« ユナイテッド×チェルシー 16-17 プレミア 第33節 | トップページ | バルサ×オサスナ 16-17 Liga 第34節 »

2017年4月24日 (月)

マドリー×バルサ 16-17 Liga 第33節

マドリー 2-3 バルサ

【得点】
M:カゼミーロ(28分)、ハメス(86分)
B:メッシ2(33分、90+2分)、ラキティッチ(73分)

【メンバー】
レアル・マドリード(4-3-3):ナバス、カルバハル、ナチョ、セルヒオ・ラモス(C)(77分、退場)、マルセロ、カゼミーロ(69分、コヴァチッチ)、モドリッチ、クロース、ベンゼマ(82分、ハメス・ロドリゲス)、ベイル(40分、マルコ・アセンシオ)、C・ロナウド
SUB:カシージャ、ダニーロ、イスコ、モラタ

バルセロナ(4-4-2):テア・シュテーゲン、セルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、イニエスタ(C)、ラキティッチ、パコ・アルカセル(69分、アンドレ・ゴメス)、メッシ、L・スアレス
SUB:シレッセン、マスチェラーノ、ディーニェ、デニス、アルダ、アレニャ

【感想】

・He is the best
・両GKパラドン祭り
・守備は緩く撃ち合い上等

って試合でした。


Myboard_30


Myboard1_31

首位マドリーと2位バルサ。
勝ち点差3の状態でのクラシコです。

バルサは逆転優勝を狙うなら絶対に勝ち点3が必要な試合。
一方のマドリーは消化も1試合少ないので「実質6pt差」と考えれば俄然有利な状況。
引き分けでもOKでしょう、残り試合数を考えても。

直前のCLではマドリーが勝ち抜き、バルサが敗退と明暗が分かれています。
それも含めて、今日マドリーがエンパテ以上の結果を残したらLigaも決着、バルサのエンリケ政権も事実上終焉となるでしょうね。

と、まぁそんな大事な試合で違いを作ったのはメッシ。
やはりメッシでしたよ。
試合終了後、現地実況が「He is the best...」と呟いてましたが、ホンマそれやで。
ロナウドとの圧倒的な違い、というよりは全世界、もとい歴史上のフットボーラーと比べてもベストでしょう。
もう間違いないね。
ロスタイム、最後の最後のワンプレーであのコースを貫くシュート精度よ。
類い希すぎるやろ。

1点目もハンパなかったけどね。
カルバハルがボールを狩りに行って空振りしててんけど、彼とて一流プレーヤーな訳ですよ。
天下のレアルマドリーのレギュラーDFな訳ですからね。
そんな彼のプレーが滑稽に見えてしまう程にレオのプレーは異次元だったという事です。

カゼミーロも審判の助けが無ければ、メッシへのタックルで退場してたでしょう。
セルヒオラモス?
あれは論外ですよ。
あのプレーはメッシ云々かんぬんじゃなくて、駄目すぎる。
両足タックルで足裏見せてるんですから当然レッドやで。
何を不満そうに、達観したかのように審判に拍手してたのか意味わからん過ぎる。
少しは大人になったと思ってたラモス君やけど、いや~流石はマドリーのトップレッドカードコレクターやわ。

えー、メッシへの讃辞だけでレポを閉じても良いのですが試合全体も振り返ってみますか。
トータルで考えれば五分五分やったかな。
エンパテが妥当な結果やったとは思う。
どちらも守備の事をそれほど考えてないようなプレーぶりで、殴り合いな試合でした。
なのでGKの出番は自然と増える。
両者5、6点入ってても不思議ではないぐらい決定機はありましたが、結果このスコアに落ち着いたのはポルテーロの活躍があったから。
「これは入ったやろ」ってのバシバシ止めてましたからね。
ピケですら2点は取るチャンスあったし。

バルサは4-4-2の守備ブロックを作ろうとしてましたが、それが守備の改善には繋がらず。
逆にパコの中途半端なポジショニングが危うさを招いていたような気も。
パコは千載一遇だった決定機も決められず、今季はハマらないまま終わりそうやね。。。。

マドリーは、序盤ロナウドとベイルがポジションチェンジを繰り返したサイドアタックを敢行してリズムを掴んでました。
ガラスのベイルが壊れて負傷交代してからも、アセンシオが遜色なくプレー出来てたので強みは変わらず。
ただ今日はロナウドが決められない日やったね。
大一番でメッシとの違いが出ちゃいましたわ。

ラモス退場後は、ナチョの1人CBでコバチッチやクロースがフォローに入る体制になってました。
当然穴だらけの守備やってんけど、そこから同点に追いついたのは大したもの。
ハメスがクラックとしての意地を見せましたね。
そしてリスクを背負って前に出ていたマルセロとクロースの意識もゴールに繋がった要因でしょう。
ただ、それが裏目に出たのがロスタイムの失点シーン。
なので、フットボルって難しいよね。
最後の最後でセルジロベルトが、あそこまでエンジン全開のドリブルしてくるなんて想像もしてなかったやろうし。
うん、面白い試合でしたね。

さて、これで勝ち点は並んだ両者。
有利なのは1試合余分に試合出来るマドリーである事には変わりないねんけど、少しは流れが変わる予感もある。
それだけクラシコの勝利というのは大きいもんやしね。
それとマドリーにはCLの負担も益々かかってくるし。
わからんのちゃうかな、この後の展開は。


           


|

« ユナイテッド×チェルシー 16-17 プレミア 第33節 | トップページ | バルサ×オサスナ 16-17 Liga 第34節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マドリー×バルサ 16-17 Liga 第33節:

« ユナイテッド×チェルシー 16-17 プレミア 第33節 | トップページ | バルサ×オサスナ 16-17 Liga 第34節 »