« ヴィッセル×エスパルス 2019 天皇杯 準決勝 | トップページ | ヴィッセル×アントラーズ 2019 天皇杯 決勝 »

2019年12月21日 (土)

鹿島×長崎 2019 天皇杯 準決勝

鹿島 3-2 長崎

【得点】
A:セルジーニョ(4分)、OG=畑(23分)、伊藤(73分)
V:米田(37分)、澤田(76分)

【メンバー】
鹿島アントラーズ(4-4-2):曽ヶ端準、永木亮太(C)、ブエノ、犬飼智也、町田浩樹、三竿健斗、レオ・シルバ、セルジーニョ、白崎凌兵(90+3分、山本脩斗)、土居聖真(HT、名古新太郎)、伊藤翔(84分、中村充孝)
SUB:沖悠哉、内田篤人、関川郁万、有馬幸太郎

V・ファーレン長崎(3-4-2-1):富澤雅也、徳永悠平(C)、角田誠、鹿山拓真、米田隼也(86分、大本祐槻)、磯村亮太(90分、新里涼)、カイオ・セザール、亀川諒史、吉岡雅和、澤田崇、畑潤基(73分、呉屋大翔)
SUB:徳重健太、黒木聖仁、大竹洋平、玉田圭司

【感想】

・安定の鹿島
・長崎の奇襲通用せず
・壁になってたブエノ

って試合でした。

Myboard2_20191222145901

Myboard3_20191222145901

絶対王者アントラーズとJ2からのジャイキリを目指すヴィファーレンとの一戦。
まぁ普通にやったら鹿島が勝つでしょう、って事もあったのか手倉森監督は(普段のリーグ戦とは)違うシステムで臨んできました。
鹿島が苦手にしてるっぽかったので3バックでやってみた、との試合後の談話。
また、メンバー構成についても今季J2で20点以上取ってるエースの呉屋や玉田、大竹といったメンツを外して今季ここまでカップ戦を経験してきたメンバーを中心に構成。
鹿山君なんかが分かりやすい例で、今季のJ2出場は0だけど、天皇杯は全部出てる選手なんですよね。
なにがベストメンバーなのか、っていう議論はさておき(ここまでの)ストーリーを重視したメンバー編成なんだなと。

で、結果どうだったのか。
正直序盤で2点取られた時点ではダメだな~って思いましたね。
2点リードしたアントラーズは「鹿島る」事が出来る訳で。
お得意の塩試合に持ち込んで逃げ切るだろうなと。
実際今日も安定して面白くない試合をしてきましたからね(褒め言葉)
呉屋くん出せへんからや~、って眠い目をこすりながら試合観てましたよ。
正直途中めっちゃウトウトした。

でも長崎のカップ戦メンバーにはプライドがあった。
意地があった。
最後まで諦めてなかった。
なんとか追いすがろうとしてた。
カイオが決定機外しても心折れず。
吉岡の見事なスルーパスから長い距離を走って飛び出した米田が追撃のゴール。
ファーストトラップも完璧やった。
鹿島にセットプレーの強さを見せつけられて、再び離されようとも呉屋くんが能力の高さを発揮してまだまだ追いすがる。
あのCKからの3点目は精神を砕くには充分な威力があったのに、それでもまだ諦めてなかったのは素晴らしい。
呉屋くんはメンタル的にも強いものがある感じで、アントラーズ選手と言い争いしてたしね。
負けてねーぞ、っていう感じはひしひしと伝わってきた。

惜しむらくは手倉森の動き出しの遅さか。
カップ戦メンバーをリスペクトするのは構わないけど、それにしても交代が終了間際まで延びてしまったのは如何なものか。
もう少し早く手を打てた筈でしょ。
選手は頑張ってただけに、ちょっと勿体ないなと感じた。

 

 

 

 

 

          

|

« ヴィッセル×エスパルス 2019 天皇杯 準決勝 | トップページ | ヴィッセル×アントラーズ 2019 天皇杯 決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィッセル×エスパルス 2019 天皇杯 準決勝 | トップページ | ヴィッセル×アントラーズ 2019 天皇杯 決勝 »