« FC東京×サンガ 2023 J1 第23節 | トップページ | 柏×マリノス 2023 J1 第26節 »

2023年8月19日 (土)

京都×札幌 2023 J1 第24節

サンガ 3-0 コンサドーレ

【得点】
原(40分PK)、福田(73分)、パトリック(90+2分)

【メンバー】
京都サンガF.C.(4-3-3):太田岳志、福田心之助、アピアタウィア久(77分、谷内田哲平)、麻田将吾、三竿雄斗(71分、佐藤響)、金子大毅、川崎颯太(C)、松田天馬、山﨑凌吾(HT、イヨハ理ヘンリー)、豊川雄太(77分、パトリック)、木下康介(29分、原大智)
SUB:ハーン、平賀大空
監督:曺貴裁

北海道コンサドーレ札幌(3-4-2-1):大谷幸輝、田中駿汰、岡村大八、中村桐耶(77分、スパチョーク)、ルーカス・フェルナンデス、駒井善成、福森晃斗(C)(71分、荒野拓馬)、菅大輝(71分、宮澤裕樹)、浅野雄也、青木亮太(71分、キムゴンヒ)、小林祐希
SUB:松原修平、馬場晴也、トゥチッチ
監督:ペトロヴィッチ

【感想】

・内容は互角
・決定力の差だけ
・太田のパラドン

って試合でした。

Photo_20230821094001

2連敗中のサンガと、7試合勝利から遠ざかってるコンサドーレ。
調子としても下り坂な下位チーム同士の一戦です。
降格ラインとは少し差はありますが、互いに「とっとと抜け出したい。この相手には勝ちたい」って思ってたでしょうね。

内容は両チームともにパッとしませんでした。
この順位に居るのも納得って感じで、直前に観た「サンフレ×フロンターレ」とはクオリティが違いすぎた。
それがそのまま勝ち点の差に出てるな~という気がしたよ。
残念ながら。

どんよりした内容ながらも効果的に3点を奪って勝ったサンガは評価に値すると思います。
ちょっとボタンが掛け違ってたら逆のスコアもありえたぐらいに拮抗した試合だったので、コンサドーレも"大敗"って感じはなかったけどね。

勝負を分けたのは、シンプルに決定力の違いだけでしょう。
コンサは開始30秒で得たGKとの1対1のチャンスも駒井が決められず。
GKと1対1になりかけた青木のチャンスも枠を外れ。
PKも浅野が止められ。
青木のミドルはバーに嫌われ。
ってな具合に全然決める事が出来なかった。

まぁサンガもそれなりには外しててんけど、原はキッチリPK決めたし、福田も粘って執念で叩き込んだし、パトリックは円熟の決定力を披露しました。
山﨑のトラップがダメダメだったり、豊川のシュートに全く迫力が無かったり、勿体ない場面も多かったけどトータル3点取ったからね。

札幌はGKが弱かった要素もあるよなぁ。
トリニータから高木を緊急補強しないといけない台所事情ですから。
大谷はキャリアこそ長いけど、キャリアはそんなに積んでない、っていう謎かけみたいな選手だしねw
2ndキーパー歴が長い人は、えてしてこうなっちゃうねんけど。
観てると、やっぱレベル低いよなぁってプレーが多かったから。
トップクラスのポルテーロなら今日は完封してたかもよ。
3失点ともにGKにとってノーチャンスではなかったから。
(PKに関してはPKを与えた場面も含めて言及してます)

逆に太田はパラドン祭り。
大谷以上に"キャリアは積んでない"2ndキーパーだし、もっと言うとサンガでは「第4GK」扱いだったわけですから意外な活躍と言って良いと思う。
失礼ながら。
32歳にして、こういう成長するのは驚きやけど今季はルヴァンでもPK止めてるらしいので自信に裏打ちされたプレーだったのかもね。
前述したコンサのビッグチャンス、青木のミドル以外は対処できてた訳ですし。

福田に関しては活躍も目立ったけど、ダメな所もあった。
例えばハイライト映像だけを観たなら、攻撃面で凄く効いてるラテラルに見えると思う。
白井移籍しても安泰だ、という印象を受けるでしょう。
でもディフェンスがなぁ。
前述したコンサのビッグチャンスの最初の2つは、どっちも福田がライン揃えてなかったからオフサイド取れなかったのよ。
福田が余ってたせいでビッグチャンス提供しちゃってた訳でね。
曺貴裁は後半頭から3CBにシステム変更してきたけど、もしかしたらこういうのも影響してるかも知れません。
3バックの方が当然ラインコントロールしやすいし。

まぁまだまだ課題はあるけど、伸びしろでもあるので今後良い選手になる可能性は高い。
中高6年間を過ごしたコンサドーレに恩返し弾を喰らわせるドラマ性も持ってる選手ってのも夢があるしね。

両監督の采配にも言及しておきますか。

まずは曺貴裁。
前半なかばで木下を代えたのはアクシデントだったのか、それとも戦術的な意図だったのか。
原大智の試合後コメントで「急に出番がきて、そんなに準備出来てなかった」節の談話があったのでアクシデントやったんかなぁ。
木下がダメで代えたのやったら「このままの出来やったら代えるで」ってのも伝えてたかもやし。
わからんけど。

ただ結果としては原投入はあたりました。
三竿との連携でPK奪取した場面も良かったし、しなやかなポストプレーでチャンスも多く作ってた。
PK献上は不運要素が強かったので、しゃーなしで良いでしょう。

山﨑とアピ、三竿の交代はアクシデントによるものなので曺貴裁としても頭を悩ませる要素だったかも。
特に山﨑に関してはシンプルにパトリックと代える訳じゃなく、交代を機にシステムごとイジってきたので。

ただ残念ながら3-4-3システムは機能していたとは言い難く後半はコンサにペースを握られちゃいました。
アピのアクシデントをキッカケに再び4バックに戻すねんけど、もっと早く戻しても良かったとは思うね。

ミシャも意外に動き遅かったなぁ。
前半も追いつくチャンスあったし、後半も押してたから中々判断は難しかったとは思うけど。
そんでもって、ようやく3枚替えに踏み切ったら直後に決定的な2点目奪われるというジレンマ(苦笑)
7試合も勝ててないと迷走しちゃうわな~。

サンガは久々の勝利で降格圏とは9pt差に。
まだまだ10試合もあるので安心は出来ないけど、9って数字は結構安心やと思うよ。

 

 

 

 

 

           

|

« FC東京×サンガ 2023 J1 第23節 | トップページ | 柏×マリノス 2023 J1 第26節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FC東京×サンガ 2023 J1 第23節 | トップページ | 柏×マリノス 2023 J1 第26節 »