« トッテナム×リバプール 22-23 プレミア 第15節 | トップページ | しまね×鈴鹿 2022 JFL 第30節 »

2022年11月12日 (土)

鈴鹿×FC大阪 2022 JFL 第29節

鈴鹿 1-2 FC大阪

【得点】
P:カズ(24分)
O:木匠2(3分、42分PK)

【メンバー】
鈴鹿ポイントゲッターズ:岩脇力哉、今井那生、平出涼、中村俊貴、上田駿斗、中里崇宏(80分、海口彦太)、日根野達海、和田篤紀(62分、中村健人)、松木駿之介(80分、進藤誠司)、三浦知良(C)(HT、ヴィニシウス)、川森有真(58分、三宅海斗)
SUB:石井綾、金泰煜

FC大阪:永井建成、坂本修佑(C)、舘野俊祐(80分、西矢健人)、山崎舜介(80分、田中直基)、谷口智紀、日髙慶太(35分、町田蘭次郎)、禹相皓、清本拓己(66分、上月翔聖)、木匠貴大、今村優介(66分、宇高魁人)、久保吏久斗
SUB:櫻庭立樹、澁谷雅也

【感想】

いや~、震えました。
久々にリアルタイムで観たキングのゴール。
たまらんなぁ。

という感想を書くためだけのレポです。
今日のは。

一応試合前の状況としては同率首位のFC大阪と、特に何も懸かっていない鈴鹿、という立ち位置。
鈴鹿はホーム最終戦って事で、ややセレモニー的な位置づけの試合だったかな。
FC大阪としてもJFL優勝が懸かってるとはいえ、そんなにプライオリティが高いタイトルではないでしょう。
JFLに関しては、昇格できるかどうかがポイントだろうから。

まぁ地力としてはFC大阪の方があるんでしょう。
GKのミスを突いて、早々に先制できたのも実力の内かな。
どうもハンドっぽかったけど(苦笑)
JFLにはVARが無いのでね。

個人的には試合前、非常に眠たかったのですがゲーム始まったら眼が冴えた。
やっぱKINGのプレーを追ってると夢中になれる。
得点シーン以外にも「おっ!!」という場面は2回あった。
やっぱ気になるよね、動きが。一挙手一投足が。

輝かしい場面は飲水タイム前のCK。
手前で味方がすらせたボールに対してGKの眼前でダイビングヘッド。
もう1回言うけど震えたね。
そしてカズダンス。
ホームサポーターにとってはシーズンの終わりの試合ですから。
そういう試合で華を飾るというのが、まさに千両役者。
うん、素晴らしい!!

興奮の内にハーフタイムへ。

でも後半ピッチにKINGの姿は無し。

私は、そっとYouTubeを閉じました・・・・

 

 

 

 

 

 

               

 

|

« トッテナム×リバプール 22-23 プレミア 第15節 | トップページ | しまね×鈴鹿 2022 JFL 第30節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トッテナム×リバプール 22-23 プレミア 第15節 | トップページ | しまね×鈴鹿 2022 JFL 第30節 »