« マリノス×ガンバ 2020 J1 第1節 | トップページ | ガンバU-23×セレッソU-23 2020 J3 第2節 »

2020年7月 4日 (土)

ガンバ×セレッソ 2020 J1 第2節

ガンバ 1-2 セレッソ

【得点】
G:アデミウソン(68分、PK)
C:奥埜(45+2分)、丸橋(62分)

【メンバー】
ガンバ大阪(3-3-2-2):東口順昭、菅沼駿哉(81分、山本悠樹)、三浦弦太(C)、キムヨングォン、小野瀬康介、遠藤保仁(54分、井手口陽介)、藤春廣輝、倉田秋(69分、小野裕二)、矢島慎也(54分、パトリック)、アデミウソン(81分、渡邉千真)、宇佐美貴史
SUB:石川慧、髙尾瑠

セレッソ大阪(4-4-2):キムジンヒョン、松田陸、ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介、デサバト、藤田直之、坂元達裕(57分、片山瑛一)、清武弘嗣(C)(75分、柿谷曜一朗)、都倉賢(75分、ブルーノ・メンデス)、奥埜博亮(87分、豊川雄太)
SUB:茂木秀、瀬古歩夢、ルーカス・ミネイロ

【感想】

・記録づくしのダービー連勝
・圧巻の清武
・内容としては低調

って試合でした。

Myboard_20200706230301

Myboard1_20200706230301


コロナ禍により長らく中断となっていたリーグ戦が遂に再開。
約4ヶ月ぶりの実戦で、いきなり大阪ダービー。
う~ん、いきなりダービーは嫌やなぁというのがカードが決まった時の率直な感想。
なんかテンションが上がらんかったのよ、ガンバに絶対負けたくない!!みたいなテンションが。
そういうテンションよりも、試合が観られる喜びみたいなのが勝ってね。
しかも無観客試合やし。
互いに負けたとしても色んな言い訳が発生する環境での試合だなー、と。
なるべく近距離での試合開催とする、という方針があったから仕方ないねんけどね。

っていうのが試合前の気持ち。
でも今日の85分ぐらいからの気持ちは「絶対勝ちたい絶対勝ちたい絶対勝ちたい」でした。

もう最後めっちゃヒヤヒヤしたわー。
久々や、こんなドキドキしたの。
やっぱダービーは最高や。
勝ったからこそ言える事かもやけどw

なんしかね、パトリックへのボールが怖すぎたのよ。
全然競り勝たらへんかったから。
パトリックへサイドからクロスが入る度にヒヤヒヤしまくり。
小野瀬と藤春は過労死するレベルで大変やったやろうけど、こっちの心臓も大変やったからね!!

って、試合感想の時系列すっ飛ばして唐突に最終局面の事を書いてしまった。
まぁいいや。

前半のアデミウソンと宇佐美の2トップも非常に強力やったのよ。
もうメッチャ怖いな、って感じてた。
2人ともスピードあるし、個人でも戦えるのに連携もバッチリやし。
宇佐美のポスト直撃シュートとかさ、あれヤバかったよね。

アデミウソンが右サイドに流れたシーンがあってんけど、その時宇佐美もちゃんと良い距離感でフォローしてたのよね。
ああいうの観たら、ウチの都倉&奥埜の急造2トップとは質が違うなーと感じた。

奥埜はねぇ、清武の最高のパスに対してPK貰いに行って貰えないというシーンで凄く失望したのよ。
そりゃぁ生粋のデランテーロじゃないから、彼自身を責めるのは御門違いやねんけどね。
ただ、せめてシュートまでは行ってくれよ!!って気持ちになった。

って感じのと比べるとアデミウソンと宇佐美はFWやなぁ、ちゃんとFWしてるなぁと思ってね。
交代枠5人使えるルールになったし、ベンチにはパトリック&小野&カズマという素晴らしいアタッカーがいるけど正直この2トップは代える必要ないだろ、って思ってた。
でもパトリック出てきてからの方が更に怖くなったね。
宇佐美が中盤に下りてパス出しに専念したのも怖さが増した要因だったかも。
パトリックによって最前線でポイント作られ、その落としをアデミウソンと宇佐美に狙われるという怖さ。

こりゃ勝てないかも、って正直思った。
CKの度に「やられた」って思った。

そんな中での丸橋のゴラッソやったから、もう喜びは倍増。
マルどうしたんwww
ルヴァンの開幕戦でもエグい弾丸シュート決めてたけど、今日のはもっとエグかった。
あれはもう最高や!!
セレッソのダービー史に残るシュートやと思う。

マルは前半終了間際のアシストもナイスやった。
マイナスへのクロスが完璧。
あれは完璧に崩した得点やったし、中との呼吸もバツグンやったね。
あ、奥埜さんここはナイスシュートやったよ。
でもDFに当たるラッキーさもあったけどw

このシーンでの崩しもそうやったけど、今日は清武が段違いに良かったよねー。
レベルが違った。
流石ファンタジスタ。
宇佐美はやっぱバイエルンかじってるだけあって凄いなーって思ってたけど、ウチの清武だってセビージャかじってるからねw
ナイスゲイムメイクでしたよ。

そんな左サイドのマル&キヨの名コンビに対して、今日は坂元君は目立つ場面あまりなし。
まぁ色々ブランクもあるし、初めてのダービーで緊張もあったかな。
これを糧に伸びてくれれば良いよ。

ロティーナは坂元を早めに見切って片山を入れたのは結果的にはナイス判断やった。
その後、片山のナイスディフェンス何回もあったからね。
でも個人的には坂元→西川潤みたいな攻撃的な采配が見たいけど(^^)
※西川君ベンチにも入ってないからなぁ・・・

めっちゃハラハラした試合ではあったが、正直内容自体は低調やった。
湿気による暑さもあってか、両チームともに運動量が少なく、「ここもうちょっと押し上げてほしい」って場面で足が止まってたからね。
あと試合勘が戻ってないのか、パスがズレるシーンも多かった。
今後更に暑くなっていくし、更にハードスケジュールになっていくし、試合のクオリティは下がっていく一方なんかなぁ・・・。
そうなったら残念やけど今年は仕方ないか・・・。

あ、ヤット新記録達成おめでとう。
J1リーグ最多出場試合記録(632)達成らしい。
まぁとんでもない記録ですわ。

あと記録という意味では、セレッソはアウェイでのリーグ戦勝利は2003年以来らしい。
17年も勝ってないってwww
でも連勝やからね!
去年の長居から連勝やから。
今後はこれを続けていけば良いのよ。

 

 

 

           

|

« マリノス×ガンバ 2020 J1 第1節 | トップページ | ガンバU-23×セレッソU-23 2020 J3 第2節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリノス×ガンバ 2020 J1 第1節 | トップページ | ガンバU-23×セレッソU-23 2020 J3 第2節 »