« FC東京×湘南 2019 J1 第32節 | トップページ | 奈良クラブ×マルヤス岡崎 2019 JFL 第30節 »

2019年11月30日 (土)

フロンターレ×マリノス 2019 J1 第33節

フロンターレ 1-4 マリノス

【得点】
F:ダミアン(74分)
M:仲川(8分)、エリキ2(49分、69分)、遠藤(89分)

【メンバー】
川崎フロンターレ(4-2-3-1):チョンソンリョン、守田英正、山村和也、谷口彰悟、車屋紳太郎、大島僚太、田中碧、家長昭博、脇坂泰斗(54分、長谷川竜也)、阿部浩之(61分、レアンドロ・ダミアン)、小林悠(C)(79分、知念慶)
SUB:安藤駿介、登里享平、ジェジエウ、下田北斗

横浜F・マリノス(4-2-3-1):朴一圭、松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン、喜田拓也(C)、扇原貴宏、仲川輝人、マルコス・ジュニオール(58分、大津祐樹)(71分、渡辺皓太)、マテウス(81分、遠藤渓太)、エリキ
SUB:中林洋次、伊藤槙人、高野遼、広瀬陸斗

【感想】

・攻撃サッカー爆発
・折れてしまった川崎
・ほぼほぼ優勝確定

って試合でした。

Photo_20191130173801


マリノスにとっては大事な大事な場面で訪れてしまった神奈川ダービー。
今日勝って、他会場のFC東京が敗れれば優勝決定とはなるが勝ち点差は僅か1。
逆の展開になったら最終節は地獄を見るので油断も何も出来ない状況。

フロンターレは3位との勝ち点差が3なので目標はそこかな。
つまりACL圏内。
どこまで彼等がACLに魅力を感じているのかは知らんけど。
まぁホーム最終節やしね。
リーグ3連覇の夢は潰えたけど、良い感じで終わりたい所でしょう。

って感じやってんけど、マリノスの攻撃サッカーがスタートから爆発。
早々に得点したのもそうやけど、他にもチャンス作りまくってたよね。
前の4人の躍動感がエグい。
スプリントする時のダッシュ力が凄いのよ。
ここがチャンスや!と見た時のね。
だからこそ先制点みたいなラッキーゴールも産まれる。

仲川としては意図したシュートじゃないやろうし、クリアが"当たった"だけなんやろうけどね。
あの場所に居る事が重要やからなぁ。
彼としてはその後に訪れた2回の決定機の方をキッチリ決めたかったやろうけど、1点目も立派なゴールですよ。

マリノスの攻撃サッカーが一番分かりやすく伝わるのは2点目のシーンだと思う。
松原のスルーパスから抜け出したエリキがゴール、って流れやってんけど右SBの松原が中央でスルーパスを出しているという所がポイントよね。
松原はこのシーン以外でも度々ゴール前に顔を出していたので、なにもこのシーンが偶然って訳じゃないし。

マルコス・ジュニオールと大津が負傷交代してしまうアクシデントがあったにも関わらず終わってみれば4ゴールやからね。
優勝へのプレッシャーもなんのその。
自分達の良さを出しまくれた試合だったんじゃないでしょうか。

逆にフロンターレは2失点目あたりから心が折れてるように感じた。
持ち前のボールポゼッションの良さは出てたし、個々の選手の良さや、場面場面では強さも感じられたけど。
トータルとして「是が非でも勝ってやろう」みたいな気概は感じられなかった。
田中碧なんて、やっぱり凄い伸びてるのは伝わったけどね。

さてさて、今日の試合の結果どうなったのか。
マリノスの優勝はほぼほぼ確定しました。
ウラでFC東京が引き分けたからね。
最終節はマリノスのFC東京による直接対決っていう神日程やってんけど、その楽しみは半減してしまった。
マリノスは0-4で負けなければ優勝ですわ。
可能性はゼロじゃないけど、FC東京は非常に苦しくなった。
まぁ2試合連続エンパテしちゃってるから自業自得やねんけど。

ただ、バルサみたいに2年連続まさかの大負けでCL敗退みたいな例もあるから・・・。
マリノスも油断したらアカンで・・・。
満員になるであろう横国がどんな雰囲気になるかは楽しみやね。

 

 

 

 

 

 

 


               

|

« FC東京×湘南 2019 J1 第32節 | トップページ | 奈良クラブ×マルヤス岡崎 2019 JFL 第30節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FC東京×湘南 2019 J1 第32節 | トップページ | 奈良クラブ×マルヤス岡崎 2019 JFL 第30節 »