« アビスパ×サガン 2021 J1 第30節 | トップページ | 京都×相模原 2021 J2 第33節 »

2021年10月 2日 (土)

神戸×浦和 2021 J1 第31節

神戸 5-1 浦和

【得点】
V:大迫(8分)、イニエスタ2(21分直接FK、34分)、武藤(53分)、ボヤン(84分)
R:小泉(49分)

【メンバー】
ヴィッセル神戸(4-4-2):飯倉大樹、山川哲史、菊池流帆、フェルマーレン、酒井高徳、セルジ・サンペール(70分、大﨑玲央)、郷家友太(70分、リンコン)、佐々木大樹(HT、中坂勇哉)、イニエスタ(C)(75分、ボヤン)、大迫勇也、武藤嘉紀(87分、小林友希)
SUB:前川黛也、初瀬亮

浦和レッズ(4-2-3-1):西川周作(C)、酒井宏樹(81分、西大伍)、岩波拓也、ショルツ、明本考浩、平野佑一(70分、伊藤敦樹)、柴戸海、関根貴大(87分、大久保智明)、小泉佳穂(81分、田中達也)、汰木康也(HT、ユンカー)、江坂任
SUB:鈴木彩艶、槙野智章

【感想】

・イニエスタ無双
・こんなに差が出た理由は謎
・不運もあったレッズ

って試合でした。

Tacticalista_20211021721


同じ勝ち点で並ぶ両チーム。
ACL圏内に入るためには、互いに「絶対負けられない一戦」なんです。

試合前の予想としては「レッズやや優勢」でした。
その根拠としては、神戸が中2日なのに対して浦和は中6日なのでコンディション面で上回っている。
公式戦10戦無敗の浦和に対して、神戸は直近の試合で敗戦、好調ぶりもレッズの方が上。
っていう感じだったからです。

ところがどっこい、蓋を開けてみればヴィッセルがマニータで爆勝。
この夏に補強したCFトリオ(大迫&武藤&ボヤン)がゴール揃い踏み。
更には大黒柱イニエスタも2得点、と何の文句もつけようが無い試合になりました。

なんで、こんなに差が出たんやろうねw
分かりません。

レッズが不運だった理由を探すとすると、イニエスタの2点はどちらもDFに当たって西川としてはノーチャンスだった事。
そして、レッズの決定機がポストとバーに嫌われた事。
この2つを挙げる事が出来ます。
つまり、これを差し引くと3-3の試合でした、と無理やり言えるw

まぁヴィッセルが良かったのは事実だけどね。
前からのディフェンスがしっかりハマって、それをゴールに繋げることが出来てたし。
あと、大迫、武藤、ボヤンは決定力やっぱり高いしね。
先制点の見事なパスを出した高徳もそうやし、もちろんイニエスタの技術も冴えわたってたし、個の力が段違いなのは否定できない。
札束で殴った、という部分よww

サンペールの稼働力も素晴らしかったしね。

元バルサの4人が、なんだかんだ輝いてた。
ボヤン君のゴールは個人的にも嬉しいし。

 

 


           

|

« アビスパ×サガン 2021 J1 第30節 | トップページ | 京都×相模原 2021 J2 第33節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アビスパ×サガン 2021 J1 第30節 | トップページ | 京都×相模原 2021 J2 第33節 »