

・今季も凡戦のデルビー
・ファウルが多すぎる
・バロテッリの別格な存在感

って試合でした。


Myboard_2


Myboard1_2

■試合前の状況

2連勝中のインテルと1勝1敗のミラン。
第3節で早くも巡ってきたミラノデルビーです。
昨季の対戦は2試合とも引き分けやったから、今季こそ決着を!


■システムとかスタメンについて

どちらも守備的MFを3枚並べる布陣。
インテルは、その前のイカルディ、ヨベティッチ、ペリシッチが比較的流動的なポジショニング。
↑の図は便宜上1トップ2シャドーみたいな感じで書きましたがね。
ヨベティッチがFWの時もあれば、ペリシッチがWGの時もあったし、イカルディが中盤に居た時もあった。

逆にミランは本田が「10番」のポジションに構えて、前の2トップを使うイメージ。
ほぼそんな感じやったね。


■なんとなく前半終了

ルイス・アドリアーノに3回ぐらいチャンスありましたが、決まらず。
まぁビッグチャンスって程でもなかったけどね。
GKが止めたやつもありましたが、ファインセーブって程でもなかったし。

インテルは2戦連発中のヨベティッチが好調っぷりを感じさせたものの、それなり。
ミラン以上に決定機は無し。

ミランもモントリーボの中長距離パスに頼りすぎやし。


■グアリン砲炸裂

さて後半。
あまり期待しないまま始まりましたが、案の定な展開。
そりゃぁ両チーム共にメンバーも代わってないし、戦い方も変えてこなかったしね。

そんな中、コロンビア人の左足が火を噴きました。
前にシュートコースがポッカリ空いた所を見逃さず、ミドルをズドン。
グアリンなら決めるよね、こういうの。
という得点でした。

ってか「コロンビア人」って書いたけど、この試合コロンビア人4人もおった。
ムリージョ、サパタ、グアリン、バッカってな具合にね。
総じて皆さん良いプレーしてましたよ。


■大ブーイングの中バロテッリ登場

やっぱりインテリスタからは嫌われてるんですね(^_^;)
1点を追いかける展開で、ミハイロビッチが最初に切ったカードはバロテッリでした。
※ミハもインテリスタからは、やっぱり嫌われてるんかな~?

リバポでの「失敗」を経てミランへ1年で復帰したマリオ。
ミラン最終年もそれほど良くはなかったし、個人的には「もう終わった選手」でした。
だから大して期待もしてなかったんですが、別格でしたね。
ピッチの中で完全に別格でした。
今日だけなのか、はたまた今季はこういう感じでシーズンを過ごせるのか定かではありませんが。
サンシーロの雰囲気を変え、ミランへペースを呼び込みましたよ。

惜しいミドルも数本あったし、得点の臭いもプンプン。
特に何も出来なかった極東の「10番」とは違い、真のエース・本当の「10番」とはこういう選手の事を言うんだろうな、と思いました。


■インテル逃げ切り

そんなバロテッリの活躍もあり、ミランが得点を取る雰囲気が続いた終了間際。
マンチーニは得意の「引きこもり戦法」を発動し、5バックを導入。
ベンチ生活のキャプテン・ラノッキアの意地のディフェンスもあり、何とか完封で終える事が出来ました。
DFラインの前でゴンドグビアがボールを奪える、持ち出せる、ってのも大きかったね。


■試合が止まる止まる

そんな感じで今季最初のミラノデルビーは終了。
まぁ全体を振り返ってみると凡戦感は否めない。
昨季の8位と10位。
つまりヨーロッパの中でも中流国に成り下がったセリエAの中でも更に中位同士の対決、って考えれば当然と言えば当然か。

なんせね、ファウルが多いのよ。
良い風に言えば「激しいデルビー」なんでしょうが、悪く言うと「雑な守備」です。
フェリペ・メロを筆頭に荒い選手多いからな~。
ジュアンとかアバーテとか不要なファウル多いし。
余計なプレーで笛が鳴って試合止まるからリズムも産まれなく凡戦って事になるんですよ。

まぁとりあえずインテルは開幕3連勝という事で上々のスタートになったかな。
大量補強した新戦力が噛み合い、マンチーニの結果至上主義なスタイルがマッチすれば、今季こそCL圏内ぐらいは入れるかな?


       

|

« アトレティコ×バルサ 15-16 Liga 第3節 | トップページ | チェルシー×アーセナル 15-16 プレミア 第6節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インテル×ミラン 15-16 セリエ 第3節:

« アトレティコ×バルサ 15-16 Liga 第3節 | トップページ | チェルシー×アーセナル 15-16 プレミア 第6節 »