« マリノス×ジュビロ 2024 J1 第11節 | トップページ | 浦和×マリノス 2024 J1 第12節 »

2024年5月 6日 (月)

ガンバ×セレッソ 2024 J1 第12節

ガンバ 1-0 セレッソ

【得点】
宇佐美(28分)

【メンバー】
ガンバ大阪(4-2-3-1):一森純、半田陸、中谷進之介、福岡将太、黒川圭介、ダワン(79分、石毛秀樹)、鈴木徳真、ウェルトン(90+4分、唐山翔自)、宇佐美貴史(C)(90+0分、中野伸哉)、倉田秋(79分、山下諒也)、坂本一彩(90+0分、岸本武流)
SUB:東口順昭、江川湧清
監督:ポヤトス

セレッソ大阪(4-3-3):キムジンヒョン、毎熊晟矢(C)(36分、奥田勇斗)、鳥海晃司、舩木翔、登里享平(57分、上門知樹)、田中駿汰、奥埜博亮(57分、ヴィトール・ブエノ)、香川真司(66分、清武弘嗣)、レオ・セアラ、ルーカス・フェルナンデス、為田大貴(57分、柴山昌也)
SUB:清水圭介、クルークス
監督:小菊昭雄

【感想】

・両チーム共に良くなかった
・1発決まったか決まらなかったか
・不運も重なって5年ぶり敗戦

って試合でした。

Photo_20240508185601

こんな気持ち、味わったのは5年ぶりなのか。。。。
近年ダービーには滅法強かったセレッソ。
2019年以来負けてないし、直近では5連勝中。
しばらく「俺たちが~大阪さ~」って歌わせてなかったのは感慨深かってんけどなぁ。
今日に関しては我が軍、自滅しました。
失点シーンも勿論そうやねんけど、それ以外でもミスのオンパレード。
何回自陣の危険なゾーンでボール奪われんねん!って感じでね。
ビルドアップをやり続けるって意味ではミスを繰り返しても継続するってのは大切ではあるねんけどね。
大切ではあるねんけど、簡単にミスりすぎやろ!って気持ちにもなったわ。

ガンバは直近2連敗、セレッソも直近3試合白星無しと不調だった両チーム。
それがそのまま内容にも出てて、両チーム低調ではありました。
セレッソも酷かったけど、ガンバも酷かった。
自滅でチャンスは提供しちゃってたけど、それ以外では怖さなし。
むしろ提供したチャンスどんだけ外すねん、って感じやったし。
ジンヒョンのパラドンがあったにせよ、決定力なさすぎやろ!と。

例えば去年の今頃のダービー。
ガンバは負けたにせよ、このポヤトススタイルを継続すれば勝てる日が来るだろうな、ってのが見えたのよね。
明確なスタイルが見えた。
そして実際スタイルが確立できた夏場には勝ち点を積み重ねていってた。
(まぁその後、終盤連敗街道に入るというオチがつくねんけどw)
じゃぁ今日のガンバはどうだったのか?と言われてもチョット微妙。
何かが見えたという事もなく、今後どうしていくんかな?という感じ。
そりゃリーグ戦でも勝ったり負けたりを繰り返すよね。
中谷をはじめ個のチカラは高いから何となく勝てる時もあるんやろうけど、しっかり強い相手には勝てない。
まだ去年の序盤の方が(成績は悪かったけど)希望はあった気がするな~。

ってヨソ様の心配をしてる場合じゃないや。
前々節まで首位に立つなど開幕スタートダッシュに成功した感のあったセレッソやったけど、ここにきて失速。
今日も含めると4戦勝利なしで、その4試合で拾った勝ち点はたったの2ですからね。
色々対策されて上手く回らなくなってきた、って事なんかな・・・。
毎熊、登里の両SBによるビルドアップがウリの1つやったけど、今日は揃って負傷交代。
代わりに入った奥田君は頑張ってはいたけど、やはり現役日本代表と比べるのは可哀想でね。
もともと編成上DF陣が手薄だったので仕方ないねんけど、今日は終盤あちょがCBに入ってました。
進藤のケガと西尾の代表招集がなかったら、こういう緊急事態は回避できたんでしょうがね。

上門のピボーテは批判されまくってるけど、これ本人は可哀想やでな。
本職じゃないねんから、批判するなら監督を批判しないと。
正直ピルロのようにはなれないだろうけど、多分平野も喜田もケガしてるから選択肢ないって事なんでしょう。
舩木のコンバートは上手くいったけど、そうそう毎回全部が全部成功するわけじゃないからね。

パラドン連発だった今日のジンヒョンやけど、どうせなら宇佐美のシュートも弾いてほしかったなぁ。
あの場面ニアしか狙い所なかってんから、なんとかなった気がすんのよね~。
まぁジンヒョンを責めるのは、お門違いやけど。

序盤押しまくってた時にゴールを奪えなかったのが今日の敗因。
あそこで1本ゲットできていれば、ゴレアーダまでありえた。
香川のパスも冴えてたし、ルカフェルのドリブルもキレてたのでね。
ガンバはファウルでしか止められない状況やったし。
沢山あったセットプレーのチャンスを全く活かせなかった(可能性すら感じなかった)のもなぁ。
このあたりゼルビアは面白くないにしてもキッチリ結果残すもんね。

今後の救いとしては清武がセンスの違いを見せつけてくれた事かな。
やはり別格。
単調だった攻撃に彩を与えてくれた。
あの時間帯は同点に追いついても不思議じゃなかったもんね。
ブエノも、やっぱ何かを持ってる選手なので2人とも何もない所から1点を生み出してくれそうな選手。
長いリーグ戦、上手くいかない試合でもこういう選手が居たら勝ち点拾えるのでね。
今日もせめて1点は欲しかったなぁ・・・。

 

 

 

 

 


              

|

« マリノス×ジュビロ 2024 J1 第11節 | トップページ | 浦和×マリノス 2024 J1 第12節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリノス×ジュビロ 2024 J1 第11節 | トップページ | 浦和×マリノス 2024 J1 第12節 »