« グラナダ×バルサ 15-16 Liga 第38節 | トップページ | 15-16バルサ総括 »

2016年5月22日 (日)

バルサ×セビージャ 15-16 国王杯 決勝

バルサ 2-0 セビージャ

【得点】
アルバ(97分)、ネイマール(120+2分)

【メンバー】
バルセロナ(4-3-3):テア・シュテーゲン、ダニエウ・アウヴェス、ピケ、マスケラーノ(36分、退場)、ジョルディ・アルバ(119分、セルジ・ロベルト)、ブスケッツ、ラキティッチ(HT、マテュー)、イニエスタ(C)、L・スアレス(57分、ラフィーニャ)、メッシ、ネイマール
SUB:ブラボ、アルダ、アレイシ・ビダル、ムニル

セビージャ(4-4-2):セルヒオ・リコ、マリアーノ(80分、コノプリャンカ)、ラミ、ダニエル・カリーソ(120+1分、退場)、セルヒオ・エスクデロ、クリホヴィアク、バネガ(90+1分、退場)、コケ(C)、ビトロ、ガメイロ、イボーラ(106分、ジョレンテ)
SUB:ベト、パレハ、レジェス、クリストフォロ、クーロ・サンチェス

【感想】

・試合を決めたメッシ、そしてイニエスタ
・審判が残念でなければ、もっと面白い試合だった
・セビージャも強かった

って試合でした。

Barca


Sevilla

■試合前の状況

両チーム共に、これが今季最終戦。
勝って、笑って終わりにしたいのは、どちらも望む事でしょう。

日程的にはセビージャが不利。
数日前にELのファイナルを戦ったばかりやからね。
でも優勝を決めてきたので、疲労度を充実度が上回るのか!?


■バルサのスタメンについて

今日も鉄板の11人。
これで3試合連続。
まぁ今日は正真正銘のファイナルやけど、Ligaも終盤は毎試合ファイナルみたいなもんやった訳で。
しかもCL無くなって以降は日程的にも楽になったから、ローテする必要も無く。
この鉄板イレブンが出続けるのは当然と言えば当然ではある。

ちなみに、今季最終戦やけど偶然か必然か怪我人は0。
去年もユーベとの決勝の時は誰もケガしてなかった記憶あるけど、これはスタッフの功績かな。


■白熱の前半

セビージャからは、やっぱり疲れが感じられず。
これがEL優勝の勢いか。
非常にダイナミック。

チャンスの数は五分五分やったかな?

バルサはイニエスタがキレキレ。
超絶技巧でセビージャを寄せ付けず
スアレスに出したパスからのチャンスが1番大きかったかな。

セビージャもコケの決定機など、チャンスはあった。
そしてゴールキックからのロングボールという1本のパスで、マスチェの退場を誘発。
マスチェはガメイロのシャツを完全に引っ張ってたので、判定は間違いではなかったと思う。
ただ審判によっては、競り合いの中でのプレーなので「ファウル無し」と判断する人も居たでしょうけど。

これで与えたFKからのバネガのシュートも惜しかった。
テアパラドン。
あれ決められてたら、一気にワンサイドゲームになった可能性もあったので、テアナイス!

10人になったバルサやけど、CBは補填せず。
ブスケが基本的には1列下がり対応。
流石にMSNは外されへんか。
って事で、ブスケ&イバン&イニの3人で中盤からDFラインまでカバーするという強行布陣に。
バルサらしいと言えば、バルサらしいけどね(苦笑)

後半どうなるかは全く読めんな。
どっちに転がっても不思議じゃない試合やわ。


■スアレスも欠き、試合は一方的に

バルサらしい采配、とルーチョを褒めた前半は何だったのか。
ハーフタイムに怖じ気づいたのか、マテュー投入。
しかも中盤のダイナモ・ラキティッチを外すという愚策。
(こういう時に被害者になるのは、毎回イバン)
そりゃぁMSNは外されへんし、今日のイニは神やし、ブスケは最悪CBも出来るし、ってなるとイバンしか選択肢が無いのは理解出来るけど・・・。

で、泣きっ面に蜂じゃないけど、更なる不運がバルサを襲う。

スアレスが負傷離脱。。。

これにより、バルサのゲームプランは完全に崩れ、試合はセビージャが攻め続けるという一方的な展開に・・・


■バルサの不器用な戦い方

去年のバルサは「ポゼッションじゃなくカウンターサッカーや!」と揶揄されたりしてましたよね。
でもね、結局バルサはポゼッションのチームなんですよ。
縦ポンだけでチャンスを作る事も勿論可能ではある。
でも所詮それはオプションでしかなく、「カウンターに専念してね★」って言われても専念なんて出来ないチームなんです。

それが確信に変わったのが、今日の後半。
ホントに何も出来なかったからね。

数的不利になっても、ロングボールだけで攻める事が出来るチームだったら、そこまでダメージは少ないんですよ。
そういうチームが所謂「数的不利を感じさせなかった」みたいな事を試合後に言われるチームなんです。
でもバルサは基本的には「手数をかけて攻撃を完成させるチーム」なので、4-4-1でメッシ最前線、という布陣では中々戦えない。
Barca2

だから結果的には攻撃も守りも中途半端になっちゃって、ひたすらセビージャの圧力を受け続けるという後半45分間になりました。

うん、こういうチームやねんから、それはしゃーない。
責める事は出来ない。
(強いて責めるとしたら、マテュー入れて中途半端に守ろうとしたルーチョ采配やな)


■頑張るピケ

いつ失点しても不思議ではなかった。
そして1点奪われたら、2点3点と取られるだろうという事も安易に想像出来た。
数日前のリバポの様に、ピッチに平伏す事になるのだろうと思って観てました。

でもバルサは耐えた。
バネガのポスト直撃シュートも、クリホヴィアクの決定機も正直やられたと思った。
でも最後の最後で、踏ん張った。

その中での一番の立役者は、ピケかな。
今日のピケは良かった。
珍しく良かった(苦笑)
最終局面で身体を張って、非常に頼りになるDFリーダーやった。

テアもブスケも頑張ってたけど、やっぱり貢献度が一番高かったのはピケでしょう。
このパフォーマンスを次からも継続してくれ!って思ったけど、今日がシーズン最終戦なのよね。。。


■イーブンになり延長戦へ

バルサが勝つとしたら、PK戦しかないかな。
守って守ってPK戦に持ち込むしかないかな。

そんな事を考えていた後半45分間。
それぐらいにバルサからは得点の臭いがしなかったのよ。
まぁPK戦になって勝てる確率も低いけど(苦笑)
今季のバルサほどPK失敗してるチームは無いからねwwww

と、いうような状況が変わったのは後半ロスタイム。
ネイマールがバネガのファウルを誘発し、バネガたんは1発退場でピッチを後に。
これでようやくイーブンの状態になりました。

今日の審判は、ハッキリ言って下手糞で出す必要の無いイエローカードとか一杯出してたと思う。
(結果的にイエロー12枚。 退場者3人。 無茶苦茶や!!)
でもバネガのロハに関しては、正確なジャッジやったな。
直前にもバネガとネイマールが競り合った場面があって、そこはネイマールのシミュレーション取られたんですよ。
だからバネガ的には多少荒く行ってもセーフやろ、みたいなテンションになってたかもですね。

まぁバルサとしては後半45分耐えた後だっただけに、希望が産まれた延長戦。
数的同数で戦える、ってだけでもプラスに思えてきたのよ。


■これがメッシだ

アルバのゴールが決まった瞬間の現地実況
「ネイマーーーール!!」

これが全てでしょ。
何故そこにアルバが、って事ですよ。

でもこれはクレにとっては馴染み深いプレー。
かつてのクラシコでもアビダルが同じようなゴールを決めてますからね。

中央のメッシからDF裏への浮き球スルーパス。
そこへ左SBが駆け上がってフリーとなりゴールを陥れる。

いつぞや観た光景ですよ。
そして、DFとしては分かってても止められないって事なんですよ。

アルバは今季公式戦ノーゴールでしたが、大事な大事な得点がこういう重要な場面で飛び出しました。
ベリーグッドやわ。

そして、トドメのゴールもメッシから。
これまたDFライン裏へ通す絶妙なスルーパス。
ネイマールは後は流し込むだけでしたね。
中央のラフィーニャもフリーで待ってたし、プレゼントパスしても決まってたゴールでしょう。
つまり非常に余裕があったゴールという事です。

今季のメッシは確かにゴール数は減りました。
でもこういう大事な所で試合を決めるのは、やっぱりメッシなんですよ。
コパの王様ですよ、やっぱり。


■セビージャ力尽きる

延長になってからのチャンスは、むしろバルサの方が多かったからね。
レオのFKも惜しかったし、ピケのヘッドも決まったと思った。
ダニのミドルなんかもあったな~。

ジョレンテ入れて高さ勝負というアクセントを付けてきたエメリでしたが、その策は上手くいきませんでしたね。
やはり後半の45分間でケリつけられなかったのが、アカンかったという事でしょう。
でも本当に最後まで戦ってたし、グッドルーザーですよ。
EL王者、伊達じゃないわ。


■総括

という事で、バルサが28回目の戴冠。
ビセンテ・カルデロンの地でドブレーテ達成です。
今日のMOMは間違いなくイニエスタやな。
↑で褒めたメッシも良かったけど、イニは別格すぎた。
化け物すぎた。
なんじゃそれ、ってプレー連発で誰も止められなかったね。

はい、普通に考えれば成功のシーズン。
でも去年のトリプレーテと比較すると、やっぱり物足りないって感じてるクレも少なからずはいるでしょう。
毎年毎年3冠なんて無理、って頭では分かっててもね。

あと4月序盤の「5試合で1勝4敗」という泥沼時期のダメージが精神的に残ってるのもあるかな。
そこから6戦全勝26ゴール無失点というリカバリー能力は発揮したとはいえね。

まぁそのあたりの総括は別途ブログ記事立ち上げますよ、今季も。
1年間お疲れ様でした。

思えば今季の公式戦開幕もセビージャ戦(欧州スーパー杯)。
そして最終戦も今日のセビージャ戦。
そんでもって、両方とも延長戦までもつれ込むという。
なんとも奇遇なシーズンになったなぁ。
ちなみにバルサの来季公式戦開幕もセビージャである事は既に決定済み(スペインスーパー杯)。
まぁクラシコ祭りになるよりは、精神的には楽やからエエけどねw


            

|

« グラナダ×バルサ 15-16 Liga 第38節 | トップページ | 15-16バルサ総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルサ×セビージャ 15-16 国王杯 決勝:

« グラナダ×バルサ 15-16 Liga 第38節 | トップページ | 15-16バルサ総括 »