« 川崎×秋田 第100回 天皇杯 準決勝 | トップページ | フロンターレ×ガンバ 2020 天皇杯 決勝 »

2020年12月27日 (日)

ガンバ×ヴォルティス 第100回 天皇杯 準決勝

ガンバ 2-0 ヴォルティス

【得点】
パトリック(53分)、福田(82分)

【メンバー】
ガンバ大阪(4-4-2):東口順昭、高尾瑠、三浦弦太(C)、キムヨングォン、藤春廣輝、山本悠樹、矢島慎也(87分、奥野耕平)、小野瀬康介(81分、福田湧矢)、倉田秋(87分、塚元大)、パトリック、渡邉千真(61分、宇佐美貴史)
SUB:一森純、菅沼駿哉、中村仁郎

徳島ヴォルティス(4-2-3-1):上福元直人、藤田征也(61分、岸本武流)、内田航平(33分、石井秀典)、福岡将太、田向泰輝、小西雄大、岩尾憲(C)、浜下瑛(61分、渡井理己)、鈴木徳真(74分、河田篤秀)、西谷和希、垣田裕暉
SUB:長谷川徹、ドゥシャン、清武功暉

【コメント】
・ヴォルティス勝てた試合
・悪いなりに結果出すガンバ
・見どころ多くてオモロかった

って試合でした。

Myboard_20201231132301

Myboard1_20201231132301

J2優勝のヴォルティスと、J1二位ガンバによる準決勝。
内容だけで言えば徳島が勝ってたね。

リカ将が4年間積み上げてきたものが、しっかり出てたと思う。
前半なんて、もう完全に徳島ペースでね。
立ち上がりこそ様子見してる感じはあったけど、それで「いける」と判断できたんだろうね。
そこからは、もう徳島がボール握って"自分たちのサッカー"が出来てましたよ。

惜しむらくは最後の精度のトコ。
シュートもそうやし、クロスもそう。
もうチョット合っていれば、、、

象徴的だったのが、パトリックが先制点あげる直前のシーン。
垣田がね、もう後は合わせるだけ、って所までいったのよ。
パーフェクトな決定機だったのよ。
でもシュートは宇宙開発。
そして、そうこうしてたらなんかゴチャゴチャっとした流れの中でパトリックに押し込まれて先制されるというね・・・。

ガンバのゴールシーンなんて、言ってみれば大したチャンスでもなんでもなく。
なんかフワッとしたボールから、なんとなく押し込まれちゃったっていうようなね。

だから悔しいやろうなぁ徳島サポは。

2失点目も同じような感じ。
良い感じで徳島がパス回せてたんですよ。
同点もイケるんちゃう?って雰囲気の中でカウンター喰らってトドメ刺される。
まぁこのシーンはボールの取られ方が悪かったから、自業自得な側面もあったけどね。
でも良い感じだっただけに悔しいだろうね。

身内贔屓じゃないけど、武流が右SBに入ってから更に流れが良くなったのよ。
おいおいセレッソおった時、こんな躍動できてたか?武流!?ってぐらいにね。
トップ下に入った渡井も素晴らしいゲームメイク出来てたし。
押せ押せやったのよね。

でもそこで決めきれなかった徳島、少ないチャンスをモノにしたガンバ、って言ってしまえばそれまでやけど。

ガンバは2トップも全く機能してなかったし、誰が良かったとかなかったからね。
よくこれで勝てたな、って内容。
でも結果が全ての世界であるのも事実。

ヴォルティスは、このサッカー出来るならJ1でも戦えると思う。
J2優勝も納得。
でもリカ将が浦和に引き抜かれちゃったので、またイチから出直し。
純粋な戦力値なら既存のJ1クラブと比較すると大きく離されてるから、降格候補にはなってしまうな・・・。
西谷のサイドアタック、凄く期待できそうな感じなので、J1の舞台でのリカ将ヴォルティスが観たかったねぇ。

 

 

       

|

« 川崎×秋田 第100回 天皇杯 準決勝 | トップページ | フロンターレ×ガンバ 2020 天皇杯 決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川崎×秋田 第100回 天皇杯 準決勝 | トップページ | フロンターレ×ガンバ 2020 天皇杯 決勝 »