« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月26日 (土)

札幌×川崎 2019 ルヴァン杯 決勝

コンサドーレ 3-3(PK戦4-5) フロンターレ

【得点】
C:菅(10分)、深井(90+5分)、福森(99分、直接FK)
F:阿部(45+3分)、小林2(88分、109分)

PK戦:
F:小林悠○、山村和也○、中村憲剛○、車屋紳太郎×、家長昭博○、長谷川竜也○
C:アンデルソン・ロペス○、鈴木武蔵○、深井一希○、ルーカス・フェルナンデス○、石川直樹×、進藤亮佑×

【メンバー】
北海道コンサドーレ札幌(3-4-2-1):クソンユン、進藤亮佑、キムミンテ、福森晃斗(C)(106分、石川直樹)、白井康介(73分、ルーカス・フェルナンデス)、荒野拓馬、深井一希、菅大輝(117分、中野嘉大)、鈴木武蔵、チャナティップ、ジェイ(58分、アンデルソン・ロペス)
SUB:菅野孝憲、早坂良太、岩崎悠人

川崎フロンターレ(4-2-3-1):新井章太、登里享平、山村和也、谷口彰悟(C)(96分、退場)、車屋紳太郎、田中碧、大島僚太(100分、マギーニョ)、家長昭博、脇坂泰斗(64分、中村憲剛)、阿部浩之(91分、長谷川竜也)、レアンドロ・ダミアン(73分、小林悠)
SUB:チョン・ソンリョン、奈良竜樹、下田北斗

【感想】

・歴史に残るシーソーゲーム
・内容を考えると順当な結果
・魂こもってたコンサドーレ

って試合でした。

Photo_20191027153001

いや~、現地で観てたんですがね壮絶な試合でしたね。
これは行って良かった。
たまたま東京に居たので埼スタ行ったこと無いし、折角なんで行ってみようぐらいの軽いノリだったんですが。
行ってなかったら後悔してたレベルの試合でしたよ。

内容的に圧倒してたのはフロンターレ。
チャンスの数が段違いでね。
前半だけでも3回枠に嫌われてましたから。
そんな当たる?ってぐらいに。
途中から笑けてきたもん。
ダミアンのチャンスなんかは、むしろ何故ポストに当たったの?ってぐらいにイージーやったし。

前半ダミアン、後半脇坂がビッグチャンス逃しまくってたね。
だから、その2人が代えられたって訳じゃないんやろうけど、その交代で小林悠と中村憲剛が出てくるねんから川崎の層の厚さたるや、って感じよね。
で、しっかり結果残すし。

小林悠のゴールが決まった時は、時間も時間やったし、その直前に鈴木武蔵がGKとの1対1外してたしで正直試合は決まったと思った。
「ストライカーとしての能力の違いが出た」みたいな纏め方になるんかな、って思ってた。
そしたら、まぁロスタイムもロスタイム、最後のワンプレーで同点ですからね。
めちゃくちゃ鳥肌立ったわ。
こんな展開あるんやと。
深井のヘディングは誇張する訳じゃないけどスローモーションで見えたからなぁ。

どんだけルヴァン杯と相性悪いねん、ってこの時は思いました。
川崎は過去4回ルヴァンファイナルで負けてるからさ。
今日も結局そうなるのかと。
5、6点取れるチャンスあったのに決められなかったのも、なにかのマイナス神通力なのかと。

そんな予想が確信に変わったのが、延長入って直後の谷口の退場劇。
これね、今日だけVARが導入されててね、それによってレッドカードになったんですわ。
最初はイエローやってんけどね。
ただこれは現場では家帰ってきてから見直してんけど、レッドじゃないよなぁ。
むしろノーファウルと言われても良いレベルのプレーでね。
なんでVTR見直した末にレッドと判断したのかは謎。

で、泣きっ面に蜂じゃないけど、このファウルで提供したFKを福森に決められてしまってね。
まぁ福森からすれば、いつも決めてるコースといいましょうか。
しょっちゅうあの角度からは決めてるもんなぁ~。
もう蹴る前から決まりそうな雰囲気あったし。
古巣相手でも容赦なしでしたわ。
当たり前やけどw

という事で川崎は10人になるわ、残り約20分で1点取らなアカンくなったわという絶望的な状況。
ムードも完全にコンサドーレやし。
ラストワンプレーで同点に追いつく→相手退場になる→逆転ゴールGETっていうバリバリコンサペースですから。

いや~、今度こそ決まった、って思いましたよ。
でもこっからフロンターレが追いつくんですわ。
1人少なくなったのに。
もうね、どんだけドラマティックやねんと。

ただ、悪い言い方をすればリードしてる側の戦い方がマズい面もあったよw
コンサは全く数的優位を上手く利用できてなかったからね。
何故1人多いのに、あんなに押し込まれてしまうねん?
慌てなくて良い場面でも慌てすぎやし。
それはリードする前もあってね、何回もGKから繋ごうとして危険な位置でボール取られてたのよ。
GKからビルドアップするという戦い方をしたい、としても何回も奪われてピンチ招いちゃってるのなら少し戦い方を変えるとかしないと・・・。

フロンターレもね、後半43分にリードしたのに、その後時間を使うような戦い方が出来てなかった。
選手交代枠も1つ余ってたので、交代で時間使ったりも出来たのにね。

PK戦はなぁ~。
フロンターレの煽り勝ちというか、フロンターレ側のゴール裏でやったから憲剛がサポ煽りまくって雰囲気作ってたよね。
家長も珍しく煽ってたし。
データがあるのかないのか不明やけど、自陣ゴール裏でやってるチームが勝つ確率の方がやっぱ高いんちゃうかな?
最後の進藤のキックなんて、雰囲気に呑まれてる感じありありやったもんね。
そういう意味ではベテラン新井を起用した鬼木采配はズバリと言えるのかもやけど。

って、事で色んな要素が絡み合っての凄まじい試合でした。
個人的には川崎はリーグ連覇してるし、地方クラブに夢があった方が良いという想いで札幌を応援してたので残念な結果ではあった。
初タイトル掲げる瞬間観たかったけど、フロンターレが戴冠してるの観てもジーーンと来たので、やっぱ決勝戦って格別やわ。
会場の雰囲気も良かったし、ヤマザキナビスコ色々と頑張ってるなーって感じた。
行って良かった。

 

 

           

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

サンガ×横浜FC 2019 J2 第37節

京都 3-0 横浜FC

【得点】
仙頭(2分)、宮吉2(22分、69分)

【メンバー】
京都サンガF.C.(4-1-4-1):清水圭介、安藤淳、牟田雄祐、本多勇喜、黒木恭平、レナン・モッタ(79分、上月壮一郎)、ジュニーニョ(59分、一美和成)、宮吉拓実(C)、中坂勇哉(66分、庄司悦大)、小屋松知哉、仙頭啓矢
SUB:加藤順大、田中マルクス闘莉王、冨田康平、湯澤洋介

横浜FC(4-2-3-1):南雄太(C)、北爪健吾(HT、皆川佑介)、伊野波雅彦、ヨン・ア・ピン、田所諒、松井大輔、田代真一、中山克広(76分、斉藤光毅)、レアンドロ・ドミンゲス、松尾佑介、イバ(69分、草野侑己)
SUB:竹重安希彦、齋藤功佑、武田英二郎、渡邊一仁

【感想】

・無敗記録が遂にSTOP
・伸び伸びサンガ
・ミスが痛かったフリエ

って試合でした。

Myboard_20191021020301

Myboard1_20191021020301

2位のフリエと6位のサンガとの一戦。
どちらも昇格争いしてるので、上位の直接対決ではあるねんけど状況は少し異なる。
18試合負けなしと好調を維持し続けてるフリエとは対照的にサンガは下降線状態。
なんせ、ここ9試合で5敗もしてる。
一時期は首位に立つなど絶好調だったからこそ、まだプレーオフ圏内に居られてるけどね。
このままズルズル負けがこめば、脱落していくだろうなぁ。

っていう感じだったので、崖っぷちだったのはサンガなのですよ。
そんなサンガがホームで意地を見せた、って試合でした。

結果が出てない最近の試合の中でもシステムを変え、選手を代え、ってしてきた中田"Twitter炎上"一三監督ですが、今日も今日とてガラッと変えてきました。
前節からは5人を変更。
その中でも最大の注目はレナン・モッタでしょう。
ここまで30分ぐらいしか出番が無かったらしいモッタが先発ですわ。
36試合も戦ってきて30分ぐらいしか出てないって、それ最早戦力外に等しかった訳でしょ。
そんな状態だったのにスタメン。
そして、私の目から見れば素晴らしい活躍をしてたのだからサッカーは分からないよねw

いや~、良いピボーテやん。
なんで出番無かったん?
パス捌くリズムも良いし、前線から最終ラインまでフォロー出来てたし。
1ピボーテの重責をしっかりこなしてたよ。

中田監督が欧州のモダン監督風なのは、モッタの1ピボーテのフォローの仕方よね。
通常アンカーが1枚だと、その脇のスペースを狙われるというのがあるあるパターン。
だから、ここをどう埋めてくるのかというのが注目ポイントやん。
で、中田一三はペップみたいにSBに埋めさせてたね。
右SBの安藤が時にダブルボランチみたいな位置取りでプレー。
正にバイエルンの時のラームですわ。
そして安藤が中に入っても、最終ラインは3CBの様な位置取りになって盤石。
右サイドのスペースもジュニーニョが幅を取ったポジショニングしてるから問題無し。

うん、ただのTwitter炎上監督じゃないな。

仙頭のCF起用も上手くハマってた。
宮吉との互換性も抜群で、ここの関係が上手くいったのが2点目のシーンちゃうかな。
どちらが上がっても、どちらが下がっても大丈夫というね。
中坂も相変わらずセンスあるし、ここのトライアングルは機能してたなぁ。
宮吉のシュート技術も抜群やったし。

フリエは事故的な1失点目は、まぁしゃーないやん。
ああいうのは、もうしゃーない。

だから、そこから奪い返すぞ!と頑張った矢先の2失点目。
そして後半の3失点目が痛かった。
後半も皆川入れて、配置も変えて、フリエペースになって、って所での失点やったからね。
チャンスは充分にあったし、内容的にも悪くはなかったと思うねんけど。
ことごとく取られるタイミングが悪かったなぁ。
1つでも決めていれば、また違ったんやろうけど。

ここまで18試合負けてないだけあって、失点しても慌てない貫禄は流石やったけどね。
直前の試合も大逆転勝利してるだけあって、なんか自信がみなぎってた。

だからこそ、サンガも最後まで油断せずに戦えたのかもしれん。

あと疲労度の違いもあったかな。
サンガは中6日やったけど、フリエは中3日やもんな。

あと豪雨ね。
ピッチコンディションに苦しめられてるシーンは、やはりホームよりもアウェイチームの方が多かった。

レドミもまだまだ元気やったし、松井もやっぱセンスあるし、中山、松尾、草野、光毅あたりの成長も素晴らしいからまだまだこれからですわ。
最後まで昇格争いは続くやろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


        

| | コメント (0)

ガンバ×フロンターレ 2019 J1 第29節

ガンバ 2-2 フロンターレ

【得点】
G:渡邉(5分)、倉田(65分)
F:大島(51分)、ダミアン(63分)

【メンバー】
ガンバ大阪(5-3-2):東口順昭、福田湧矢、高尾瑠、三浦弦太(C)、金英權、藤春廣輝(62分、スサエタ)、矢島慎也、井手口陽介、倉田秋(68分、高江麗央)、渡邉千真(87分、パトリック)、小野瀬康介
SUB:林瑞輝、菅沼駿哉、遠藤保仁、ダビド・コンチャ

川崎フロンターレ(4-2-3-1):新井章太、登里享平(69分、脇坂泰斗)、山村和也、谷口彰悟(C)、車屋紳太郎、守田英正(HT、田中碧)、大島僚太、家長昭博、中村憲剛(78分、下田北斗)、長谷川竜也、レアンドロ・ダミアン
SUB:チョン・ソンリョン、齋藤学、小林悠、知念慶

【感想】

・決定機を活かせなかったフロンターレ
・下がりすぎたガンバ
・怪我人続出

って試合でした。

Myboard_20191019184301

Myboard1_20191019184301

 

優勝争いに踏みとどまりたいフロンターレと、残留争いから抜け出したいガンバとの戦い。
結果的には、どちらにとっても痛いエンパテになりましたね。

前節は両者ともに5-0で勝ってるという状態だったので、0-0の引き分けみたいな結果にはならんだろうなと思ってたら案の定。
なんしか川崎はDFラインの台所事情が苦しすぎるしね。
今日も控えにDF登録の選手は無し。
つまり、先発で出てる4人以外にDFいないのよ。
だから多少の失点は仕方ない。
そんな中でも不運は続いて、今日は登里も負傷交代。山村も痛めて最後はCF起用。
大島と車屋の2CBで凌ぐというラストだったので、勝てなかったのも仕方ないでしょう。
これだけ満身創痍で1ポイント持って帰れたのは、ある意味上々。
やねんけど、もう優勝争いからは事実上脱落かな。

まぁ前線頑張れよ、って話よね。
家長が外しすぎたなぁ(苦笑)
チャンスを作る素晴らしさは卓越しててんけど、最後が決まらんかったなー家長。
脇坂も良いお膳立てしてたし、田中碧も良いリズム作ってたし、やっぱベンチメンバーにも良い選手が多い。
攻撃の層の厚さはハンパない。
だって齋藤学、小林悠、知念が出てない訳やからね。
他のチームやったらレギュラーやでw

ダミアンも身体の強さを活かしたゴールしかり、大島へのアシストしかり、特徴は出せてたなー。
大島もなんだかんだで巧いし。
前半もチャンス多かったけど、特に後半は圧倒しまくってたからね。
逆転も必然で、もっともっと取れたよ。
だから勿体ない引き分けではあるけど、あまり責められない引き分けでもある。

ガンバは小野瀬が頑張ってたね。
カズマの先制点に繋がったミドルも、VTRで見たら実際は入ってたし。
運動量豊富で最終ラインまでもしっかりカバー。
攻めでも守りでも効きまくってたね。

宮本が、もうチョットしっかり采配してたら勝ててた試合。
後半あんだけドン引きしてたら、「攻めてください」って言ってるようなもんでね。
そうなると川崎得意のパスワークが出ますよ、それは。
キレイな崩しされちゃいますよ。
キレイに崩せなくてもダミアンのパワーで押し切られちゃいますよ。
明らかに戦い方がマズかってんから、監督が動かないとねー。

スサエタのCF起用も意味不明やったし。
そういうタイプの選手じゃないで・・・。
それでもレベルの高さは魅せてたスサエタやったけど、なんか上手く使ってほしいなー。

残留するか降格するかは分からんけど、どうなったとしても来季は新監督で臨んだ方が良いと思うよ。
布部の二の舞になる気しかしないw

 

 

 


           

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »