« 磐田×町田 2024 J1 第10節 | トップページ | ガンバ×セレッソ 2024 J1 第12節 »

2024年5月 3日 (金)

マリノス×ジュビロ 2024 J1 第11節

マリノス 1-1 ジュビロ

【得点】
M:ロペス(64分)
J:ペイショット(84分)

【メンバー】
横浜F・マリノス(4-3-3):ポープウィリアム、松原健、畠中槙之輔、エドゥアルド、永戸勝也、喜田拓也(C)(59分、渡辺皓太)、植中朝日(59分、天野純)、ナムテヒ、アンデルソン・ロペス、ヤン・マテウス(74分、水沼宏太)、エウベル(59分、宮市亮)
SUB:白坂楓馬、加藤蓮、渡邊泰基
監督:キューウェル

ジュビロ磐田(4-4-2):川島永嗣、植村洋斗、森岡陸、リカルド・グラッサ、松原后、鹿沼直生(80分、ブルーノ・ジョゼ)、上原力也(C)(89分、藤原健介)、松本昌也(61分、西久保駿介)、平川怜(61分、古川陽介)、ジャーメイン良、マテウス・ペイショット
SUB:坪井湧也、小川大貴、石田雅俊
監督:横内昭展

【感想】

・まぁまぁな塩試合
・二の矢三の矢が無かったマリノス
・ペイショットの背筋力

って試合でした。

Photo_20240508184701

どちらも中位。
マリノスはACLとの過密日程、ジュビロは昇格1年目という事を考えたらマシな順位かもしれないけどね。
そんな過密日程から解放され、久々に休養充分で臨んだマリノスでしたが、芳しい内容ではありませんでした。
序盤からミスも多く、拙攻続き。
ジュビロにも迫力は無く、非常に眠たい試合でしたね。

後半、ようやくギアを上げてきたマリノスでしたが、それでも分厚い攻めは出来ず。
エウベルの負傷をキッカケに3枚替えに踏み切ってから、ようやく試合が動きました。
とはいえ、別に入った3人が格別良かったという訳ではなかったけどね。
宮市は決定機をモノに出来ずだったし、渡辺皓太も一時期A代表に呼ばれてた頃のような勢いはなし。
天野は植中よりはマシだったけどね。
まぁゴールに関しては、アンロペとマテウスの個のチカラですよ。
強力外国人のパワーと精度を見せつけた感じ。

そういう意味ではジュビロも強力外国人がチカラを発揮しました。
あの背筋力はエグいな。
畠中とエドゥアルドも、あれを決められては相手を褒めるしかないでしょう。
若干マークは外してたとはいえ、本来なら安全なボールだったでしょうから。

そんなペイショットと好調ジャーメインは補完性も良く、コンビネーションは抜群でしたね。
あれは良い2トップ。
後は中盤4枚のレベルが1つ上がれば、もっと上に行けるけどなぁ。
全員悪い選手じゃないねんけど、なにかしらインパクトがもうチョット欲しい。
そのあたりは横内監督も感じてるんじゃないんですかね?
中盤4枚すべて交代させてるから。
なかなか珍しいよ、交代で中盤を総とっかえってのは。

あと川島が今日もパラドン披露。
個人的な思い入れは無いけども、正直あんま活躍できないだろうなと思ってたのでビックリしてる。
普通に良いGKやね。

 

 

 

 

 

        

|

« 磐田×町田 2024 J1 第10節 | トップページ | ガンバ×セレッソ 2024 J1 第12節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 磐田×町田 2024 J1 第10節 | トップページ | ガンバ×セレッソ 2024 J1 第12節 »