« セレッソ×トリニータ 2020 J1 第1節 | トップページ | ガンバ×セレッソ 2020 J1 第2節 »

2020年2月23日 (日)

マリノス×ガンバ 2020 J1 第1節

マリノス 1-2 ガンバ

【得点】
M:マルコス(74分)
G:倉田(6分)、矢島(34分)

【メンバー】
横浜F・マリノス(4-2-3-1):朴一圭、松原健、チアゴ・マルチンス、伊藤槙人、ティーラトン(70分、高野遼)、喜田拓也(C)(65分エリキ)、扇原貴宏、仲川輝人、マルコス・ジュニオール(86分、エジガル・ジュニオ)、遠藤渓太、オナイウ阿道
SUB:梶川裕嗣、水沼宏太、和田拓也、大津祐樹

ガンバ大阪(3-3-2-1-1):東口順昭、オジェソク、三浦弦太(C)、キムヨングォン、小野瀬康介、遠藤保仁、藤春廣輝、矢島慎也(75分、アデミウソン)、井手口陽介、倉田秋(82分、福田湧矢)、宇佐美貴史(90分、渡邉千真)
SUB:一森純、新里亮、奥野耕平、パトリック

【感想】

・スタートダッシュに懸けたガンバ
・VARが機能
・マリノスは連戦の疲労?

って試合でした。

Myboard_20200224185601

Myboard1_20200224185601

ディフェンディングチャンピオンとしては絶対に勝ちたい試合だったでしょうが、ミスも絡んで敗戦。
悔しい船出となってしまいましたね。
最初の失点は朴一圭のトラップミスが原因。
スーパーカップでもあったけど、後ろでのミスは即失点に直結するからキツイよね。
でも後ろからの繋ぎは、このチームの特徴やから仕方ない。
だからどれだけミスをなくせるか、ってだけやからね。
今後も狙われてはくるやろうけど、いかにいなせるかという所ですわ。

2失点目は今季から導入されたVARが早速機能。
プレー中はオフサイドという判定でノーゴールでしたが、VARによりゴールが認められました。
確かにVTRで観たら紛れもなく疑いようのないレベルでオンサイドでしたからね。
これ昨季までやったら大誤審、って騒がれてる案件ですよ。
私はVAR賛成派なので、ガンバ良かったねって感じ。
正直ガンバには負けてほしかったけど(苦笑)

ここまでの2ゴールで倉田と矢島は共に1G1A。
今日のガンバは変則的なフォーメーションやったけど、その中でも比較的前目に陣取ってた2人が結果を出しました。
基本は3バックやったけど、オジェソクが右SBにズレて藤春が左SBまで下がっての4バックだったりとか。
両WBも下がっての5バックだったりとか。

Myboard2_20200224185601

とにかく前半勝負、って感じでハイペースに闘ってましたね。
その成果が出ての前半2-0やったから上々でしょ。
キムヨングォンのポスト直撃ヘッドが決まっていれば、ホンマに完璧な45分やったやろうね。

ただ、やっぱり後半はペースダウンして、マリノスに一方的にやられました。
勝てたのはマリノスの決定力不足に助けられたから。

後半開始早々のオナイウのチャンスとか、完全に崩してのマルコスのチャンスとか。
絶対決まったやろ、って所を外してくれましたからね。
まぁマルコスは個人技でゴラッソ決めたから汚名は返上してたけど。
(ゴールシーンは扇原の鋭い縦パスが美しかった。あれぞタカ!)

最後同点に追いつけそうで追いつけなかったのは、やっぱ過密日程の影響もあるんやろうな。
ゼロックスを皮切りに2週間で既に4試合目。
直前のACLから中3日での試合やけどスタメンの入れ替えは2人だけやしね。
そこまでターンオーバーも出来てない様子なので、疲労は実際あるでしょう。
今日の交代選手もティーラトン、喜田、マルコスと主力ばっかりやしね。
この一戦に懸けてきたガンバと、この一戦だけじゃないマリノスとの差が出たかなぁ。
これが複数コンペティションを戦う難しさ、ってやつなんやろうけど。
それを乗り越えないと連覇は無いし、頑張るしかないわな。

 

 

 

 

 

           

|

« セレッソ×トリニータ 2020 J1 第1節 | トップページ | ガンバ×セレッソ 2020 J1 第2節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セレッソ×トリニータ 2020 J1 第1節 | トップページ | ガンバ×セレッソ 2020 J1 第2節 »