« 広島×名古屋 2023 J1 第29節 | トップページ | フロンターレ×アビスパ 2023 天皇杯 準決勝 »

2023年10月 8日 (日)

熊本×柏 2023 天皇杯 準決勝

熊本 0-4 柏

【得点】
戸嶋(9分)、片山(45+4分)、細谷(54分)、高嶺(90+4分)

【メンバー】
ロアッソ熊本(3-3-1-3):田代琉我、黒木晃平、江﨑巧朗、大西遼太郎、豊田歩(58分、阿部海斗)、上村周平、竹本雄飛(86分、田辺圭佑)、平川怜(C)、伊東俊(58分、粟飯原尚平)、島村拓弥(86分、東山達稀)、松岡瑠夢
SUB:佐藤優也、岡崎慎、土信田悠生
監督:大木武

柏レイソル(4-2-3-1):松本健太、片山瑛一(88分、土屋巧)、立田悠悟、古賀太陽(C)、ジエゴ、椎橋慧也(72分、仙頭啓矢)、高嶺朋樹、戸嶋祥郎(72分、小屋松知哉)、山田康太(81分、ドウグラス)、マテウス・サヴィオ、細谷真大(81分、武藤雄樹)
SUB:佐々木雅士、三丸拡
監督:井原正巳

【感想】
・実力差クッキリと
・プレッシング見事にハマる
・サヴィオで殴れた

って試合でした。

News_393493_1

J2で下位に沈みながらもJ1勢を倒しまくって準決勝まで勝ち上がってきたロアッソ。
鳥栖、FC東京、ヴィッセル相手に価値ある勝利を積み重ねてきた姿は、どこか昨季のヴァンフォーレにも似ていて。
2年連続で、そんな番狂わせも起こるんじゃないかと思わせる今年の天皇杯。
しかもセミファイナルの相手はJ1で苦しんでいるレイソル。
まだまだ残留争い中の太陽王が相手であればチャンスは大いにあるんじゃないか。
そんな風に思っている人も多かったでしょう。

しかしながら結果としては柏がJ1の意地を見せつけました。

うん、なんかこれまでの経緯とか関係なくキッチリ勝利したって感じやったね。
普通にJ1下位とJ2下位のチームが戦って、実力差通りの結果になったってだけみたいな試合やった。
まぁ本来こういうカタチで終わるもんなんでしょう。

柏はプレッシングの強度が良かったよね。
即時奪回、即時奪回でパスを繋ぎたいロアッソの出鼻を挫きまくってた。
そこからの先制点も見事でして、ホンマに狙い通りだったんだなと。
開始直後に選手同士の交錯があって5分ぐらい中断してたから、記録上の時間よりも"開始早々の得点"という印象は高かった。

前半開始直後、前半アディショナルタイム、後半開始直後という「良い時間帯」に3点奪って試合を決められたのも大きかったよね。
そこで光ってたのがマテウス・サヴィオ。
ゴール以外での貢献度も高かったけど、とりわけ2点目3点目に関しては殆どブラジル人のゴールみたいなもんでね。
2点目はCKを直接ズドン、3点目はミドルをズドンという形。
そのコボレを(俺たちの)片山が押し込んだり、そのミドルが細谷に当たったりしたから記録上は日本人達のゴールにはなりましたが。
その他にも左サイドで悉く1対1に勝利し、個人で組織を殴ることに成功し続けました。

「とりあえず左サイドは勝てる」ってなってたのはデカかったよな~。
これによってジエゴも自由にオーバーラップしまくれてた印象。

犬飼いなくても両CBは堅かったし、ダブルボランチも安定してたから失点する感じは全くなかった。
なので3点あれば全然試合は終わりました、ってムードでね。
最後の最後、4点目の鮮やかミドルはサポーターへのプレゼントという感じすらあった。
まぁこれはこれで簡単ではないゴラッソやったけど。
リラックスした状態やったからこそ、ああいうミドルも撃てたんだろうし。

柏が今大会を獲れるかどうかは分からないけど、今日の準決勝だけのイメージで言えば面白い決勝にはなりそうやね。

 

 

 

 

 

 


          

|

« 広島×名古屋 2023 J1 第29節 | トップページ | フロンターレ×アビスパ 2023 天皇杯 準決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島×名古屋 2023 J1 第29節 | トップページ | フロンターレ×アビスパ 2023 天皇杯 準決勝 »