« バルサ×バレンシア 15-16 Liga 第33節 | トップページ | バルサ×ヒホン 15-16 Liga 第35節 »

2016年4月21日 (木)

デポル×バルサ 15-16 Liga 第34節

デポル 0-8 バルサ

【得点】
スアレス4(11分、24分、53分、64分)、ラキティッチ(47分)、メッシ(73分)、バルトラ(79分)、ネイマール(81分)

【メンバー】
デポルティボ(4-4-2):マヌ、ラウレ(C)、シジネイ、F・ナバーロ(58分、ファジル)、ファンフラン、モスケラ、ボルヘス(70分、ホナス・グティエレス)、アレックス・ベルガンティニョス、カニ(59分、フェデ)、ルーカス・ペレス、オリオル・リエラ
SUB:プレティコサ、マヌエル・パブロ、ルイシーニョ、J.ロドリゲス

バルセロナ(4-3-3):ブラボ、ダニエウ・アウヴェス、バルトラ、マスケラーノ、ジョルディ・アルバ(70分、アドリアーノ)、ブスケッツ(71分、ラフィーニャ)、ラキティッチ、イニエスタ(C)(59分、セルジ・ロベルト)、L・スアレス、メッシ、ネイマール
SUB:シュテーゲン、ドウグラス、アルダ、ムニル
怪我:ヴェルメーレン、マテュー、サンドロ
出場停止:ピケ

【感想】

・遂に連敗脱出。ついでにゴレアーダ
・緩々だったデポルに救われる
・スアレスが4ゴール3アシストの無双ぶり

って試合でした。

Depol


Barca


■試合前の状況

未だ首位とはいえ、Liga3連敗中のバルサ。
遂にはアトレティコに並ばれ、マドリーとも1ポイント差。
もはや「おしりに火が点いた」なんて状態は過ぎ、クライシスの影すら迫ってます。

そんなバルサの今日の相手はデポル。
順位的には「ザ・中位」。
EL圏内にも届かないけど残留争いにも巻き込まれていない「ザ・中位」です。
この時期にこういう相手と戦うのは、ある意味楽なんですが前節バルサが負けたバレンシアも「ザ・中位」。
何にも縛られずプレッシャーなく戦える、という利点が発揮されちゃうとメンドーではあるのが「ザ・中位」の特徴か。
こういう相手には、「早めにゴールを奪い勝負を諦めさせる」というのが常套手段ですが、果たして今のバルサにそれが出来るのか!?


■バルサのスタメンについて

また殆ど同じスタメン。
変更箇所は2つ。
ダニがレギュラーポジションに戻ったのと、ピケ出場停止によるバルトラ。
(なんと8試合ぶりの出番)
つまりルーチョの意思で代えたのは実質1ヶ所のみ。
前節負けはしたけど内容に向上の兆しが見られた、ってのを拠り所にしたいんかな。

色々騒動があったネイマールは、外すべきやったと思うけどねぇ。
ルーチョとしては心中覚悟の先発メンバー選定か?
これで負けたらホントのホントに終わり。
でも正直負ける予感がプンプンしてる。

今の勢いがどうとか、チーム状態がどうとか関係なく「中2日での試合」ってだけを考えても代えるべきやと思うねんけどなー。
いつまで「負けてるメンバー」を引っ張るのか。

余談としては、ベンチ外が定位置だったドウグラスがベンチに入り、逆にアレイシがベンチ外へ。
右SBの序列に変化?


■待望の先制点

喉から手が出るほど欲しかった先制点をゲットする事が出来ました。
ラキティッチのCKから、スアレスがGKの前で合わせるファインゴール。
だったのですが、リプレイで振り返るとスアレス完全に手で押しとるなぁ(苦笑)
ファウルでノーゴール、ってなっても違和感なかったゴール(^_^;)
またアンチが「審判買収」って騒ぎ出すんでしょうが、まぁクレとしても誤審だったのは認めるよ。

というラッキーゴールでバルサが先制。
また先に失点でもした日にはズルズル行くのが目に見えてたので、これは大きかった。
バレンシア戦のように不運な失点する事もあれば、今日みたいなラッキーもあるって事よ。

何にしても10分足らずで取れたのがGood。


■連携から産まれた2点目

2点目は正真正銘のゴラッソやったね。
メッシの完璧なスルーパスに、スアレスがバッチリなタイミングで反応出来ました。
このシーン以外にもMSNの連携でゴールに迫る場面があったから、兆しはあったのよ。
なので「取るべくして取れたゴール」とも言える。
チャンスも2点以外にもあったし、リズムはそれなりに良かった前半。
スアレスはハットトリックのチャンスあったよね。
ありえないシュートミスとかもあったし(苦笑)

ってかデポルの弱さに助けられた?
デポルにも決定機はあり、2点ぐらい彼等も取るチャンスあったからね。
しかしながらシュートミスってたし、そもそもの動きも重い感じでした。
明確な意図も感じない戦い方で、なんとなく45分間すごしてた印象。
今の不調なバルサにとっては、非常にありがたい戦い方してくれたよ。


■後半早々のゴールで決まり。以降ゴレアーダへ

ネイマールの溜めからスアレスが絶妙に逆サイドへ振って、最後はラキティッチがドフリーでダイレクトシュート。
後半も始まってすぐ、決定的な3点目が決まりました。

以降デポルDFの集中力は完全に途切れ、バルサもといスアレスがやりたい放題の独壇場へ。
最終的には、取りも取ったりの8ゴール。
今季の公式戦の中でも最多のゴールを記録した圧勝劇となりました。


■ありがとうデポル

絶不調状態のバルサでしたが、今日はデポルに救われた。
特にDFの甘さ。

ライン高いわりにはプレッシャーも激しくなく、対人も強くない。
ガラ空きのDFライン裏をメッシは好きなように遊べましたよ。
2点目と4点目なんて、正にそのパターンやったよね。
バルトラのドリブル突破許して失点したシーンなんかも、もうザルザルやったもんな。

そして攻撃面でも不発。
チャンスは作ってたのに、最後が甘い。
前半のチャンス決めていれば、もっと競った試合になったのにねぇ。


■これをキッカケに

5試合ノーゴールだったネイマールにも、ようやくゴールが産まれたし。
これまで不遇をかこってたバルトラも自信つけるプレー出来たし。
(しかもゴールまで)
アドリアーノやラフィーニャも久々に使えたし。
(アドリは約2ヶ月ぶり)
イニとアルバとブスケも少しは休ませられたし。

なんというか、ホントに起爆剤になる白星になったら良いんですけどね。
試合前に心配してた通りに、内容としてはまだまだ全然ダメだったので。
今日はデポルが相手だったから勝てた、それだけ。
そして1点目の誤審にも助けられた。
そういう揺れ動く要素があっての勝利でしたから。

バルサ自身も、最も底だった頃よりは復調してるのも事実やけど。
まだまだ今日の内容じゃアトレティコにも勝ててなかったし、クラシコでも負けてたでしょう。
相手次第、の要素が多分にあるのよ。

だからね、例えば次の試合で負けても全く不思議じゃない。
逆に今日の勝利で勢いが戻り、この後ね連勝で優勝まで行けたらデポル様々ですよ。
その時はデポルと今日の1点目を認めた審判に感謝感激雨あられですよ。

それぐらいに未だチームは薄氷の上を歩いております。

また数日後に試合があるというLigaの過密スケジュール。

ルーチョよ、次の試合でこそ真のリアクションを見せなければいけませんぞ!!

           


|

« バルサ×バレンシア 15-16 Liga 第33節 | トップページ | バルサ×ヒホン 15-16 Liga 第35節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デポル×バルサ 15-16 Liga 第34節:

« バルサ×バレンシア 15-16 Liga 第33節 | トップページ | バルサ×ヒホン 15-16 Liga 第35節 »