« 湘南×鹿島 2022 J1 第26節 | トップページ | エバートン×リバプール 22-23 プレミア 第6節 »

2022年9月 3日 (土)

京都×神戸 2022 J1 第28節

サンガ 2-0 ヴィッセル

【得点】
松田(1分)、豊川(9分)

【メンバー】
京都サンガF.C.(4-3-3):上福元直人、長井一真(HT、本多勇喜)、井上黎生人、麻田将吾、白井康介、川崎颯太(80分、福岡慎平)、武富孝介、武田将平、山﨑凌吾(75分、木村勇大)、豊川雄太(83分、ウタカ)、松田天馬(C)
SUB:マイケル・ウッド、アラン・カリウス、パウリーニョ

ヴィッセル神戸(4-3-3):前川黛也、山川哲史、マテウス・トゥーレル、小林友希(59分、退場)、酒井高徳、大﨑玲央、郷家友太(HT、佐々木大樹)、山口蛍(C)、武藤嘉紀(85分、藤本憲明)、飯野七聖、汰木康也(72分、小田裕太郎)
SUB:飯倉大樹、槙野智章、初瀬亮、小林祐希

【感想】

・電光石火の勝利
・神戸は全く良いトコ無し
・木村君、可能性ある

って試合でした。

Photo_20220913114301

残留争い渦中の両チーム。
その差は2ポイントな所謂「シックスポイントマッチ」です。
京都は負けてしまうと一気に順位逆転されてしまいます。

という似通った境遇の両者。
同じ4-3-3というシステムでの戦いになりましたが、開始10分までで電光石火の試合運びをサンガが魅せます。

素晴らしい立ち上がりでしたね。
今日はやるぞ!!!というのが存分に見えた。
そこで結果を出せたのも見事。
先制点も相手DFのギャップを突けたし、華麗なパスワークで崩した2点目は年間ベストゴール候補なんじゃないでしょうか。
どちらの得点も複数人が絡んで、動きをつけて、パスを繋いで、という曺貴裁も満足できるゴールだったと思います。

いきなり出鼻をくじかれたヴィッセルでしたが、対抗策が無かった。
だから、この順位って言われればそれまでなんやけどね。
イニエスタも大迫も居ないと、まるでパワー不足。
特にイニエスタ不在だと誰もゲームを作れない。
郷家に代役が期待されてたのかもやけど、全く目立てないままHTに交代。
後半からはゲームを作るのではなく、佐々木と武藤の2トップで(ある意味割り切った)パワープレーで来ました。
しかしながら、そんなプランも小林のレッドカードでジエンド。
僅か15分で終焉です。
後半開始早々の佐々木のシュートがポストに嫌われてなければ、、、てのはあったかもやけど。

まぁ「戦術汰木」じゃ厳しいよね。
汰木自体は良いパフォーマンス披露してたし、惜しいチャンスも作ってたけど。
彼だけではなぁ。
後は大﨑が3列目から飛び出してくるのがチョット怖かったぐらいのもんでね。

トータル全く良いトコ無し、と言っても過言ではなかった。
武藤も全然存在感なかったし。

そもそもピッチ上にディフェンダーが多すぎなんよね。
小林が退場になった後、山川がCBに移って、飯野が右SBに下がった訳なんですが。
ここ大﨑がCBに下がるというプランでもOKだった訳で。
CBを投入せずとも、これだけ選択肢があるというのがなぁ。
6人もDF先発させなくて良いでしょ、とは思う。

逆にサンガにとっては久しぶりの会心のゲーム。
最初のチャンスを、しっかりと決めたのが大きかったね。
キャプテンの功績!

そんなキャプテンをDFラインまで下げて、5人で守る時はしっかり守ってたのも割り切った戦術で良かったのかもね。
長井と白井が左右どちらのSBも出来るし、長井はCBも出来るので柔軟に戦えてたなぁ。

途中から入った木村君も可能性見せてくれたし。
単独ドリブル突破からのポスト直撃シュートは惜しかったね。
あれは決めさせてあげたかったなぁ。
思いっきりの良さといい、今後も期待できる選手。

まぁウタカの最後のポスト直撃シュートも入れさせてあげたかったw
最後にアレが入ってたら、凄く祝祭ムードでスタジアムは包まれてただろうな。

 

 

 

 

 

             

|

« 湘南×鹿島 2022 J1 第26節 | トップページ | エバートン×リバプール 22-23 プレミア 第6節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湘南×鹿島 2022 J1 第26節 | トップページ | エバートン×リバプール 22-23 プレミア 第6節 »