« 鹿島×ガンバ 2023 J1 第10節 | トップページ | 浦和×アルヒラル 2022 ACL 決勝2nd leg »

2023年5月 3日 (水)

ガンバ×セレッソ 2023 J1 第11節

ガンバ 1-2 セレッソ

【得点】
G:ダワン(56分)
C:レオセアラ(28分)、加藤(90+0分)

【メンバー】
ガンバ大阪(4-3-3):谷晃生、半田陸、三浦弦太、クォンギョンウォン、黒川圭介、ラヴィ、ダワン(87分、倉田秋)、宇佐美貴史(C)、ジェバリ、ファン・アラーノ、食野亮太郎(60分、山見大登)
SUB:東口順昭、福岡将太、髙尾瑠、山本理仁、鈴木武蔵

セレッソ大阪(4-3-3):キムジンヒョン(C)、松田陸(HT、中原輝)、ヨニッチ、鳥海晃司、山中亮輔、原川力(68分、北野颯太)、奥埜博亮、香川真司(90+2分、進藤亮佑)、レオ・セアラ(68分、加藤陸次樹)、毎熊晟矢、為田大貴(60分、上門知樹)
SUB:ヤンハンビン、西尾隆矢

【感想】

・キム神ヒョン
・内容はガンバが圧倒
・見せつけた決定力

って試合でした。

Photo_20230503191501

今回も色んな意味で楽しませてもらった大阪ダービー。
いや~、極上のエンターテインメントやったね。

セレサポですが、今季のセレッソの試合をフルで観るのは初めて。
あんま良くないチーム状態と聞いてるけど実際の所はどうなのか、シンジはどれぐらいフィットしてるのか。
そんな所も興味深く観戦。

ガンバは今日で3試合目。
パスサッカーしまくってるけど上手くいってない、ってのは把握してはいる。

前節は共に敗北。
このダービーを浮上のキッカケにしたい想いも共通でしょう。

良い感じで立ち上がったのはガンバ。
良いリズム、良い流れでセレッソゴールに迫ります。
セレッソはミスが多すぎ。
全然ボールを前に運べない。
苦し紛れにクリアして、セカンドボール拾われて、また攻められるという繰り返し。
おいおい、こりゃぁマズいんじゃないの!?
という展開。

だったのですが、先制したのはセレッソ。
松田陸のアーリークロスをレオセアラがヘッド1発で沈めて均衡を破ります。
これぞセレッソが待ち望んでいたCFらしいCFのゴールって感じやったね。

先制したとはいっても内容は(その後も)向上はせず。
前半はガンバペースで終了。

このままやとヤバいよな~という気持ちでハーフタイムを過ごす。

後半から松田陸に代わって中原が登場。
マイクが右SBに下がります。
陸はケガなのか何なのか。
進藤や西尾ではなく中原を入れてきたので戦術的な意図があっての交代だったのかもしれない。

後半も試合を握ったのはガンバ。
相変わらずセレッソは防戦一方。
セレサポの意見を見てると為田を絶賛するコメントが(今シーズン)結構多いのよね。
俺たちの為田!って感じで非常に人気がある。
元々J2レベルの選手でしかなかったのに、そんなに成長してるの?って気になっててんけど全然やった。
いつもは良いパフォーマンス出してるのかもしれんけど今日は全然。
ボールロストも多いし、守備はダラダラ歩いてるし、攻撃では何ら脅威になってないし。
なんでスタメンで出てるの?というよりは、むしろ何故J1で試合に出れているの?ってレベル。
途中交代も必然やし、正直もっと早く代えろやと思ってしまってた。

ただ今日のセレッソは殆どの選手が低調なパフォーマンスやったね。
先制点を決めたレオセアラは守備でも強さを見せたり、ゴール以外でも前線の起点になっていたり、突破できてたりと良かった。

後は文句なしにジンヒョン。
後半のラストのラスト、あの左手1本の神セーブは震えたし、それ以外でも安定感ありまくりだった。
今日のMOMは間違いなくジンヒョン。

瞬間瞬間で良いプレー魅せてたのは、決勝ゴールのムツキもそうだし、シンジも流石の巧さがあった。
山中も勿論ピンポイントクロスによる決勝アシストは光ったし、北野も良い仕事した。

ただ、そういう1つ1つは良かったけど全体で言えばジンヒョンとレオセアラ以外は及第点以下かな。
山中も最後のスプリントは感動すらしたけど、それ以外は守備軽すぎ、攻撃でも絡めずダメダメすぎた。
マイクと中原の右サイドも、なんら脅威にはなれず。
中盤トライアングル(原川、奥埜、シンジ)もガンバに負けてたなぁ。
小菊監督は、その状況を打破したくて4-4-2に代えたんやろうけど、奥埜とシンジのWボランチってのも些か厳しいものがある。
上門もサイドハーフタイプではないしね。
結局最初から最後までプレッシングは機能せず、ボールの取りどころも明確に出来なかった。
そこプレスかけんでエエやろ、って所には行くのに、ここ潰せよ!って所は妙に軽かったりしたからなぁ。
プレスの連動性も無いし。

っていう内容で、ホンマよく勝てたわ(笑)
ジンヒョンの神セーブと、チャンス2回でのヘッド2発の決定力。
これに尽きる。
そしてもっと言うならガンバが勝負弱かった事に尽きるwww

まぁクロスに対して、あんな簡単にやられますか、というのはあるよね。

そしてチャンスというチャンスを逃しまくったし。
CKの数9対0よ。
9本とも活かせてなかったよねー。

ジェバリは相変わらず良いFWで、攻撃を潤滑に回しまくってたけど肝心の最後の所、決定力がなぁ。
2トップにして相方が居た方が良いのかもしれない。

食野は途中交代に号泣するぐらい気持ちが入ってたけど、じゃぁあんな見え見えのダイブすんなよってのはある。
このVAR全盛時代に久しぶりに見たわ、あんな華麗なダイブ。

宇佐美も脅威にはなってたけど、ジェバリ同様に最後の所がね・・・。

ポヤトスは良いサッカーしてるし、これを継続されると次回のダービーではボコボコにされるかもしれないという恐怖感はある。
この戦術が浸透していけば明るい未来はあると思うのよ。
なのでガンバサポはそんなにブーイングしなくて良いんじゃないかな。
現状はリーグ戦1勝しかしてないし、順位も下から2番目だし、ダービーでは負けるしでフラストレーションしかないのは理解できるけど。
ここを我慢できれば可能性はあるよ。

逆にウチは勝つには勝ったけど将来性あるんかなぁ・・・。
もう小菊監督じゃムリやと思うけど、、、、
このダービー勝利をキッカケの確変を期待してるなら、それも違うと思う。
だってダービーには勝ちまくってるんだから、ここ数年。
最早ダービー勝利は劇薬にはならんのだよ。

っていう両チームへの予言が良い意味で外れる事を願いたい。。。。

 

 

 

 

 

 


           

|

« 鹿島×ガンバ 2023 J1 第10節 | トップページ | 浦和×アルヒラル 2022 ACL 決勝2nd leg »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿島×ガンバ 2023 J1 第10節 | トップページ | 浦和×アルヒラル 2022 ACL 決勝2nd leg »