« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月30日 (土)

フロンターレ×マリノス 2019 J1 第33節

フロンターレ 1-4 マリノス

【得点】
F:ダミアン(74分)
M:仲川(8分)、エリキ2(49分、69分)、遠藤(89分)

【メンバー】
川崎フロンターレ(4-2-3-1):チョンソンリョン、守田英正、山村和也、谷口彰悟、車屋紳太郎、大島僚太、田中碧、家長昭博、脇坂泰斗(54分、長谷川竜也)、阿部浩之(61分、レアンドロ・ダミアン)、小林悠(C)(79分、知念慶)
SUB:安藤駿介、登里享平、ジェジエウ、下田北斗

横浜F・マリノス(4-2-3-1):朴一圭、松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン、喜田拓也(C)、扇原貴宏、仲川輝人、マルコス・ジュニオール(58分、大津祐樹)(71分、渡辺皓太)、マテウス(81分、遠藤渓太)、エリキ
SUB:中林洋次、伊藤槙人、高野遼、広瀬陸斗

【感想】

・攻撃サッカー爆発
・折れてしまった川崎
・ほぼほぼ優勝確定

って試合でした。

Photo_20191130173801


マリノスにとっては大事な大事な場面で訪れてしまった神奈川ダービー。
今日勝って、他会場のFC東京が敗れれば優勝決定とはなるが勝ち点差は僅か1。
逆の展開になったら最終節は地獄を見るので油断も何も出来ない状況。

フロンターレは3位との勝ち点差が3なので目標はそこかな。
つまりACL圏内。
どこまで彼等がACLに魅力を感じているのかは知らんけど。
まぁホーム最終節やしね。
リーグ3連覇の夢は潰えたけど、良い感じで終わりたい所でしょう。

って感じやってんけど、マリノスの攻撃サッカーがスタートから爆発。
早々に得点したのもそうやけど、他にもチャンス作りまくってたよね。
前の4人の躍動感がエグい。
スプリントする時のダッシュ力が凄いのよ。
ここがチャンスや!と見た時のね。
だからこそ先制点みたいなラッキーゴールも産まれる。

仲川としては意図したシュートじゃないやろうし、クリアが"当たった"だけなんやろうけどね。
あの場所に居る事が重要やからなぁ。
彼としてはその後に訪れた2回の決定機の方をキッチリ決めたかったやろうけど、1点目も立派なゴールですよ。

マリノスの攻撃サッカーが一番分かりやすく伝わるのは2点目のシーンだと思う。
松原のスルーパスから抜け出したエリキがゴール、って流れやってんけど右SBの松原が中央でスルーパスを出しているという所がポイントよね。
松原はこのシーン以外でも度々ゴール前に顔を出していたので、なにもこのシーンが偶然って訳じゃないし。

マルコス・ジュニオールと大津が負傷交代してしまうアクシデントがあったにも関わらず終わってみれば4ゴールやからね。
優勝へのプレッシャーもなんのその。
自分達の良さを出しまくれた試合だったんじゃないでしょうか。

逆にフロンターレは2失点目あたりから心が折れてるように感じた。
持ち前のボールポゼッションの良さは出てたし、個々の選手の良さや、場面場面では強さも感じられたけど。
トータルとして「是が非でも勝ってやろう」みたいな気概は感じられなかった。
田中碧なんて、やっぱり凄い伸びてるのは伝わったけどね。

さてさて、今日の試合の結果どうなったのか。
マリノスの優勝はほぼほぼ確定しました。
ウラでFC東京が引き分けたからね。
最終節はマリノスのFC東京による直接対決っていう神日程やってんけど、その楽しみは半減してしまった。
マリノスは0-4で負けなければ優勝ですわ。
可能性はゼロじゃないけど、FC東京は非常に苦しくなった。
まぁ2試合連続エンパテしちゃってるから自業自得やねんけど。

ただ、バルサみたいに2年連続まさかの大負けでCL敗退みたいな例もあるから・・・。
マリノスも油断したらアカンで・・・。
満員になるであろう横国がどんな雰囲気になるかは楽しみやね。

 

 

 

 

 

 

 


               

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

FC東京×湘南 2019 J1 第32節

FC東京 1-1 ベルマーレ

【得点】
T:森重(90+4分)
B:松田(36分)

【メンバー】
FC東京(4-4-2):林彰洋、室屋成、岡崎慎、森重真人、小川諒也、髙萩洋次郎、橋本拳人、大森晃太郎(61分、三田啓貴)、東慶悟(C)(79分、ユインス)、ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑(68分、田川亨介)
SUB:児玉剛、オ・ジェソク、渡辺剛、アルトゥール・シルバ

湘南ベルマーレ(3-4-2-1):富居大樹、岡本拓也(C)、坂圭祐、山根視来(67分、大野和成)、古林将太、齊藤未月(61分、梅崎司)、金子大毅、鈴木冬一、松田天馬、山田直輝(84分、指宿洋史)、山﨑凌吾
SUB:秋元陽太、フレイレ、舘幸希、野田隆之介

【感想】

・執念の同点ミドル
・ファイトしてたベルマーレ
・堅かった東京

って試合でした。

Myboard_20191124103201

Myboard1_20191124103201

首位FC東京と16位ベルマーレという両極端なチームの対戦。
どちらも負けられない事には変わりないけど、優勝争いの高揚感と残留争いの焦燥感との違いは大きい。
よりプレッシャーがかかっているのはどちらなのか。
そういう試合でしたね。

損失で言えば優勝を逃すのとJ1を逃すのとでは、どっちが大きいんやろうね。
多分J2落ちする方がダメージはデカイやろうなぁ。

って事でベルマーレ頑張ってました。
パワハラ問題からの監督退任などJ2に落ちる要素満載のチームであり、実際現在6連敗中。
首位相手のアウェイ戦で勝てる要素なんて微塵も無いかと思いきや、簡単にそうならないのがフットボールの面白い所。
ハードワークする"湘南スタイル"は完全に戻ってはおらず、空回りの場面も目立ったけど1点リードで前半折り返したのは立派。
ゴールシーン以外にも山田直樹のポスト直撃弾とか惜しい場面もあったしね。
室屋のサイドからしか切り崩せなかった東京とは違って、バランス良く攻める事も出来てました。

本来のチーム力を出せば、現在の順位表通りの結果になったんやろうけどFC東京はメンタル面で苦労してた様子。
3ヶ月ぶりのホーム戦というのも、ある意味落ち着かなかったんかな。
いや、流石にそれは無いか(苦笑)

まぁ何にせよ堅かった。
焦りも散見された。
特に後半なんて全く躍動感が無く、正直眠たかった。
ベルマーレ的にもあまり苦労せず守る事が出来てたんちゃうかな。

ああ、これが優勝へのプレッシャーってやつなんかなと思ってたアディッショナルタイム4分。
おでん君が素晴らしいミドルを決めて試合を振り出しに戻しました。
う~ん、ベルマーレとしては悔しいやろうね。
もう、ああいうゴラッソは仕方ないからなぁ。
だから2点取らないといけない、って結論になるんやろうけど。
いやー、選手の心情を慮ると言葉が出ない。
内容的には勝ててたからなー。

という事で、J1は残り2試合。
今日の結果でFC東京は首位陥落。
とはいえ、代わりにトップになったマリノスとは1ポイント差なのでね。
まだまだチャンスはありあり。

ベルマーレは15位と4ポイント差になったので非常に苦しくなった。
あと2分守れていれば2ポイント差やったのにね。
2ポイント差だと1試合で逆転できるけど4ポイント差は最低でも2試合必要やからね。
つまり次節にも色々と決まっちゃう可能性あるって事ですよ・・・。

 

 

 

 

        

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

パルセイロ×セレッソ 2019 なでしこリーグ 1部2部入替戦 2nd leg

パルセイロ 1-1 セレッソ

【得点】
P:鈴木(45+1分)
C:林(72分)

【メンバー】
AC長野パルセイロ・レディース(4-4-2):池ヶ谷夏美、原海七、大河内友貴、五嶋京香、古舘知都、小泉玲奈、巴月優希(84分、野口美也)、瀧澤千聖(74分、三谷沙也加)、滝川結女、横山久美(C)、鈴木陽
SUB:風間優華、山岸夢歩、八浪直香、鈴木里奈

セレッソ大阪堺レディース(4-4-2):石田心菜、井上陽菜、筒井梨香(13分、松本奈己)、田畑晴菜、小山史乃観、林穂之香(C)、脇阪麗奈、古澤留衣(HT、百濃実結香)、北村菜々美、矢形海優、北原朱夏(68分、野島咲良)
SUB:西中麻穂、藤原のどか、河岸笑花、宮本光梨

【感想】

・アウェイゴール差で上回りセレッソ昇格
・別格の横山久美
・負けてなかった左SB14歳

って試合でした。

Myboard_20191119014601

Myboard1_20191119014601

いや~、滅茶苦茶ハラハラドキドキした試合やった。
やっぱ選手のレベルなんて関係なくって、大きなモノが懸かってる試合ほど面白いよね。
入れ替え戦って最高のコンテンツだわ。

セレッソは主砲の宝田さんを筆頭に怪我人続出でFW不足な状況。
なので非常にパンチ力には欠けてたけど、なんとか1点をもぎ取れたね。
この1点が大きかった。
パルセイロは勝手にゴールライン割ったとセルフジャッジしちゃったかな。
まぁそういう所が1部で結果出せなかった所というか、入れ替え戦に回ってしまっちゃってる所なのかもやけど。

14歳や15歳の選手もいるセレッソは当然フィジカルでは圧倒的に負けてました。
対人プレーは随所にパルセイロが上。
だからセレッソとしてはボディコンタクトで負ける所をパス回しでカバーしよう、って感じやったね。
林と脇坂のドブレピボーテは効いてた。
ここは相手を凌駕してた。

長野は中盤で負けてたからかロングボール主体の攻め。
横山さん何とかしてください!って攻撃が多かったね。
そして何とかしてくれる横山。
さすが代表戦士だわ。
誰がどう観ても能力では頭1つ抜けてたよ、この試合では。
ボールキープ出来るし、突破出来るし、難しい角度からでもシュート撃てるし、タメ作れるし。
ちょっとレベルが違ったなぁ。
3点ぐらい決められててもおかしくなかった。
井上のスーパークリアが無かったら、早々にゲーム終了になってたかも。

っていう意味でも、やっぱセレッソは良く粘ってたよ。
前半ロスタイムにフィジカル勝負で負けて先制されたにもかかわらず、下を向かずキッチリと追いついたもんね。
キーパーの子なんて61という大きな背番号から察するに、シーズン開幕当初は多分スタメンじゃなかったんでしょう。
実際ゴールキックが全然飛ばず、ほとんど相手ボールになって即ピンチを招くというのが何回もあった。
それならゴールキックはショートパスで繋いだら良いのに、、、って思ったけどね(苦笑)
何故やらなかったのかは謎やけど、まぁキック以外はパラドンもあって頑張ってた。

っていうか皆ね頑張ってたよ。
平均年齢18歳?
ユースチームやんっていう年齢で大人相手に勝ち取った1部リーグの切符。
去年1部で苦しんだ経験も来年活きる事でしょう。
絶対的エース宝田がいない中で競り勝てたのも大きいよね。

非常に来年が楽しみになった。
おめでとう!桜なでしこ!!

 

 

 

 

 

               

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

鹿島×川崎 2019 J1 第31節

鹿島 0-2 川崎

【得点】
山村(62分)、長谷川(71分)

【メンバー】
鹿島アントラーズ(4-4-2):クォンスンテ、内田篤人(C)(73分、相馬勇紀)、ブエノ、チョンスンヒョン、町田浩樹、レオ・シルバ、永木亮太、セルジーニョ、白崎凌兵(83分、遠藤康)、土居聖真、伊藤翔(70分、上田綺世)
SUB:曽ヶ端準、小池裕太、中村充孝、名古新太郎

川崎フロンターレ(4-2-3-1):新井章太、守田英正、山村和也、谷口彰悟、車屋紳太郎、田中碧、大島僚太、家長昭博、脇坂泰斗(56分、長谷川竜也)、阿部浩之(90+3分、登里享平)、小林悠(C)(81分、知念慶)
SUB:チョン・ソンリョン、奈良竜樹、下田北斗、レアンドロ・ダミアン

【感想】

・ノリノリ新井章太
・「鹿島る」事が出来なかったアントラーズ
・古巣絶対殺すマン山村

って試合でした。

Myboard_20191109172401

Myboard1_20191109172401


首位アントラーズと4位フロンターレの上位対決。
「優勝争い」と書かず「上位対決」と書いたのは両者の勝ち点差が5もあるから。
しかも川崎は消化試合数が1つ多い。
つまり実質は8ポイント差。
残り4試合で8の差では優勝争いとは言えないからね。
優勝争いは3位マリノスまでに絞られてると言って良いでしょう。(勝ち点1差)

ですが、リーグ3連覇を狙うフロンターレにとっては"まだまだ諦めてないよ"って試合になりましたね。
ディフェンディングチャンピオンの意地を見た試合でした。

前半はね、もう両者すっごく堅かった。
つまり眠たい試合でした。
探り探りというかね。
どっちも大胆に行かなかったからね。

そんな中で徐々にペースを握っていったのは首位鹿島。
うん、このままお得意の「鹿島る」感じで勝利するんかなーって展開。
後半になったら決定機も出てきて、いつ先制しても不思議じゃなかったからね。
特にセルジーニョのゴールライン上でクリアされたシュートなんて、決まっていても何もおかしくなかった。

そんないつもの鹿島勝利パターンを覆したのが山村のヘッド。
劣勢の中、FKからの1回のチャンスを活かしました。
ヤマムーはセレッソ時代にも、ここカシマスタジアムで決勝ゴールGETしてたよな。
水沼ほどじゃないかもやけど、彼もまた古巣絶対殺すマンなのかもしれません。

この先制点で元気が出たフロンターレは、10分後にも追加点をあげます。
カウンターからのゴールやってんけど、これは阿部ちゃんのロングサイドチェンジが素晴らしかったね。
あれで勝負決まったわ。
最後まで諦めず走って詰めた長谷川も見事。

試合内容的には負けてなかったアントラーズやけど、終わってみれば完封負けで首位陥落。
最後のセルジーニョの「押し込むだけなヘディング」も枠の外で、トコトン決まる気配がなかった。

やっぱ相性の悪さあるんかね?
リーグ戦だけで見れば2015年まで勝ってないらしく、最後に勝って以降の7試合は3分4敗。
あの常勝鹿島がこんなに対戦成績悪いのも珍しいよなぁ。
今日もチャンスの数だけを考えれば3点ぐらいは取れてた訳やし、相性は確実にあるんやろうね。

まぁ新井もノリノリやったから、彼も褒めないとかもやけど(笑)
ルヴァン杯ファイナルで、すっかり自信をつけたのですかね。
ナイスプレー連発で完封に貢献でしたわよ。
素晴らしいよ、ラッシャー!!

 

 

 

 

 


             

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

トリニータ×FC東京 2019 J1 第30節

トリニータ 0-2 FC東京

【得点】
永井(5分)、渡辺(7分)

【メンバー】
大分トリニータ(3-4-2-1):高木駿、岩田智輝、鈴木義宜(C)、三竿雄斗、松本怜、島川俊郎(HT、長谷川雄志)、小林裕紀、田中達也、三平和司、小塚和季(82分、伊佐耕平)、後藤優介(73分、オナイウ阿道)
SUB:ムン・キョンゴン、刀根亮輔、高山薫、嶋田慎太郎

FC東京(4-4-2):林彰洋、室屋成、渡辺剛、森重真人、オ・ジェソク、髙萩洋次郎、橋本拳人、三田啓貴(67分、大森晃太郎)、東慶悟(C)、ディエゴ・オリヴェイラ(90+2分、アルトゥール・シルバ)、永井謙佑(82分、田川亨介)
SUB:児玉剛、岡崎慎、ユ・インス、ナ・サンホ

【感想】

・狙い通りの勝ち方だったFC東京
・決定力不足が響いたトリニータ
・トータルで力の差が出た

って試合でした。

Myboard_20191104163201

Myboard1_20191104163201

優勝争い真っ只中、首位アントラーズと同勝ち点で並ぶFC東京にとっては勝利以外は必要ではない試合。
一方のトリニータの状況は「ザ・中位」。
優勝争いもACL圏争いも残留争いも関係なし。
ある意味、何も懸かってない試合です。
まぁ昇格1年目のシーズンで、こういう順位に居られる事は素晴らしい事なんですけどね。
批判っぽく書いちゃいましたけど、既にトリニータはこの時点で成功のシーズンなんです。

っていう状況の差や、力の差がそのまま結果に出た試合になったかな。

FC東京は先行逃げ切り型のチームですから、もう最初からガンガン行きますよ。
トバしまくりますよ。
そして狙い通りに開始10分経たず2点を先行。
そう、後は守ってカウンターして逃げ切るだけ。
序盤からハイプレスでフルスロットルに行った甲斐があっての2ゴール。
チームコンセプトそのままの結果やわね。

案の定、後半は体力に陰りが見えて、トリニータにゲームを支配される流れになりました。
トリニータのスタイルはボールを大事にするスタイルですから、彼等の長所が活かせる展開にはなってんけどね。
いかんせん、決定力不足。
チャンスはあったけど後藤や小塚が残念なシュートで終わらせてしまう。
1点返せば同点までいけそうな流れはあっただけに、勿体なかったよね。
ゴールが期待できそうな(事実チーム内得点王)オナイウを73分まで出さなかった理由は何なんやろうか?
FC東京の戦い方から考えると、トリニータは先制点を取る事が重要だった訳でね。
永井のハイプレスが途切れてからの戦い方を考えてのオナイウ温存やったんやろうけど、どっちかっていうと先に殴る必要性があったと思うんよ。

まぁ最初の失点にしても、高木のミスな所もあったしなぁ。
個人個人の能力の差ってのも実際あったから、トータルで力の差。
順位表通りの結果って感じかな。

これでJ1は残り4試合で3チームが勝ち点1差の中で優勝を争うという面白い展開に。
個人的には優勝に一番相応しいのはマリノスかな。
攻撃サッカーでリーグを席巻した、って意味で。
FC東京は久保くんが在籍したままだったら優勝してほしかったけど、もはや久保くんも移籍したので思い入れは無しw
どっちかって言うと、あまり好きなクラブではないので優勝は逃してほしい(笑)

 

 

 

 

 

         

| | コメント (0)

神戸×仙台 2019 J1 第30節

ヴィッセル 2-0 ベガルタ

【得点】
小川2(16分、69分)

【メンバー】
ヴィッセル神戸(3-3-3-1):飯倉大樹、ダンクレー、大﨑玲央、フェルマーレン(72分、渡部博文)、藤谷壮、山口蛍、酒井高徳、小川慶治朗、イニエスタ(C)(90+3分、安井拓也)、古橋亨梧、ビジャ(89分、ポドルスキ)
SUB:前川黛也、増山朝陽、郷家友太、藤本憲明

ベガルタ仙台(3-4-2-1):ヤクブ・スウォビィク、平岡康裕、シマオ・マテ(C)、金正也(75分、石原崇兆)、蜂須賀孝治、富田晋伍、松下佳貴、永戸勝也、道渕諒平、関口訓充(62分、ハモン・ロペス)、長沢駿(75分、ジャーメイン・良)
SUB:関憲太郎、椎橋慧也、兵藤慎剛、石原直樹

【感想】

・山口蛍の圧倒的存在感
・良いところ無しのベガルタ
・個>組織なヴィッセル

って試合でした。

Myboard_20191103180901

Myboard1_20191103180901

はやく残留を決めたい両チーム。
降格圏に沈んでいる訳ではないけど、争いからは抜け出したい。
抜け出したとて、もう優勝争いもACL権争いも遠いので中位で終わる未来しかないねんけどね。

っていう状況の同勝ち点の両チームの戦いはヴィッセルの完封勝ちで終わりました。
つまり、ヴィッセルが少しリード(^^)

まぁ互いにチーム状況は良くないんだな、ってのが解る試合ではあった。
特にベガルタはホントに良いところ無し。
シマオ・マテが相変わらず強いな~とか、永戸はやっぱセンスあるな~とか、そういう個々の感想はあるけど。
全体通してみれば、チームとして戦えている感はなく、なんとなーく失点して、なんとなーく終わった感じ。
ホンマにそれぐらいの印象しかない。
前半の最初の方は道渕が果敢に突破試みてたり、後半の立ち上がりもリズム掴めてる時間帯はあってんけどね。
結局そういうタイミングで失点しちゃってるし。
ラスト15分で4バックに変えて点を取りに行ってたけど、それも不発でね。
不発というか、4バックに変えて何か変わった感もまるでなく。

う~ん、そらこんな順位やわなって思ったよ。

勝ったヴィッセルもさして変わらず。
それぞれのタレント力が仙台よりも上回ってた、ってだけですわ。
タレント力で言えば、JリーグでもNo.1やから当然やけどww

イニエスタ。
やっぱ巧い。
視野広すぎ。
ケガからの復帰戦やったけど、格の違いがありすぎ。
とにかくボール取られない。
手詰まりの状況からでもピンポイントパス出せる。
小川と古橋は、とにかく走ってたら良いパス来るんだから疲れは感じないだろうね。
酒井高徳ともやりやすそう。
ってか、高徳もハイレベルやわ。

ヴェルメーレン。
彼の不安要素って怪我だけやからね。
当たり前やけど、怪我がなければJリーグレベルではトップのDFです。
それを証明したのが今日の試合でしょう。
簡単にボール取ってたし、簡単にクリアしてたし、危険な場面では顔出してるし、そしてフィードも安定。
2点目のゴールに繋がったウラへのパスなんて、ホンマにお見事でしたよ。
そしてヴェルメーレンなら、そんなパスを出せて当たり前やし。
能力通りのパフォーマンスでした。

山口蛍。
今日のMOMやろうね。
1点目のゴールに繋がったビジャへのダイレクトパスが圧巻。
その他にも、時には最終ラインまで下がってクリアし、そうかと思えば前線でも激しいチェック。
中盤の広大なスペースを1ボランチでカバーする運動量も流石の一言。
更にたくましくなってるな、ってのを感じた。

っていうのが、今日良かったトップ3やねんけど言うなれば彼等だけのチカラで勝った試合。
ベガルタ同様に組織としては何も無い、っていうか戦い方は見えず。
ポドルスキがラスト1分で出たり、サンペールがベンチにも入れなかったりという圧巻のタレント力だけでやってるもんね。
それでも吉田政権よりはマシになってるのは救いかな。
監督も選手も途中入団が多くて難しいシーズンなのは理解できるから、とりあえず残留決めて来年頑張って、って流れかなぁ。

 

 


          

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »