« 神戸×セレッソ 2024 J1 第13節 | トップページ | ゼルビア×セレッソ 2024 J1 第14節 »

2024年5月12日 (日)

鹿島×ヴェルディ 2024 J1 第13節

鹿島 3-3 ヴェルディ

【得点】
A:鈴木(5分、PK)、名古(8分)、植田(50分)
V:齋藤(69分)、木村(81分)、見木(90+3分)

【メンバー】
鹿島アントラーズ(4-2-3-1):早川友基、濃野公人(63分、須貝英大)、植田直通(C)、関川郁万、安西幸輝、佐野海舟、知念慶(74分、土居聖真)、師岡柊生(63分、藤井智也)、名古新太郎(66分、樋口雄太)、仲間隼斗(HT、チャヴリッチ)、鈴木優磨
SUB:山田大樹、垣田裕暉
監督:ポポヴィッチ

東京ヴェルディ(4-4-2):マテウス、宮原和也(77分、松橋優安)、千田海人、山田裕翔(HT、谷口栄斗)、袴田裕太郎(73分、翁長聖)、綱島悠斗(60分、齋藤功佑)、森田晃樹(C)、山田楓喜(60分、チアゴ・アウベス)、見木友哉、木村勇大、山見大登
SUB:長沢祐弥、稲見哲行
監督:城福浩

【感想】

・もう何度目かのヴェルディ劇場
・鹿島は何が悪かったのか
・JFKの修正力?

って試合でした。

Photo_20240611145401

ジーコ曰く「日本のクラシコ」な今日の試合。
Jリーグ開幕時に覇権を争った両チームが16年ぶりに相まみえます。
93年はヴェルディに軍配が上がりましたが、その後の歴史は説明するまでもないでしょう。
緑の軍団が没落していくのを尻目に、赤鹿は常勝軍団となりました。
とりもとったり20冠、Jリーグ勝利数でも他を突き放してダントツの1位。
正直ヴェルディ的には「クラシコだ」なんて言えないぐらい大きな差があります。
でも鹿島側のジーコがそう言ってくれるんなら、これはクラシコなんですよ。
そしてクラシコの名に恥じない戦いを終盤のヴェルディは魅せてくれました。

まぁ最初からやれよ、って話はごもっともでねw
今季のヴェルディは、これで何回目よ、終盤のドラマは。
マドリーか、レヴァークーゼンか、ってぐらいに劇的な展開が続いてます。
ただ欧州の強豪との違いは取られるパターンも多いって事(苦笑)
終盤にやられる展開も多すぎるからね。

まぁそういうのも込みで色々オモロいクラブにはなってます。
これでなんと10試合負け無しですからね。
昇格クラブにしては、たいしたもんですよ。
3月はじめにセレッソに負けて以来、黒星ないんです。
お見事だわ。

同点に追いつけたのはJFKの修正力なんかな??
序盤から結構色々動いてたもんね。
例えば見木のポジション。
最初は左SHやってんけど、鹿島のCBとボランチの間を突く意図で途中からトップ下へ。
しばらくやらせた後、網島とポジション入れ替えてボランチに。
(網島の方が前線へのアプローチは適任だと思ったんでしょうな)
ってな具合で前半だけで3ポジションを見木はやりました。

それは山見も同様で、最初は2トップの一角。
途中から左SHに移ったかと思えば、チアゴアウベス出てきてからは右SHへ移動。
こちらは90分かけてやったけど、同じく3ポジション遂行でしたわ。

山田楓喜を諦めるタイミングも悪くなかった。
セットプレーでは鹿島に脅威を与えてたけど、流れの中ではイマイチだった楓喜。
とはいえ彼を下げてプレースキックでの強みを失くしてしまうというのもリスクではあった。
悩ましい決断やったとは思うけど、翁長を入れる事で解決したね。
非常に良いキック披露してくれたから。
結果的に2点目、3点目の起点になったし。
両SBを交代させるという決断も、なかなかのファインプレーやったね。

ってか結果的に4バックの内3枚かえてるのか(笑)
かなり珍しいパターンやけど、山田裕翔の交代は必然でした。
2失点目の守りとか酷かったもんなぁ。
ある意味、懲罰交代的な感じだったのかもしれん。
大卒ルーキーにドコまで求めるのか、って話になるかもやけど正直J1レベルではなかったよね。
怪我上がりの谷口は出来れば出したくなかったんでしょうけどね。

アントラーズは珍しく鹿島れなかった。
でも今季の鹿島はポ将が率いてるからね。
鹿島るDNAが薄くなってきても、それはしゃーないんじゃないかな。
ヴェルディの諦めない気持ちが上回ったって事なんでしょう。
3-0になった時は、このままゴレアーダなんかなって思ったからね。
NHKの解説で来てたラモスも諦めムードをバンバンに出してたし(苦笑)

でもJFKは諦めてなかったな~。
3失点喰らっても、熱い抗議でイエロー貰ってたぐらいやから。
そういう気持ちが選手にも伝わるんでしょうな。
昨日の小菊も、ああいうの見せてくれてたら・・・。

監督の違いが出た試合だったかもね。
ポ将の失策は濃野と師岡をセットで交代させた事。
この試合非常に効いてた右サイドコンビを揃って下げたんですよね。
あの采配は、舐めプに見えたよな~。
本音としても次に中2日で迎えるサンフレ戦を睨んでの交代だったんだろうし。
結果的にも、この交代以降3失点だもんね。
特に師岡は良かったから、代える意味全然なかったからな~。

直前の3試合は3連勝で勢いに乗ってた鹿島ですが、それまでは4勝1分4敗と勝ったり負けたりが続いてました。
まぁポ将が監督なんで、こんなもんよね。
知念のボランチコンバートが話題になってたけど、特別良い感じには見えんかったしな~。
良い意味でも悪い意味でも大して目立ってなかったよ。
でも代わって入った樋口も土居も中盤センターとしては全然目立ってなかったので、どっちもどっちって事なんかな。

基本的にはヴェルディ応援してたので、シンプルに良いゲームが観られて幸せでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

|

« 神戸×セレッソ 2024 J1 第13節 | トップページ | ゼルビア×セレッソ 2024 J1 第14節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸×セレッソ 2024 J1 第13節 | トップページ | ゼルビア×セレッソ 2024 J1 第14節 »