« 鹿島×長崎 2019 天皇杯 準決勝 | トップページ | マリノス×ヴィッセル 2020 FUJI XEROX SUPER CUP »

2020年1月 1日 (水)

ヴィッセル×アントラーズ 2019 天皇杯 決勝

神戸 2-0 鹿島

【得点】
O.G.=犬飼(18分)、藤本(38分)

【メンバー】
ヴィッセル神戸(3-3-2-2):飯倉大樹、ダンクレー、大﨑玲央、フェルマーレン、西大伍、山口蛍、酒井高徳、ポドルスキ(90+2分、ビジャ)、イニエスタ(C)(88分、安井拓也)、藤本憲明(78分、田中順也)、古橋亨梧
SUB:前川黛也、渡部博文、郷家友太、小川慶治朗

鹿島アントラーズ(4-4-2):クォンスンテ、永木亮太(C)、ブエノ、犬飼智也、町田浩樹、三竿健斗、レオ・シルバ、名古新太郎(53分、山本脩斗)、白崎凌兵(HT、土居聖真)、伊藤翔(72分、中村充孝)、セルジーニョ
SUB:曽ヶ端準、内田篤人、関川郁万、有馬幸太郎

【感想】

・グアへ有終の戴冠
・らしくなかった鹿島
・ラッキーボーイ藤本

って試合でした。

Myboard_20200101174701

Myboard1_20200101174701

2020年あけましておめでとうございます。
オリンピックイヤーの今年、そのメインの舞台ともなる新国立競技場での杮落し。
色んな想いが詰まった試合で、ヴィッセルが初タイトルGetですわ。

いや~、鹿島はらしくなかったねぇ。
こういう大きな試合では面白くなく勝つのが鹿島流というかね。
いつもの鹿島じゃないですか。
それが今日はトコトン元気なかった。
前半なんて完全にお休み状態。
どうしたんだろね?
後半ようやくね、3-4-3にシステム変えてから攻勢に出れてましたけど。
そこのチャンスも活かせず、ズルズルと時間ばかり経過させちゃいました。
あそこで1点返せてたら、いつもの鹿島に戻れたかもやけどなぁ。
まぁ大岩監督の限界っぷりが凝縮されてたのかもしれん。
3-4-3になったのだって名古の負傷交代が発端ていう狙ったもんではなかった訳やし。

「勝者のメンタリティ」がアントラーズの強みだった訳ですが、神戸もVIPトリオおるからね。
ムンディアル制覇してる面々ですから、メンタルで負ける訳はなかったか。
そのVIPトリオは全員フルタイム出場せず、今日で引退のビジャもアディショナルタイムだけの出場でしたが彼等に育てられた若手が頑張ってたよ。
(グアへは本来は出場も出来ないようなコンディションやったんやろうなぁ)
藤本と古橋の2トップが献身的にずっと走り回ってたからね。
藤本はそのご褒美の2ゴールかな(・∀・)
(1点目は記録上はOGに)
チャラいキャラやから鹿島からは嫌われてるかもやけど、今日も存分に鹿島キラーぶりを発揮してたな。
下積み時代長いから許してあげて!!

ヴィッセルは今日もイニとヴェルマーレンと高徳の左サイドがキーやったね。
ここが効いてたから、全体的な主導権を握れたと思う。
イニもコンディションに難ありって感じやったけど、それでも随所にエグいパス出してたからな。

まぁバルササポとしては嬉しい結果です。
あんだけイニとビジャが喜んでくれるとね。
良いフィナーレになったし、世界的なニュースの発信としても効果ありな結果になったんじゃないでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


              

|

« 鹿島×長崎 2019 天皇杯 準決勝 | トップページ | マリノス×ヴィッセル 2020 FUJI XEROX SUPER CUP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿島×長崎 2019 天皇杯 準決勝 | トップページ | マリノス×ヴィッセル 2020 FUJI XEROX SUPER CUP »