« サンガ×ガンバ 2023 J1 第8節 | トップページ | 鹿島×ガンバ 2023 J1 第10節 »

2023年4月22日 (土)

神戸×マリノス 2023 J1 第9節

ヴィッセル 2-3 マリノス

【得点】
V:汰木(19分)、大迫(28分)
M:アンデルソンロペス2(33分、82分)、渡辺(45+2分)

【メンバー】
ヴィッセル神戸(4-3-3):前川黛也、酒井高徳、山川哲史、本多勇喜、初瀬亮、齊藤未月、山口蛍(C)、井出遥也(67分、佐々木大樹)、大迫勇也、武藤嘉紀(86分、イニエスタ)、汰木康也(76分、ジェアン・パトリッキ)
SUB:坪井湧也、マテウス・トゥーレル、大﨑玲央、リンコン

横浜F・マリノス(4-3-3):一森純、山根陸(86分、エドゥアルド)、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也、喜田拓也(C)、渡辺皓太、マルコス・ジュニオール(67分、西村拓真)、アンデルソン・ロペス(90+3分、杉本健勇)、水沼宏太(67分、ヤン・マテウス)、エウベル(90+3分、吉尾海夏)
SUB:飯倉大樹、藤田譲瑠チマ

【感想】

・攻撃力で撃ち返す
・両CFハンパないって!
・未月と蛍のダイナモっぷり

って試合でした。

Photo_20230424132901

首位を快走するヴィッセルと、昨季王者マリノスとの一戦。
両者の勝ち点差は5。
白熱の上位対決です!!

個人的には「ヴィッセルが何故ここまで結果出せてるの?」ってのが気になって観た試合。
吉田孝行が名勝なわけはなく、今季は恒例の大型補強も(親会社である楽天グループの経営不振により)なく。
本多勇喜や井出遥也といった、申し訳ないけどJ1レベルでは出場時間が限られてる選手をスタメンで使わざるをえない状況なのに。
それなのに、なぜ勝ててるのか。

結論としては、この1試合だけでは判断できなかった(笑)
なんせ盛大に逆転負け喰らったからね。
っていうのはあったけど、なんとなくヒントらしきものは。

なんしかファイトする。
凄い戦うよね。
これが吉田イズムと言われれば、そうなのかも。

そして個の力が高い。
昨季は残留争いでしたが、それがそもそも戦力値から考えると不思議な話だったわけでね。
一昨季のリーグ戦3位という結果が本来このチームが持ってるパワーから考えれば妥当な所なんでしょう。
昨季終盤の連勝の勢いそのままにシーズンに入れたというか、もともとのポテンシャルを発揮できてるというのが、分析として妥当な所かな。
別に吉田監督特有の戦術みたいなものは無いわけやし。
(選手交代ひとつ取って見ても大した事してない。例えば今日も井出→佐々木の交代は佐々木を右SHにして大迫と武藤で2トップ組ませるって風にしたのに、イニエスタを武藤と代えて再び1トップに戻してるし。結果前線の枚数足りなくなってるし。イニの魔法に期待するなら残り時間も少なかったのでDFライン削って、大迫武藤は残したままの方が良かったんちゃうかな)

なんせ大迫と武藤の前線は脅威やもん。
大迫、ボール収めまくるし。
それに武藤はしっかりと呼応できてるし。

汰木も伸びまくってるよね。
浦和時代に1つステップ上がった感じあったけど、最近は更にもう1つステップ上がってる。

そして中盤の未月と蛍ですよ。
この2人がボール拾いまくれる、奪いまくれる。
これが非常に大きい。
ここも大迫&武藤と同じぐらいの看板だわ。

ここ4試合で失点僅か1のDFラインは酒井高徳のハイレベルっぷりが光ってた。
っていうか、彼以外はクオリティ高くないのに、なんでそんな鉄壁っぷりを披露できてたんでしょう。
今日に関しても渡辺のゴラッソ以外は防げてたでしょ。
もちろんDFラインだけの問題ではないけど、決勝点となったアンデルソンロペスのヘディングは本多と初瀬が2人いたにも関わらず、全然邪魔すら出来てなかったし。
1失点目も水沼に簡単に(中央のスペースを)使われすぎ。
そして中央空けすぎ。
2-0とした直後の失点だったので余計に勿体なかった。
あと10分は粘りたかったよね。

神戸サポからすれば「審判に泣かされた」って側面も無きにしも非ずか。
後半立ち上がりの大迫ヒールショットは、VARで見てもホントに微妙なオフサイド取り消し。
1cm?2cm?それぐらいの世界。
そして終了間際の角田のハンドは審判によっては取ってるプレー。
あそこでPKだったら、大きく局面は変わってただろうからなぁ。

まぁマリノスも強かったよ。
0-2とされてからの逆転勝利は精神面でも強さを感じた。
流石ディフェンディングチャンピオン。

野戦病院と化してる右SBは色んな選手を試してるみたいやけど、今日も山根が失点に繋がる凡ミスをやらかしちゃったのでマスカット監督としては頭痛の種でしょうか。
本職じゃない山根を叩くのは可哀想だし、山根はそれ以外は良いプレー見せてたしなぁ。
終盤には角田を右SBに回したりと色々と苦労が伺える。。。

マルコス・ジュニオールが復調してきたのが好材料かな。
昨季終盤は "もう契約更新は無いんじゃないか" ってぐらい低調やったけど、彼が輝きを取り戻してくれたら西村と併用で使えるので脅威が増えるよね。
アンデルソンロペスは点取りまくるし、エウベル&マテウスはサイドえぐれまくれるし。
前線のブラジリアンカルテットだけで完結できるもんな。
水沼も今日2アシストと盤石やし。

まぁ昨季王者、やっぱ盤石だったなって試合でした。


P.S.パトリッキは相変わらずのスピードスターっぷりを見せつけてくれてて安心しました(*'▽')

 

 

 

 

 

 

 

               

|

« サンガ×ガンバ 2023 J1 第8節 | トップページ | 鹿島×ガンバ 2023 J1 第10節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンガ×ガンバ 2023 J1 第8節 | トップページ | 鹿島×ガンバ 2023 J1 第10節 »