« 湘南×広島 2023 J1 第22節 | トップページ | サンフレッチェ×フロンターレ 2023 J1 第24節 »

2023年8月12日 (土)

FC東京×サンガ 2023 J1 第23節

FC東京 2-0 サンガ

【得点】
渡邊(36分)、東(58分)

【メンバー】
FC東京(4-3-3):野澤大志ブランドン、白井康介、森重真人(C)、エンリケ・トレヴィザン、長友佑都、小泉慶、松木玖生(75分、塚川孝輝)、東慶悟(75分、ジャジャ・シルバ)、ディエゴ・オリヴェイラ(82分、木本恭生)、渡邊凌磨(67分、仲川輝人)、俵積田晃太(67分、アダイウトン)
SUB:スウォビィク、徳元悠平
監督:ピーター・クラモフスキー

京都サンガF.C.(4-3-3):クソンユン、福田心之助、井上黎生人(79分、アピアタウィア久)、麻田将吾、佐藤響(69分、三竿雄斗)、金子大毅、谷内田哲平、川崎颯太(C)、山﨑凌吾(69分、パトリック)、山田楓喜(62分、原大智)、豊川雄太(62分、木下康介)
SUB:太田岳志、松田天馬
監督:曺貴裁

【感想】

・ベテラン奮闘
・決定力の違い
・ジャジャ面白そう

って試合でした。

Photo_20230814131601

中位のFC東京と、降格圏が迫っているサンガとの一戦。
F東は監督交代に踏み切ってから、少し昇り調子。
今回に限った話じゃないけど、監督が代わるという事はチャンスを貰えてなかった選手にも出場機会が出てくる訳で。
例えば野澤やエンリケが、それにあたります。
そういう選手が活躍してるのが大きいよね。
野澤はスウォヴィクの怪我というラッキーがあったからなんでしょうが、復帰してからもスタメン守ってるしね。
エンリケは元々能力が高い選手なので、木本かどっちかってなるとホントに好みの問題だけだったでしょうから。
私は当然木本派やけどw
ってか、木本とエンリケ先発で、森重サブでエエやん派ですけど。

まぁそういう状況もあってか森重も今日は奮起してた。
ハッキリ言って嫌いな選手やけど、鋭い読みからのインターセプト、狙い処バッチリな縦パス、サイドへ散らす展開力などなど。
森重の良さが如何なく発揮されてたね。
相変わらず汚いファウルはあったので、そこはやっぱ好きになれないけど。

東もアンカーの位置から2列目に上がって躍動してた。
これも監督の好みの問題なんでしょう。
元々トップ下の選手やしね。
適正と言えば適正。
まぁ東も全然好きじゃない選手やけどね。
プレー荒いから。
無駄なラフプレー多いねん。
今日もそれはあったけど、それ以外の所では活躍できてたのも事実。
前線と上手く絡めてたよなぁ。

終始クールにプレーしピンチを摘み取ってた長友と共に、ベテラン勢の奮闘が勝ち点3ゲットの要因だったと思います。

サンガは新戦力クソンユンのパラドンもあり2失点で終えれた印象。
もっと取られててもおかしくなかった。

でも勝てたチャンスもあったなぁ。
渡邊凌磨の先制点と同じようなレベルのチャンスが京都にもあったのよ。
それこそ先制点取られるチョット前に。
ただ豊川の決定的なシュートは松木にブロックされたのよね。
対するサンガは防げなかった。
シンプルに言うと、そこだけの差だったかも。
可能性はあったので少しの事で結果変わってたかもなぁ。

古巣戦で燃えてたであろう原大智はノーインパクト。
逆に白井は先制点に絡んだりとアグレッシブに活躍できてました。
このあたりは明暗が分かれたね。

曺貴裁としては井上の負傷以外は選手交代も狙い通りだったんでしょうが、ごっそり代えた3トップが機能しなかった。
三竿も千載一遇のチャンス逃したりとイマイチやったなぁ。

クラモフスキーも松木のケガ以外は意図した交代だった事でしょう。
終盤木本を入れて5バックにするのも前節同様やったわけやし。
新加入ジャジャがキレキレの動きを見せてたので、近い将来爆発するかもね。

完全に「サンガ応援スタンス」で観てた試合だったので個人的には凄く残念な結果でした。
サンガ残留できるんかな~。
去年同様厳しい戦いが残りも待ってるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

             

|

« 湘南×広島 2023 J1 第22節 | トップページ | サンフレッチェ×フロンターレ 2023 J1 第24節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湘南×広島 2023 J1 第22節 | トップページ | サンフレッチェ×フロンターレ 2023 J1 第24節 »