« セレッソ×レイソル 2020 J1 第32節 | トップページ | ガンバ×ヴォルティス 第100回 天皇杯 準決勝 »

2020年12月27日 (日)

川崎×秋田 第100回 天皇杯 準決勝

川崎 2-0 秋田

【得点】
三笘(39分)、田中(83分、直接FK)

【メンバー】
川崎フロンターレ(4-2-3-1):チョンソンリョン、山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟(C)、旗手怜央(67分、車屋紳太郎)、守田英正、大島僚太(86分、中村憲剛)、田中碧、レアンドロ・ダミアン(67分、小林悠)、家長昭博、三笘薫(81分、長谷川竜也)
SUB:丹野研太、脇坂泰斗、山村和也

ブラウブリッツ秋田(4-4-2):田中雄大、鈴木準弥、千田海人、加賀健一、輪笠祐士、江口直生、山田尚幸(C)(66分、鎌田翔雅)、沖野将基(76分、久富賢)、茂平(76分、青島拓馬)、井上直輝(59分、北脇健慈)、中村亮太(66分、田中直基)
SUB:渡辺泰広、韓浩康

【コメント】

・堂々たる王者の戦い
・秋田も奮闘したが、、、
・最後は質の違い

って試合でした。

Myboard_20201231131001

Myboard1_20201231131001


J1王者とJ3王者の対決となったセミファイナル。
個人的に興味があったのは秋田がドコまで出来るのか。

今季圧倒的な強さでJ3を制覇した秋田。
優勝決めるまで、なんと無敗。
総失点も一桁と段違いの強さを見せました。
消化試合になってからは負けたり失点もかさんだりで、最終成績だけ見たら大した事ないように見えちゃうかもやけど。

そんな秋田のサッカーがJ1相手に通用するのか。
成績だけから考えると、J1下位チーム相手になら勝利する事もありえるんじゃないか、って気がする雰囲気やからね。

でも今日は相手が悪かったなぁ。
フロンターレも秋田に負けず劣らず圧倒的な強さでリーグを制覇したチームだった訳ですから。
しかもカテゴリー2つ上のね。

その差が如実には出たかな。

なんせ、秋田は総シュート1本。
前半なんてシュート0で終わっちゃいましたからね。

いや~、まぁ川崎強いもんなぁ。

前線からの鋭いチェックで秋田がボール奪ったシーンあったんですよ。
おっ!秋田こういう感じね!!イイやん!!!
って思ったのも束の間、それ以上のプレスで川崎はボール奪い返しましてね。
そこから鋭いカウンターでチャンスまで作っちゃうんだから、やっぱフロンターレ強い。
やっぱレベルが違う。

先制点となった三笘のゴールにしても、再現性ありありで。
こういうの、今季何回も決めてたよな、って感じ。
だから必然のゴール。
田中碧のFKによる2点目はJ1上位レベルのGKなら止めてたかもしれんけどね。

まぁそれでもフィニッシュ精度は高い。

中村憲剛の等々力ラストマッチを有終の美で飾れた、って意味でも良い試合だったね。

 

 

 

 

 


          

|

« セレッソ×レイソル 2020 J1 第32節 | トップページ | ガンバ×ヴォルティス 第100回 天皇杯 準決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セレッソ×レイソル 2020 J1 第32節 | トップページ | ガンバ×ヴォルティス 第100回 天皇杯 準決勝 »