« レイソル×コンサドーレ 2023 J1 第16節 | トップページ | セレッソ×ヴィッセル 2023 J1 第17節 »

2023年6月 7日 (水)

セレッソ×HARIMA 2023 天皇杯 2回戦

セレッソ 5-0 HARIMA

【得点】
北野2(7分、74分)、阪田(53分)、石渡(55分)、毎熊(81分)

【メンバー】
セレッソ(4-4-2):ヤンハンビン、石渡ネルソン、西尾隆矢(C)、山下達也(83分、鳥海晃司)、舩木翔(60分、大迫塁)、喜田陽(60分、レオセアラ)、原川力、中原輝、阪田澪哉(60分、カピシャーバ)、上門知樹、北野颯太(75分、毎熊晟矢)
SUB:清水圭介、進藤亮佑
監督:小菊昭雄

Cento Cuore HARIMA(5-4-1):太田航生、末政翔大(56分、森隼平)、吉永唯人、鵜飼亮多、中條直哉(C)、高見祐哉、久保田駿斗、山領麗央(56分、田中正也)、小松峻輔(77分、高瀬廉)、堀田悠斗(67分、伏木一紘)、岡本奈也(67分、松本祐樹)
SUB:石川タデオ、宮本真都
監督:佐野裕哉

【感想】

・順当なマニータ
・テストしまくり
・原川4アシストの貫禄

って試合でした。

1_20230608162001

他会場でのガンバやサンガの敗戦を例に出すまでもなく、いつも何かが起こる天皇杯2回戦。
セレッソは無事ジャイアントキリングをされずに済みました。
そんでもって主力を休ませる事も出来たし、若手も結果残せたし、普段とは異なるポジションでも試せたりと収穫がかなり多かった試合。
若手ではないサブ組も結果出せたしね。

先発メンバーとシステムは↑↑の画像の通り。
松田陸の故障でネルソンが右SBに入った以外は、皆さん得意とするポジションでの先発。

そんな陸とヨニッチ、クルークス、清武、岡澤、陸次樹、木下って所が主力でもなく今日ベンチ入りもしてない方達。
全員の詳細は不明やけど、怪我やコンディション的な問題なんでしょう。
そうじゃなかったら流石に今日の試合、ベンチ入りぐらいはするだろうし。

右SBは、セレサポ内でも評価急上昇中の奥田勇斗君を観たかったけど、U-22代表の遠征で不在なので出場させる事が出来ず。
正直ガッカリしたけど、そんなガッカリ気分を消してくれたのがネルソン。

いや~、凄かったねネルソン。
関西サッカーリーグ1部所属、つまり実質5部リーグ相当なCento Cuore HARIMA相手だから出来たのか。
もっと上のカテゴリーのチーム相手でも同じプレーが出来るのか。
そこは定かではないけど、素晴らしい存在感でした。

前への推進力もそうだし、ボールもしっかりと奪える。
そして嬉しい嬉しいプロ初ゴールのオマケ付き。
ダイナミックな攻め上がりから、相手の上から覆いかぶさるような力強いヘディング。
しなやかさと力強さを兼ね備えた、スケールの大きいプレーヤーですよ。
ボランチのレギュラー争いは、セレッソの中でも一番激しい競争があるけど今後にも期待!

試合全体としては、前半攻めながらも中々ゴールは奪えなかったけど、後半は実力の差を見せつける事が出来た、って感じ。
上手くいかない中でCKから1点目、2点目を取れたのは大きかったし、原川は流石のキック精度やったね。

原川は、このCK2発も含めて計4アシストの大暴れっぷり。
ネルソンのヘッドを導いたメッセージ性の高いクロスもそうだし、マニータの仕上げとなった毎熊へのラストパスも見事でした。
原川→上門→毎熊→上門→原川→毎熊と華麗なパスワークで左サイドを崩した5点目は、これぞJ1!!って感じやったね。
連動性とエリア内に侵入して行く動きが、良かった。
そういえば4点目の起点も原川だったので、もう今日のMOMは間違いなしやな。

颯太は背水の陣というか、もう今日ダメなら終わりぐらいの並々ならぬ決意で臨んだらしいので2ゴールという結果が出て良かった。
先制点は颯太のゴールというか、オウンゴールっぽい気もしたけど、まぁ良し(苦笑)
先に触ってた、って事でしょう。
2ゴール目は、しっかりとゴール前に上がってた事でコボレ球を決める事が出来たのでFWの嗅覚というか、後が無いという気持ちがそうさせたのかというか。
この時間帯は右SHに入ってたので、より一層ゴール前に詰めてた動きは評価されるべきだと思います。
本人曰く悔しい想いしか残らなかったワールドユースでの経験が今後どう活かされていくかやね。
育成型期限付き移籍の話なんかも出てるようやけど、もう少しセレッソで観てみたいな。

選手交代と共に目まぐるしくポジションが入れ替わった今日の試合。
最終的な布陣は↓↓な感じでした。
2_20230608162001


3-0となって試合が決まってから動き出した今日の小菊監督。
カピとレオは正直出す必要性まったく無かったけど、彼等はある程度ゲームをこなした方がコンディション良いタイプなんかな?
それならそれで、この30分のプレーが週末のヴィッセル戦に繋がるなら良し。
なんせ次は中2日やからな・・・。

カピと大迫は、交代選手とそのままのポジションに入ったけど、レオは(ボランチ→CFの交代だったので)大移動が発生。
レオはCFに入り、CFやってた颯太が右SHへ。そして右SHやってた中原がボランチへ、って感じ。

次の颯太→毎熊も、そのまま右SH同士の交代で、ラストの山下→鳥海もCB同士の交代。
マイクが入って、ネルソン→ボランチ、中原→右SBという大移動があるかなと思ったけど、ポジションチェンジ発生せず。
今日はネルソン、大迫、中原に新ポジションテストの意味もあったっぽいな。
ただ、中原のボランチは試す必要ある??
中原がどうこうではなくって、今年のセレッソはボランチ多すぎるからさ(苦笑)
原川、喜田、香川、徳真、奥埜、岡澤、大迫、ネルソンと居て、多分キヨも大怪我から復帰してきたらボランチやると思うし。
こんだけおるのに更に中原も試すのwww
って感じがある。

山下は(勝手に想像してたよりは)元気そうでした。
怪我でもないのに全く試合に絡めてなかった(ベンチ入りも無し)ので、もう引退なのかなと不安に思ってたけど。
今日は普通にやれてたね。

阪田君は最初メチャクチャ緊張してたし、前半の超絶ビッグチャンスもシュートふかしたりと全然やったけどゴールに救われたかな。
こういう経験を糧に出来れば、次からは大丈夫でしょう。

最後に少しCento Cuore HARIMAにも触れときますか。
全く初耳のチームやったけど、前身がバンディオンセ加古川なのね。
それは聞いた事あるわ。
チーム名を変えてたのか。
ロゴはダサすぎるというか、練ってない感があるので、変えた方が良いんじゃないかとお節介的に思ったりもする。

佐野裕哉は選手兼監督って事で、普段のリーグ戦には出てるし、点も取ってるみたいやけど今日は監督業に専念。
あの天才・佐野裕哉のプレー、ちょっと観たかったな(*^_^*)

守備時は5バックとフラットな中盤4枚で守り、攻撃時は3-4-3みたいになってました。
決定機も3回ぐらいあったので、ひょっとしたらひょっとしてた可能性はあった。
ヤンハンビンって、ハイボール弱いんかな?
結構HARIMAの長いボールとか、ロングスローに苦戦してたので。
まだまだジンヒョンの壁は高いでしょうが、彼もこういう試合をキッカケにしてもらわないとね。

 

 

 

 

 

 

 


            

 

|

« レイソル×コンサドーレ 2023 J1 第16節 | トップページ | セレッソ×ヴィッセル 2023 J1 第17節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レイソル×コンサドーレ 2023 J1 第16節 | トップページ | セレッソ×ヴィッセル 2023 J1 第17節 »