« 京都×神戸 2022 J1 第28節 | トップページ | ユナイテッド×アーセナル 22-23 プレミア 第6節 »

2022年9月 3日 (土)

エバートン×リバプール 22-23 プレミア 第6節

エヴァートン 0-0 リヴァプール

【メンバー】
エヴァートン(4-3-3):ピックフォード(C)、パターソン、コーディー、ターコウスキ、ミコレンコ、オナナ、デイヴィス(62分、I・グエイェ)、イウォビ、モペイ、グレイ、ゴードン(82分、マクニール)
SUB:ベゴヴィッチ、
マイケル・キーン、コールマン、ヴィナーグレ、アラン、スタンリー・ミルズ、サロモン・ロンドン

リヴァプール(4-3-3):アリソン、アレクサンダー・アーノルド(59分、ミルナー)、ゴメス、ファン・ダイク(C)、ツィミカス(59分、ロバートソン)、ファビーニョ、エリオット(80分、マティプ)、カルヴァーリョ(HT、ロベルト・フィルミーノ)、ヌニェス(80分、ディオゴ・ジョタ)、モハメド・サラー、L・ディアス
SUB:アドリアン、バイチェティッチ、ナサニエル・フィリップス、アルトゥール

【感想】

・両GKパラドン祭り
・枠にも嫌われまくり
・妥当なエンパテ

って試合でした。

Tacticalista_2022971724

伝統のマージーサイドダービーです。
近年はリバプールが強すぎて・・・って印象ですが、そんなのも関係なくなるのがダービー。
今日も熱い試合でしたね。
エバートンはここまで勝ち星なく下位に沈んでるにも関わらず、全く互角の戦いを魅せてくれました。
こうなるのがダービーなんだろうな。
あと1cmシュートがズレてたら勝ってたかも、って展開やったし。

まぁリバプールも今季は勝ったり負けたりが続いてて本調子じゃないんやろうし、中盤に負傷者続出で苦しい台所事情だった、ってのもあると思います。
次のミッドウィークにはCLも控えてるしね。
そういう中では、よくやった方なんかな。
やっぱエンパテという結果は妥当な感じかな。
という試合。

なんしか両GKが凄かった。
ピックフォードもアリソンもパラドン連発。
途中でファビーニョが苦笑いしてたシーンがあったけど、まさにそれでね。
これでも入らないか、というのが一杯あった。

プラス枠にも嫌われまくった。
両チームにとって、今日は「入らないDAY」やったね。
コーディーのゴールVAR取り消しに関しては、まぁ完全にオフサイドやったから、そこは議論のポイントじゃないけど。
(でも一旦ゴールとなった時のスタジアムの盛り上がりは凄かったな~)

個別の選手にコメントしていきます。
まずはイウォビ。
インサイドハーフの選手として素晴らしいパフォーマンスでした。
ガナ時代は、こんなプレーヤーじゃなかったよね??
そんなに詳しくはないけど、コンバートが成功した例になりそう。

続いてゴードン。
新10番として期待されてるだけの事はあるな、というプレーぶり。
既に風格も貫禄も漂ってた。
攻撃のキーだったので、来季にはビッグクラブ行ってるんじゃないでしょうかね。

エリオットとカルヴァーリョ。
人手不足なので先発になったんでしょうが、チャンスを活かせなかった感じ。
途中交代もやむなし。
クロップ的にもシステム変更(4-3-3から4-4-2へ)せざるを得なかったんでしょうな。
元バルサのアルトゥールがハマったり、元バルサのチアゴが復帰してくれば状況変わるんでしょうが。
これの煽りを喰らったせいか、サラーが今日は王様じゃなかった。
(それでもポスト直撃弾とか惜しい場面はあったけどね)

ヌニェス。
風貌とかガタイとかから、かつてのレッズの9番アンディ・キャロルっぽいなぁと思って見てたけど、背後からのボールを胸トラップからボレー撃った瞬間に正にキャロルだなぁと思った。
そして、それが入らなかったのもキャロルっぽいw
キャロルみたいに「移籍失敗」とならなきゃいいけどね。
フィルミーノの牙城を崩すのは大変だろうから、チャンス貰えてるうちに結果出したいところ。

 

 

 

 

 

                                  

|

« 京都×神戸 2022 J1 第28節 | トップページ | ユナイテッド×アーセナル 22-23 プレミア 第6節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都×神戸 2022 J1 第28節 | トップページ | ユナイテッド×アーセナル 22-23 プレミア 第6節 »