« マリノス×ヴィッセル 2020 FUJI XEROX SUPER CUP | トップページ | マリノス×ガンバ 2020 J1 第1節 »

2020年2月22日 (土)

セレッソ×トリニータ 2020 J1 第1節

セレッソ 1-0 トリニータ

【得点】
B.メンデス(8分)

【メンバー】
セレッソ大阪(4-4-2):キムジンヒョン、松田陸、ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介、デサバト、木本恭生(86分、ルーカス・ミネイロ)、坂元達裕、清武弘嗣(C)(75分、豊川雄太)、ブルーノ・メンデス、奥埜博亮(63分、柿谷曜一朗)
SUB:茂木秀、片山瑛一、西川潤、都倉賢

大分トリニータ(3-4-2-1):高木駿、岩田智輝、鈴木義宜(C)、三竿雄斗、松本怜、長谷川雄志、小林裕紀、香川勇気(87分、星雄次)、田中達也(70分、野村直輝)、町田也真人(63分、渡大生)、知念慶
SUB:ムンキョンゴン、小出悠太、佐藤和弘、三平和司

【感想】
・今季も鉄壁ヨニッチ
・奮闘してたトリニータ
・ジンヒョンもパラドン連発

って試合でした。

Myboard_20200224085401

Myboard1_20200224085401

いよいよ2020シーズン開幕です。
まぁ開幕戦なんで、しょっぱい試合になるのは仕方ない。
しかもロティーナと片野坂の対戦は今までの歴史を振り返っても堅い試合ばっかりやったからね(苦笑)
戦術マニア同士やから必然やわなw

ちなみに、これまでロティーナvs片野坂は6回あったそうですが片野坂は0勝。
しかも勝ってないどころか1点も取ってないらしい。
なんかフロンターレにおけるルヴァン決勝の歴史にも似たものを感じるが、川崎と違って片野坂は今回も負のジンクスを払拭できなかった。
こういった類のジンクスはいつか終わりが来るので、今日がその日になるんじゃないかとヒヤヒヤしててんけどね。
今日もジンクスが続いて良かったよ。

完封できたのはヨニッチとジンヒョンとポストのおかげ。
特にポストは2回も救ってくれたので大活躍やったわ。
ロスタイム3分、最後の知念のミドルシュートはホンマに終わったと思ったからね・・・。
セレッソ得意のやらかしが、ここで出たか・・・ってマジ焦った。
ポストさんサンクス。
松本のヘディングシュートも普通に決められたと思ったよ。
さんきゅーポスト、さんきゅーな。

そんなポストの活躍を引き出したのも、ヨニッチとジンヒョンだったかな。
松田、瀬古、丸橋はまだまだ精進せなアカンけどね!!
ヨニッチの獅子奮迅の活躍っぷりを少しは見習ってほしい。
危ない場面は全部ヨニッチが防いでいたと言っても過言ではなかったよ。
そして、そこが破られてもジンヒョンがパラドンで防ぐ。
怪我明けやったけど、開幕間に合って良かったよ。

間に合わなかったと言えば藤田で、やはり彼の存在が大きかった事が証明された試合になってしまった。
デサバトと木本じゃダメだったね。
藤田&デサバトとか、藤田&木本なら大丈夫なんやろうけど。
不思議なもんでね。
前半ピリッとしなかったのはピボーテの所でリズム作れなかったのが大きな要因でしょ。
早々に先制しながらも上手くいかなかった訳やから、これ先制してなかったらと思うとゾッとする。

先制の場面は清武がナイスな判断やったね。
それまであったCKは全てショートコーナーでやってたのよ。
だから得点の場面が初めてのシンプルに蹴ったコーナー。
トリニータディフェンス的に惑わされた所もあったと思う。
清武は全体としてはボール持ち過ぎな所もあったし、危険なエリアでボール取られたりと本調子じゃない感じもあった。
でも要所要所では流石のプレーを披露してたので悪くはなかったかな。

逆に柿谷はイマイチやったな・・・。
昨季後半のプレーは良かったので、戦術的なハナシではなく今日は単純にコンディション不良だとかそんな類のダメさであってほしいけど。
そうじゃなかったら西川君の出番が増える事になりそう。

西川くん観たかったけど、まぁ坂元が良かったからしゃーないね。
今日スタジアムに行った一番の目的は坂元だった訳なんですが、やっぱり良い選手よね。
ドリブル素晴らしい。
タイミングとか相手を抜きにかかる姿勢にセンスを感じる。
右サイドから中に切れ込んでのドリブルシュートは完全にメッシのそれ。
あれが入るようになったら、もう右サイドは坂元のモノになるし、それこそ海外に行っちゃうかもね。
でもこの殻を破れないと楠神や吉野パターンになるので、加入したばっかりやけど勝負の1年でもある。

トリニータは上でも書いたけど全然悪くなかったのよ。
いや、良かったと言うべきか。
ペースを握ってる時間も長かったし、チャンスの数もセレッソより多かった。
新加入の知念、町田、渡がフィットしてきたら凄くヤバイよね。
だから開幕戦で当たってラッキーだったとも言える。
システムは基本3-4-2-1やったけど5バックにもなったり4バックにもなったりと非常に流動的。
↓みたいな4-1-4-1で攻めてきた時が一番脅威的やったかな。

Myboard2_20200224085401

皆んなユーティリティーで柔軟性あって良いよね。
まぁ攻撃陣はフィットしたらフィットしたで藤本やオナイウみたいに引き抜かれる心配もあるから悩ましいやろうけど・・・。

 

 

 


          

|

« マリノス×ヴィッセル 2020 FUJI XEROX SUPER CUP | トップページ | マリノス×ガンバ 2020 J1 第1節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリノス×ヴィッセル 2020 FUJI XEROX SUPER CUP | トップページ | マリノス×ガンバ 2020 J1 第1節 »