« ベルマーレ×マリノス 2018 ルヴァン杯 決勝 | トップページ | フロンターレ×レイソル 2018 J1 第31節 »

2018年10月29日 (月)

バルサ×マドリー 18-19 Liga 第10節

バルサ 5-1 マドリー

【得点】
B:コウチーニョ(11分)、スアレス3(30分PK、75分、83分)、ビダル(87分)
M:マルセロ(50分)

【メンバー】
バルセロナ(4-3-3):テア・シュテーゲン、セルジ・ロベルト、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ(C)、ラキティッチ、アルトゥール(84分、ビダル)、L・スアレス、ラフィーニャ(69分、ネルソン・セメド)、コウチーニョ(74分、デンベレ)
SUB:シレッセン、チュミ、マウコム、ムニル
怪我:ウンティティ、ヴェルメーレン、メッシ

レアル・マドリード(4-3-3):クルトワ、ナチョ、ヴァラン(HT、ルーカス・バスケス)、セルヒオ・ラモス(C)、マルセロ(82分、マリアーノ)、カゼミーロ、モドリッチ、クロース、ベンゼマ、ベイル(78分、マルコ・アセンシオ)、イスコ
SUB:K.ナバス、オドリオソラ、バルベルデ、ダニ・セバージョス

【感想】

・結果的には余裕の勝利
・マドリーはクライシスモード
・MOMはスアレス

って試合でした。

Myboard


Myboard1


超久々にバルサの試合を90分観た。
いつ以来かな、って記録を見たら去年のベルナベウクラシコ以来でした。
つまり約11ヶ月ぶり。
こんなに長い間バルサの試合を観てないなんて、、、
ちょっと前の自分では考えられない事態です。
ダイジェストは欠かさず何とか観てるけどなぁ。。。

なので、そんなに状況を把握しているとは言えない。
リザーブのチュミって誰やねん、ってLV。
慌てて調べたら、バルサBのセントラルでした。
ウンティティもヴェルメーレンも怪我やからCBの控えおらんもんな確かに。

マドリーの状況も調べてみた。
9月末から先週までの公式戦5試合で1分4敗と絶不調やったのね。
Ligaでも既に3つも負けてて8位と低迷。
まだ9試合しかしてないのに3敗やからね!!
フルシーズンでも3敗すらしなかった事もあるチームが、ですよ。

おう、こりゃ確かに「ロペテギにトドメを刺そう」とクレが滾ってる理由も解るわ。

まぁその程度の予備知識で前半キックオフ。
うん、マドリー弱いね。
ビックリするぐらい弱い。
何も出来てない、何の迫力もない。
いつぞやのマニータクラシコや、伝説の「2-6」みたいにバルサが良すぎてって意味じゃなく
純粋にマドリーが弱くて何も出来てない。
ちょっとビックリ。
こりゃCSKAやアラベス、レバンテにも負けて当然やわ。
あのエルブランコと戦ってるのじゃなく、Liga8位の中堅チームと戦ってると考えれば自然な試合展開ではあるねんけどね。

先制点の崩しも、2点目のPKに繋がった崩しも「いとも簡単に」と言って良いぐらい余裕を持って崩せた。
(PK判定は、あんなんVARのチカラ借りずとも間違いなくPKやのにね。バラン思いっきり蹴ってるやんw)
45分間なにも出来なかったマドリーに対して、バルサは余力すら残していた。
アルバ素晴らしかったね!!
こりゃマニータもあるで、と誰しもに思わせる感じでハーフタイム突入。

そんな油断が災いしてか、後半開始早々に1点返される。
んでもって、その後もモドリッチにポスト直撃シュート喰らったりとヒヤヒヤさせられる展開。
余裕かましすぎた罰やなぁ。
後半からナチョ - カゼミロ - ラモスの3バックシステムに代えてきたロペテギですが、それがハマったというよりはバルサの怠慢からくるものやったと思う。
バルベルデは、まだまだそんな上手く手綱を握ってない印象。
だから、この展開でバルベルデがどう立て直してくるのか楽しみにみてたのですが、特に目立った有効策は無し。
結果的にはセメドとデンベレ入れてから得点が産まれてるので、それが当たったみたいにも見えるけどね。
でも、それが当たったというよりは何か自然に選手が立て直した印象やなぁ。
あとマドリーの地力の無さね。
二の矢、三の矢は無かったもんな。
アセンシオなんて、もっと出来る選手やのに(使われ方が)勿体ない。

あとはスアレスがスーパーやったから。
セルジロベルトのクロスを受けてのヘディングなんて、あれ簡単じゃないよ。
それからハットトリックとなったチップキック。
ミスしないよね、ああいう場面で。
直前にボール失ったセルヒオラモスとは大違い。
そして大事な所を決められなかった相手の9番とも大違い。
決める所をしっかり決める大事さ、ってあるからね。
メッシ不在だからこそ、余計に重要度が増した。

実際今日はマドリー駄目駄目やったけど、あのモドリッチのシュートがポストに嫌われてなかったら、どうなってたか分からんから。
勝負って恐いわ。
だからこそ、ゴレアドールの価値が高まるんやろうけど。

最後にはビダルにも嬉しいゴールが産まれて5得点〆。
これでビダルも上手くハマっていけば、何よりなクラシコになるな。
ラングレやアルトゥールといった新戦力もソツなく戦えてたし。
アルトゥールは、やっぱチャビに似てるなぁ。
馴染みすぎてて笑える。

この結果により、首位バルサと9位にまで下がったマドリーとのポイント差は7に。
こりゃロペテギ解任も既定路線になるやろな。
ラロハから あんな別れ方をしてから約半年。
マドリーからもアディオスとなり、どうするロペテギ!?
クレ的には、ずっと監督してくれててエエんやで案件やけどねwww



|

« ベルマーレ×マリノス 2018 ルヴァン杯 決勝 | トップページ | フロンターレ×レイソル 2018 J1 第31節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルサ×マドリー 18-19 Liga 第10節:

« ベルマーレ×マリノス 2018 ルヴァン杯 決勝 | トップページ | フロンターレ×レイソル 2018 J1 第31節 »